MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

コラム

映画館や試写室で観た映画・アニメ・特撮のレビューです。ネタバレはいたしません。映画鑑賞や映画選びの参考にどうぞ。

Vol.258 『本能寺ホテル』

TOHOシネマズ新宿にて『本能寺ホテル』を鑑賞。綾瀬はるかさん、堤真一さん主演のSF時代劇。

結婚を間近に控えた繭子は京都で不思議な雰囲気を持つ本能寺ホテルに宿泊する。繭子がそのホテルのエレベーターを降りると、そこはホテル内ではなく戦国時代の本能寺であった。森蘭丸、そして織田信長と出会い、親交を深める繭子。しかしその日は本能寺の変が起こる、まさにその日であった……。

本能寺ホテル

→続きを読む

SF映画, コラム, 時代劇映画          

Vol.257 『この世界の片隅に』

TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて『この世界の片隅に』を鑑賞。戦前から終戦直後までをすずという女性の視線で描いた劇場版アニメ。

広島で暮らしていた絵を描くのが好きなすず。18歳のときに縁談が持ち上がり、呉に嫁ぐことになった。戦時で物資が欠乏し、食料が配給制になる中、工夫をこらして生活していくすず。昭和20年、米軍による空襲が激化する日本。そして広島に原爆が落とされ、玉音放送によって日本の敗戦の報がもたらされる……。

この世界の片隅に

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.256 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

TOHOシネマズ錦糸町にて『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を鑑賞。『スター・ウォーズ』のサイドストーリーで、エピソード4直前の物語を『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズが監督した作品。

究極兵器デス・スターを完成させるため、帝国に連行されるゲイレン・アーソ。その娘ジンは帝国の手を逃れ、反乱軍のソウ・ゲレラに救出される。月日が経ち、成長したジンは、父ゲイレンが開発に加担しているデス・スターの情報を持つ帝国からの亡命者を探しに、反乱軍と疎遠となっているソウのもとへ向うのだった……。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

→続きを読む

SF映画, コラム          

Vol.255 『劇場版「暗殺教室」365日の時間』

劇場版「暗殺教室」365日の時間マスコミ試写にて『劇場版「暗殺教室」365日の時間』同時上映「殺せんせーQ!」を鑑賞。週刊少年ジャンプに連載され、TVアニメ2期、実写映画2本が製作された人気コミック「暗殺教室」のアニメ総集編+新作エピソードによる劇場版。

「暗殺教室」卒業から7年後、クラス会が行われる旧校舎を訪れる渚。誰もいないはずの教室には先に業が来ていた。2人はこの教室で過ごした、暗殺対象である殺せんせーと、暗殺者である生徒たちの1年間の思い出を振るのだった……。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Extra 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』

関係者・マスコミ試写にて『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』を鑑賞。安彦良和さん原作の同名コミックのアニメ化第4弾。このエピソードで“シャア・セイラ編”は完結です。

「暁の蜂起」の後、地球へ降りたシャアはカジノでルーレットの目を当てる不思議な少女ララァ・スンと出会う。
その頃、ジオンのモビルスーツ開発のキーマンであるミノフスキー博士が亡命を謀っていた。その身柄をめぐる月面での争いでテム・レイは史上初のモビルスーツの戦闘を見るのだった。
そしてついにジオン共和国からジオン公国へ移行したサイド3は、その独立をかけ、地球連邦に宣戦布告する!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.254 『君の名は。』

TOHOシネマズ日本橋にて『君の名は。』を鑑賞。米Variety誌が「2016年に注目すべきアニメーター10人」に選んだ新海誠監督の最新作。

東京暮らしに憧れる、田舎町で暮らす女子高生・三葉はある日、自分が東京の高校生になる夢を見る。一方東京の男子高生・瀧も知らない山奥の町で女子高生になる夢を見る。やがて2人はそれが夢ではなく、心と体が入れ替わっていることに気づく。そして、2人の気持ちが打ち解けてきたころ、入れ替わりは前触れもなく終わりを迎える。三葉との特別なつながりを感じていた瀧は三葉に会いに行くことを決心するのだが……。

君の名は。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.253 『シン・ゴジラ』

TOHOシネマズ日本橋にて『シン・ゴジラ』を鑑賞。12年振りに復活した国産ゴジラ映画の最新作。脚本・総監督を庵野秀明さん、監督・特技監督を樋口真嗣さんが担当しています。

