MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

2008年の映画ニュース

2008年の映画の最新情報を紹介しています。映画の最新作の話題やレビュー、予告編動画が満載です。

山田洋次監督の新作決定! 吉永小百合・笑福亭鶴瓶主演『おとうと』

山田洋次監督の新作が決定しました。タイトルは『おとうと』。主演に吉永小百合と笑福亭鶴瓶を迎え、さらに蒼井優、加瀬亮が初めて山田組に参加します。2000年に公開された『十五才 学校IV』以来、山田監督にとって10年ぶりの現代劇となります。
物語は、東京で堅実に暮らす姉・吟子と、大阪で芸人に憧れいつしか年齢を重ねてしまった弟・鉄郎との再会と別れを、優しく切々と謳いあげます。戦後の昭和に生まれ育った姉と弟の切ろうにも切れない絆と、バブル景気の直前に生まれたひとり娘の結婚を通して、現在とこれからの日本の家族、私たちの姿をスクリーンに映し出す、笑いと涙にあふれる映画が誕生します。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

成海璃子主演『罪とか罰とか』公開日決定

成海璃子×ケラリーノ・サンドロヴィッチ
『罪とか罰とか』
初日が2月28日(土)に決定しました。
売れないグラビアアイドル、円城寺アヤメ(成海璃子)は、ひょんなことから“一日警察署長”に就任。難事件の解決に乗り出す!
演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督3作目となる『罪とか罰とか』は、え!?と まさか!でたたみかける奇想天外なストーリーと、連打される高純度の笑いが満載の傑作コメディだ。
『神童』『イキガミ』など正統派美人女優として若手実力No1の成海璃子が一転、<がけっぷちグラドルの悲哀と成長>を体当たりで演じ、コメディエンヌとしての魅力を存分に開花させている。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

堺雅人 主演最新作 映画『南極料理人』製作決定

堺雅人 主演最新作
映画『南極料理人』製作決定
この度、映画『南極料理人』(脚本・監督:沖田修一/原作:西村淳/主演:堺雅人)が、1月下旬からクランクインすることが決定いたしました!
『南極料理人』は、昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければ、ウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地で8人の男達によって繰り広げられる、実話を基にした物語。凍てつく寒さの中で、日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、単身赴任でやってきた料理人、西村(堺雅人)。孤立無援の僻地で彼から繰り出される料理は、フォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪華な高級食材ばかり!! 時に笑い、時に怒り、時に遠くはなれた家族を思って泣く男たちの姿に、観ているだけで、心もからだもあったまるハートウォーミング・コメディ。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『愛を読むひと』シカゴ映画家批評家協会賞、サンディエゴ映画批評家協会賞受賞

オスカー前哨戦続々受賞!
ラスヴェガス映画批評家協会賞2部門受賞
シカゴ映画家批評家協会賞助演女優賞
サンディエゴ映画批評家協会賞主演女優賞
映画『愛を読むひと』
アカデミー賞チームによる
世界中が涙した大ベストセラー小説「朗読者」待望の映画化!
オスカー有力候補『愛を読むひと』が、前哨戦において続々受賞、ノミネートをされています。アカデミー賞との直結度という点においては最も信頼度の高いブロードキャスト映画批評家協会賞においても、作品賞を含む3部門にノミネート。また、ラスヴェガス映画批評家協会賞において若手俳優賞受賞、ブロードキャスト映画批評家協会賞でも若手俳優賞にノミネートされている、本作がハリウッドデビューとなるデヴィッド・クロスに是非ご注目ください。
『愛を読むひと』受賞・ノミネート歴 ★:受賞 ☆ノミネート ※12月25日現在

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

イギリスでも初登場第1位!!『トワイライト~初恋~』全世界で早くも2億ドル突破!!

イギリスでも初登場第1位!!
『トワイライト~初恋~』
全世界で早くも2億ドル突破!!
2009年4月4日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開の『トワイライト~初恋~』(配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント)が、主演のロバート・パティンソンの出身国であるイギリスで12月19日(金)に446スクリーンで公開され、週末3日間で390万ドルを稼ぎ初登場1位を獲得いたしました。また、12月11日(木)に306スクリーンで公開されたオーストラリアでも、二コール・キッドマン主演『オーストラリア』(公開
3週目)を抜き去り、340万ドルで初登場1位を獲得いたしました。
これで初登場1位を獲得した国はアメリカを初め、イギリス、オーストラリア、イタリア、スペイン、メキシコ、UAE、レバノン、タイ、マレーシア、フィリピンの計11カ国となり、世界中でトワイライト・フィーバーが巻き起こっています。
またアジアにおいても、12月11日(木)に公開された韓国で45万人を動員し初登場第2位、台湾でも初登場第2位のスタートを切りました。これで、全世界の興行成績は2.1億ドルを超え、ますます盛り上がる『トワイライト~初恋~』。日本でも大ヒットが期待されます。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『色即ぜねれいしょん』2009年夏公開、シネセゾン渋谷ほかにて公開決定