東京湾で大量の水蒸気が吹き上げ、東京湾横断道路のトンネル崩落事故が起こる。局地的な地震か、海底火山の噴火なのか? 対策本部を立ち上げ、対応を協議する政府の中で、内閣官房副長官の矢口だけが巨大生物の可能性を示唆するが一笑にふされてしまう。しかしそのとき、事故現場周辺からのTV中継が、海面から飛び出した巨大なしっぽを映し出すのだった……。

シン・ゴジラ

→続きを読む

コラム, 特撮映画          

Vol.252 『アクセル・ワールド -インフィニットバースト-』

マスコミ試写にて『アクセル・ワールド -インフィニットバースト-』を鑑賞。累計570万部、川原礫さん原作のラノベをTVアニメ化した『アクセル・ワールド』の劇場版で、原作者書き下ろしによるオリジナルストーリー。

ニューロリンカーと呼ばれる携帯端末によって生活の多くが仮想ネットワーク上で行われるようになった近未来。ハルユキは上級生の黒雪姫からインストールされたアプリ「ブレイン・バースト」によって、現実の1000倍に加速された世界での戦いに身を投じることになる。黒雪姫のレギオン「ネガ・ネビュラス」の騎士となったハルユキは加速世界の渋谷エリアで領土戦を行っていたが、突然竜巻が現れ、回線を切断されてしまう。竜巻に侵食されたエリアは加速することができなくなり、そしてそのエリアは徐々に拡大しているのだった……。

アクセル・ワールド -インフィニットバースト-

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.251 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

TOHOシネマズ日本橋にて『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を鑑賞。ローランド・エメリッヒ監督自身のヒット作である『インデペンデンス・デイ』の続編となるSF映画。

1996年、エイリアンの侵略を受けた地球は30億人もの犠牲を払いながらも勝利した。その後、エイリアンのテクノロジーを取り入れながら新たな脅威に対する準備をする人類。そして2016年。20年の時を経て、再びエイリアンの襲撃を受ける地球。その破壊力は前回の比ではなく、圧倒的な力を持っていた。そして地球の核が狙われ、星そのものが破壊されようとしていた……。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

→続きを読む

SF映画, コラム          

Extra 『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYマスコミ試写にて『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』を鑑賞。全4話で描かれた『機動戦士ガンダム サンダーボルト』に新作カットを加えたディレクターズカット版。

一年戦争末期、破壊されたコロニーなどの残骸が漂う「サンダーボルト宙域」の奪還を狙う地球連邦軍のイオ・フレミングは、ジオンのエーススナイパー、ダリル・ローレンツと対峙する。イオのフルアーマーガンダムに対抗するため投入されたサイコ・ザク。その性能を引き出すためにダリルは残っている右腕を切断する。熾烈さを増すサンダーボルト宙域での戦いの中、イオとダリルは三度会敵するのだった……。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.250 『貞子vs伽椰子』

マスコミ試写にて『貞子vs伽椰子』を鑑賞。ハリウッドでリメイクされたJホラー『リング』の貞子と『呪怨』の伽椰子がまさかの共演を果たしたホラー映画。

大学生の倉橋有里は友人・夏美とともに、リサイクルショップで古いビデオデッキを購入する。そのデッキには“呪いのビデオ”が入っていた。そして夏美はそのビデオを観てしまい、貞子の呪いにかかってしまう。除霊を試みるが強力な貞子の呪いを排除できず、より力を持った、霊能界の異端児である経蔵に頼ることとなる。

一方、女子高生の高木鈴花は、両親の都合で引っ越した先の隣の家に呼び寄せられる。この家こそ伽椰子によって、足を踏み入れたら出ることができない“呪いの家”であった。その家に入ってしまった鈴花は危ないところを経蔵に救われる。経蔵は呪われた女性たちを救うため、貞子と伽椰子の呪いをぶつけて消滅させるという作戦を考えつく。

貞子vs伽椰子

→続きを読む

コラム, ホラー・スプラッタ映画          

Vol.249 『10 クローバーフィールド・レーン』

マスコミ試写にて『10 クローバーフィールド・レーン』を鑑賞。J.J.エイブラムスがプロデュースしたSF映画。

交通事故を起こしたミシェルは、目が覚めると、ハワードの家の地下にあるというシェルターの中にいた。ハワードは言う「きみを救うためにここへ連れてきた」と。そして「襲撃された。人類は滅亡した」と告げられる。そして、もう1人シェルターに避難していたエメットと3人の共同生活が始まるが、ハワードへの不信感が募っていく。そしてミシェルはシェルターからの脱出を試みる……。

10 クローバーフィールド・レーン

→続きを読む

SF映画, コラム, サスペンス映画