『色即ぜねれいしょん』
2009年夏、シネセゾン渋谷ほかにて公開決定
みうらじゅん原作×田口トモロヲ監督で大ヒットを記録した『アイデン&ティティ』のコンビが再びタッグを組んだ『色即ぜねれいしょん』が、この度完成し、2009年夏、シネセゾン渋谷ほか全国公開が決定しました。原作はマイブームを追い続ける日本のサブカル界の巨匠・みうらじゅんの同名小説で、少年が成長する姿を独持のユーモアと温かいまなざしで描いた青春小説。いつの時代でも変わることのない普遍的な青春時代の悩みと痛み、そして手に入れるべき勇気を涙と笑いで綴った自伝的小説。監督はみうら氏の親友でもある名優、田口トモロヲ。ミラクルなキャストたちを迎えて、前作『アイデン&ティティ』から5年ぶりのメガホンをとりました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ジョッキーを夢見る子供たち』初日決定!

『ジョッキーを夢見る子供たち』
1月24日、初日決定!
一等賞になれなくても、人生は続く~~武豊とディープインパクトも出演
CKエンタテインメント配給作品、騎手・厩務員養成寄宿学校の子供たちの栄光と挫折を描いた、フランス発の感動ドキュメンタリー『ジョッキーを夢見る子供たち』の初日が1月24日(土)に決定いたしました。
知られざる世界、そこは騎手(ジョッキー)養成学校。
厳しいおとなの世界の入り口で、思春期の子供たちは生き残りに賭ける。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ~』チャリティ試写会トークショー

『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ~』
12/23 クリスマス特別企画
チャリティ試写会トークショー
12月23日(火・祝)、そごう横浜店9F・新都市ホールにて、映画『旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ~』のクリスマス特別企画チャリティ試写会が開催され、旭山動物園・小菅正夫園長とマキノ雅彦監督によるトークショーとクリスマスお楽しみ抽選会が行われました。
映画『旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ~』
クリスマス特別企画チャリティ試写会トークショー
日時:12月23日(火・祝)
場所:そごう横浜店9F・新都市ホール(横浜市西区高島2-18-1)
登壇者:旭山動物園・小菅正夫園長、マキノ雅彦監督、計2名
MC:テレビ神奈川・尾辻舞アナウンサー
上映前のトークショーでは、マキノ監督と小菅園長から、映画の撮影秘話が語られました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

待望の続編『レッドクリフ Part II』初日決定

戦いは赤壁へ─
壮大な2部作の完結編、ついに始動!
『レッドクリフ Part II』
4月10日(金)より日劇1・日劇3ほか全国拡大公開!
東宝東和、エイベックス・エンタテインメント共同配給作品『レッドクリフ Part II』の公開初日が決定しました。
現在公開中の『レッドクリフ Part I』が動員数3,651,032人、興行収入4,476,412,200円(12/18付)と好調な興行を続けている中、《Part I》の続編であり完結編となる本作『レッドクリフ Part II』がいよいよ来年、4月10日(金)に日本公開することとなりました。
『レッドクリフ Part II』
戦いは赤壁(レッドクリフ)へ
連合軍は、絶体絶命……激戦は続く。
男たちの結束が揺らぐとき、女たちの勇気が未来を変える。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ブラッディ・バレンタイン 3D』バレンタインデーに公開決定

2月14日 公開日決定!!
体感せよ! 世界初!!
デジタル3Dラブホラーアトラクション!!!
『ブラッディ・バレンタイン 3D』
2月14日、何かが起きる!!
「MY BLOODY VALENTINE 3D(原題) 」(全米公開:2009年1月16日)
2009年デジタル3Dイヤーついに到来!!
口火を切るのは、ラブホラーアトラクション『ブラッディ・バレンタイン 3D』!!
2009年2月14日(土)バレンタインデー、デジタル3Dによるホラー作品としては、世界初の上映となる映画『ブラッディ・バレンタイン 3D』がついに日本公開されます。
本作品は、デジタル3D上映により、いまだかって見たことのない美しい映像が体感できる、イベントアトラクションです。まるで見る者が劇中のシーンに登場するかのごとく、主演のジェンセン・アクレスと共演したかのような臨場感を味わえる作りとなっています。
『センター・オブ・ジ・アース』の3Dシアター高稼働も記憶に新しい折、本作は日本において、デジタル3Dシアターでのみ、全編日本語吹き替え版での上映となります。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ウィル・スミス、『7つの贈り物』のPRで来日決定!

ウィル・スミスが渾身の演技で挑む主演最新作
あなたなら、受け取れますか?
『7つの贈り物』
ウィル・スミス10回目の来日決定!!
《初日決定!!》2009年2月21日(土)丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショー!
2009年2月21日(土)公開が決まった『7つの贈り物』にて、主演のウィル・スミスが10回目の来日をすることが決定しました。ウィル・スミスは、今年8月に『ハンコック』で来日して以来、半年振りの来日となります。
本作のウィルは、渾身の演技で今までにない役に挑戦しております。ウィル・スミスが新境地に挑んだ本作の公開を彼の来日とともにご期待ください。
ウィル・スミスが渾身の演技で挑む主演最新作『7つの贈り物』
あなたなら、受け取れますか?

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『花の生涯 ~梅蘭芳~』 第59回ベルリン国際映画祭出品決定!!

第59回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門出品決定!!
『花の生涯 ~梅蘭芳(メイランファン)~』
アスミック・エース、角川エンタテインメント配給、チェン・カイコー監督作品『花の生涯 ~梅蘭芳~』が、2月5日~15日に開催されるベルリン映画祭のコンペ部門への出品が正式決定しました。チェン・カイコー監督作品は1993年のカンヌ国際映画祭で『さらば、わが愛 覇王別姫』がパルムドールを受賞、1999年には『始皇帝暗殺』で芸術貢献賞を受賞。
ベルリン国際映画祭への参加は2006年に『PROMISE プロミス』がアウト・オブ・コンペティション作品として上映されており、正式出品としては今回が初参加!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ハリウッド版『ハチ公物語』邦題&公開日決定『HACHI 約束の犬』

邦題 & 公開日決定 『HACHI 約束の犬』
Hachiko: A Dog’s Story(原題)
2009年夏、日本で生まれた感動の実話が、ハリウッドで映画化!
海を越えたもうひとつのハチ公物語
主演の教授役には、リチャード・ギア。
監督は『ギルバート・グレイプ』『ショコラ』などの作品でも有名な、ラッセ・ハルストレム。
出世作『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』以来の、「犬」をめぐる感動ストーリーです。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『トワイライト~初恋~』初日決定

『トワイライト~初恋~』
初日決定のお知らせ
『トワイライト~初恋~』(配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント)の
公開が、2009年4月4日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーに決定しました。
本作は、11月21(金)に全米で公開して6963万ドルで『007/慰めの報酬』を抜いて全米第1位の爆発的スタートを達成したほか、世界各国でNo.1を獲得しております。
【初登場第1位を獲得した国】
アメリカ・イタリア・スペイン・メキシコ・UAE・レバノン・タイ・マレーシア・フィリピン
特にイタリアでは今週新作10本公開されたのにも関わらず3週連続1位という快挙を達成
致しました!! 週末3日間で、約1億6千万円、総興行収入約13.4億を記録しております。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ロン・ハワード監督最新作『フロスト×ニクソン』ゴールデン・グローブ賞最多5部門ノミネート!

『フロスト×ニクソン』
本年度ゴールデン・グローブ賞
最多5部門ノミネート!
2009年3月、シャンテ シネほか全国公開決定
ロン・ハワード監督最新作『フロスト×ニクソン』(原題:「FROST/NIXON」 US公開:12/5)が、2009年3月シャンテ シネほかにて全国公開されることが決定した。本作はゴールデン・グローブ賞での最多5部門をはじめ、各映画賞において主要部門にノミネートされている。
作品概要
1977年、アメリカ。ショウビズ界において、いまなお語り継がれる伝説のインタビュー番組が誕生した。元大統領リチャード・ニクソンと、テレビ司会者デビッド・フロスト。2人の熾烈なトーク・バトルは、4500万人の国民が見守り、米テレビ番組史上最高の視聴者数を記録した。本作は、その表と裏で繰り広げられた息詰まる駆け引きを、エキサイティングに描き上げた本格的な心理戦エンタテインメントである。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『007/慰めの報酬』1月17日(土)18日(日)先行上映決定!

1月17日(土)18日(日)先行上映決定!
『007/慰めの報酬』
1月24日(土)から丸の内ルーブル他で公開します『007/慰めの報酬』が1月17日(土)18日(日)に先行上映が決定しました。
ストーリー
初めて心から愛した”運命の女”を殺された男、ジェームズ・ボンド。家族を殺され、たったひとりで生きてきた孤独な女、カミーユ。復讐心が二人を引き合わせ、傷ついた二つの魂が共鳴してゆく……。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ミッキー・ローク完全復活! 『ザ・レスラー(原題)』、2009年<初夏>公開決定!!

日活配給、2009年<初夏>公開決定!!
『ザ・レスラー(原題)』THE WRESTLER
ゴールデングローブ賞ノミネート!
主演男優賞:ミッキー・ローク
助演女優賞:マリサ・トメイ
主題歌賞:ブルース・スプリングスティーン
日活配給、初夏公開の本年度ヴェネチア国際映画祭金獅子賞作品『ザ・レスラー(原題)』が、ゴールデングローブ賞3部門でノミネートされました。
ミッキー・ローク完全復活! アカデミー賞最有力!という声も高く、全米公開を12月17日に控え、注目を集めております。
人気レスラーだったランディ(ミッキー・ローク)は、今ではスーパーでアルバイトをしながら、かろうじてプロレスを続けている。ある日、長年のステロイド使用が祟り、心臓発作を起こしてしまう。「命が惜しければ、リングには立つな」と医者は病院で目覚めたランディに告げる。妻とは離婚し、一人娘のステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも疎遠で、ひとりになってしまったランディ。せめて娘との関係だけは修復しようとするが、冷たくあしらわれ、さらに好意をもっていた顔なじみのストリッパー キャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ…。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

本年度アカデミー賞最有力作品『エレジー』初日決定!

本年度アカデミー賞最有力作品、初日決定!
2009年1月24日(土)
『エレジー』
ロサンゼルス映画批評家協会賞受賞!
サテライト賞ノミネート!
ムービーアイより配給します『エレジー』の初日が決定致しました。
ベン・キングズレー演じる著名な初老の大学教授と、ペネロペ・クルス演じる、彼を魅了し、同時にその心をかき乱すひとりの若く美しい女性との切ない関係を描いたラブ・ストーリー。ふたりの親密なつながりはいつしか別れを迎え─。男:衰える肉体、女:病に侵される肉体、ふたりに共通する“孤独”を感じ、時を経てふたりは再会する。それはふたりの人生を大きく変える再会だった。
本作は、男女の肉体に焦点をあてながら、大人の女性の心の本音を描き出す傑作です。
本年度アカデミー賞最有力候補といわれ、先日発表されましたロサンゼルス映画批評家協会賞にてペネロペ・クルスが助演女優賞で見事受賞! さらにアカデミー賞の前哨戦、サテライト賞でも助演女優賞と脚本賞の2部門ノミネートされております!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『戦場のレクイエム』初日決定!

各界絶賛の『戦場のレクイエム』初日決定!
1月17日(土)、シャンテ シネ他全国順次ロードショー!
かつてないスケールで描く中国“国共内戦”の姿。これは、真実の物語である。
戦争に”英雄”など存在しない。これは、ある一人の男が仲間に贈った鎮魂歌
中華人民共和国建国前夜に起こった“国共内戦”を美化することなく描いて、中国で驚異的な興行収入を記録し、中国のアカデミー賞にあたる第17回金鶏百花映画祭で、最優秀作品・監督・主演男優・助演男優の主要4部門を受賞した話題作『戦場のレクイエム』。
毛沢東率いる人民解放軍と、蒋介石率いる国民党軍が激しい戦いを続けるなか、47名の部下を失い、ただ一人、生き残った兵士が、仲間の名誉を取り戻すため、その後の人生を捧げる真実に基づいた物語です。偉大な解放戦争として勝利の名の下に隠されてきた悲劇
を正面から捉え、迫力溢れる映像と卓越した演出力で描いたのは『女帝[エンペラー]』のフォン・シャオガン監督。この『戦場のレクイエム』の初日が、2009年1月17日(土)より、シャンテ シネ/ヒューマントラストシネマ渋谷文化村通り(シネ・アミューズ改め)/新宿ジョイシネマ/TOHOシネマズ川崎と決定しました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『バーダー・マインホフ・コンプレックス(原題)』ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート!

第81回アカデミー賞ドイツ代表作品『バーダー・マインホフ・コンプレックス(原題)』、第66回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート!
本年度アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品『バーダー・マインホフ・コンプレックス(原題)』(ムービーアイ配給、2009年シネマライズ他全国公開)が、昨日(アメリカ時間10日)、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネートを果たしました。
本作は本年度アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品『おくりびと』の対抗馬として注目されており、ドイツ映画としては第79回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『善き人のためのソナタ』以来のノミネートとなっております。
70年代、欧州全土を震撼させた、ドイツの極左過激派集団、
“バーダー・マインホフ”の興亡を描く、壮烈な叙事詩的問題作!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース