MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

2011年の映画ニュース

2011年の映画の最新情報を紹介しています。映画の最新作の話題やレビュー、予告編動画が満載です。

ルーカスフィルム公認『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』鑑賞専用ギフトカード発売決定!

ルーカスフィルム公認 限定オリジナルデザイン
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』鑑賞専用ギフトカード発売決定!
ユナイテッド・シネマは2012年3月16日公開の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』鑑賞専用ギフトカードの販売を決定しました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『フレンズ もののけ島のナキ』韓国にて大規模公開!

韓国人の目にも涙!! 「フレンズ」が国境を越えて韓国で大規模公開!
『フレンズ もののけ島のナキ』韓国にて大規模公開!
12月17日(土)に全国東宝系にて公開されました『フレンズ もののけ島のナキ』。
日本公開の初日に発表しました通り、29日(木)、韓国にて公開初日を迎えました。韓国国内でも期待値の高い本作。現地映画輸入会社(スマイルエンターテインメント)からも、以下の通りお墨付きをいただいております。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』初日舞台挨拶

でーじ超すごい! 2012年、最も熱いヒーローが沖縄から全国へ!
2008年10月に沖縄でTV初放送された『琉神マブヤー』は敵を倒さず“ゆるす”ヒーロー。沖縄の方言を多用し、沖縄の誇りと文化を思い起こさせ世代を超えた人気を獲得、空前の大ブームに。「一歳の子でもパパ、ママ、マブヤーは話せる」と言われるほど知らない人はいない沖縄県民のヒーローとなった。次々とグッズが商品化され、今やその数は400アイテム以上。マブヤーショーなどのイベントは2010年には235回も実施。マブヤージェットの就航、マブヤー定期預金、マブヤー切手などその経済効果は200億円とも300億円ともいわれている。沖縄では「琉神マブヤー3(ミーチ)」が先週高視聴率をキープし最終回を迎え、「週刊少年チャンピオン」でもコミックが好評連載中! 11月20日に行われた渋谷公会堂でのヒーローショーでも2000名を集客し全国での人気が高まっています!
その待望の映画版『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』は10月29日に沖縄先行公開し、沖縄での実写邦画の記録を塗り替える大ヒットとなりました。そしていよいよ2012年1月7日から待望の全国公開します。
初日当日は主演の山田親太朗、ISSA、佐野監督の舞台挨拶、そして沖縄から琉神マブヤーと龍神ガナシーが駆けつけ来場者とハイタッチ大会を行います。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ドットハック セカイの向こうに』初日舞台挨拶決定!

1月21日公開、劇場用3Dアニメーション『ドットハック セカイの向こうに』1月21日(土)初日舞台挨拶決定!!
映画『ドットハック セカイの向こうに』が、いよいよ2012年1月21日(土)より3D公開となります。
本作は、株式会社バンダイナムコゲームスがゲームメーカーとしてこれまで培ってきたノウハウをもとに製作する、劇場用3Dアニメーションの2作目。『.hack』シリーズは2002年のプロジェクト発足以来、アニメ・書籍・コミック・ラジオなどと連動し、数多くのファンを生み出し、その世界観を拡大してきました。10年の歳月を経て、更なる成長を遂げた劇場版『ドットハック セカイの向こうに』は、『.hack』シリーズ特有の現実と虚構、2つの世界を交差する奇妙な人間関係を描くアクション&ラブロマンスムービーです。トップクリエイターによる最先端3DCG技術により、今までにない脅威の臨場感をお楽しみいただけます。
本作品の公開を記念しまして、キャスト・スタッフによる初日舞台挨拶が決定しました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』公開記念“でーじ楽しい”特番OA

2008年10月に沖縄でTV初放送された『琉神マブヤー』は敵を倒さず“ゆるす”ヒーロー。沖縄の方言を多用し、沖縄の誇りと文化を思い起こさせ世代を超えた人気を獲得、空前の大ブームに。「一歳の子でもパパ、ママ、マブヤーは話せる」と言われるほど知らない人はいない沖縄県民のヒーローとなった。次々とグッズが商品化され、今やその数は400アイテム以上。マブヤーショーなどのイベントは2010年には235回も実施。マブヤージェットの就航、マブヤー定期預金、マブヤー切手などその経済効果は200億円とも300億円ともいわれている。沖縄では「琉神マブヤー3(ミーチ)」が先週高視聴率をキープし最終回を迎え、「週刊少年チャンピオン」でもコミックが好評連載中! 11月20日に行われた渋谷公会堂でのヒーローショーでも2000名を集客し全国での人気が高まっています!
その待望の映画版『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』は10月29日に沖縄先行公開し、沖縄での実写邦画の記録を塗り替える大ヒットとなりました。そしていよいよ2012年1月7日から待望の全国公開!
今回公開を記念して、“でーじ楽しい”特番がOAされることになりました。
見所は山田親太朗、ISSA、ガレッジセール(ゴリ、川田)、福本ジュディ幸子、スリムクラブ(真栄田賢、内間政成)、キャン×キャンと沖縄県出身の出演者が勢揃いし沖縄居酒屋で開催されたスペシャルマブヤー会!普段から仲良しの出演者たちならではの大爆笑エピソード満載です!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ライフ いのちをつなぐ物語』100万人動員御礼『ライフの動物占い』配信スタート!!

ライフ -いのちをつなぐ物語- Blu-Ray プレミアム・エディション『ライフ いのちをつなぐ物語』
劇場公開大ヒット!! 100万人動員御礼!!
2012年のあなたを『ライフ』の動物たちが開運へと導く!!
『ライフの動物占い』配信スタート!!
本年9月1日(木)に公開した映画『ライフ いのちをつなぐ物語』(エイベックス・エンタテインメント配給)が、日本国内で興行収入12.4億円、100万人以上の動員し大ヒットを記録いたしました。
また来年2月3日(金)に早くもBlu-rayとDVDが発売されることを記念しまして、2012年を開運へと導く診断コンテンツ、『ライフの動物占い』をfacebook用のスペシャルコンテンツとして12月27日(火)より配信スタートします。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『幕末太陽傳 デジタル修復版』柳家三之助氏による「品川心中」イベントレポート

2012年に100周年を迎える日本最古の映画会社である日活は、100周年記念事業の一環として、川島雄三監督の代表作『幕末太陽傳』をデジタル修復版として新たに完成させ、劇場公開いたします。
本作の劇場公開を記念して、映画の舞台である品川宿(現北品川)にて、映画に登場する落語の「品川心中」をレパートリーとして持つ品川区在住の落語家、柳家三之助氏をゲストにした落語会が12月24日に実施されました。
落語家:柳家三之助
日程:12月24日(土)14:00~15:30
場所:北品川本通り商店会 スペース「楽間らくま」
演目:「品川心中」

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ヒューゴの不思議な発明』全米各映画賞で受賞数15、ノミネート数も60を突破!

『ヒューゴの不思議な発明』
アカデミー賞<大本命>
全米各映画賞で、早くも受賞数15、ノミネート数も60を突破!
ジェームズ・キャメロンも絶賛、マーティン・スコセッシ監督初3D作品
パラマウント ピクチャーズ配給、2012年3月日本公開予定の巨匠マーティン・スコセッシ監督最新作、『ヒューゴの不思議な発明』(原題『HUGO』)。あのジェームズ・キャメロン監督が「Masterpiece(最高傑作)! 構成、色彩、そしてストーリー。かつてない最高の3D表現で描かれた作品だ!」と絶賛する本作だが、既に数多く発表されている全米各映画賞で、早くも受賞数15、ノミネート数では60を突破していることがわかった。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

AKB48の1年の軌跡を追った『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』

AKB48第2弾ドキュメンタリー映画 最新ニュース
2012年1月27日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
AKB48の1年の軌跡を追った 最新ドキュメンタリー映画の舞台裏が
長さ約80mの巨大ポスターとなって 新宿に登場!
この度、AKB48第2弾となるドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』街頭プロモーションとして、12月26日(月)から2週間に渡り、東京メトロ新宿駅メトロプロムナード内に、本作で描かれる舞台裏の姿を中心に1年間の活動が、長さ約80mに及ぶ巨大ポスターとなって展開することが決定しました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

吉浦康裕監督最新作『サカサマのパテマ』2012年公開

『イヴの時間』の吉浦康裕監督が放つ最新作
『サカサマのパテマ』
2012年全国劇場公開作品
2011年iTunes映画ダウンロードランキングにて、並みいる大作を抑え全体で3位、邦画ランキング1位に輝いた『イヴの時間』の吉浦康裕監督の新作が、2012年に全国劇場公開されることが決定した。12月24日未明に、ニコニコ生放送で行われた、『イヴの時間 オリジナル版』鑑賞会に集まった約10万人の観客が見守る中で発表された作品タイトルは、『サカサマのパテマ』。
本作は、原作・脚本・監督全てを吉浦康裕監督が手掛ける、完全オリジナルのアニメーション作品。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『逆転裁判』“異議あり”キャンペーン実施中!!

インターネット上に大法廷が開廷!!
映画『逆転裁判』“異議あり”キャンペーン実施中
『クローズZERO』シリーズ、『十三人の刺客』で世界的に評価の高い三池崇史監督の新作、『逆転裁判』の公開が決定しました。
本作は、420万本以上を売り上げる大人気ゲームシリーズの映画化で、新米弁護士である主人公と一緒に謎解きをする面白さを堪能できるストーリー。罪を着せられた依頼人の無実を勝ち取るため、ウソや矛盾を探し出して真犯人を暴く様は、鮮やかで痛快!!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』2週連続No.1大ヒット!

日本を始め全世界興行成績V2!
9大都市では驚異の前週比97.3%!!(土・日2日間対比)
『M:I』シリーズ待望の最新作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が、正月映画の本命らしい独壇場の成績を収め、日本を始めとする全世界週末興行成績で2週連続No.1を記録した!
先週の425館から拡大公開となった全米でも、『シャーロック・ホームズ2』や『タンタンの冒険』等並居る競合を蹴散らし第1位を獲得。また日本を含む海外興行収入は22日までの1週間で早くも1億ドルを突破した。
日本では、引き続き343館(637本)で上映され、23日からの3連休で7億1631万円の興行収入を上げ、2週連続で圧倒的No.1となった。特に、4本の新作公開をものともせず、24日と25日(土・日)2日間合計の興収は、9大都市において前週比97.3%という驚異的強さを維持、全国トータルでも同85%と、落ちのない推移で、累計興収は18億7573万円となった!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ダークナイト ライジング』6分間のプロローグ映像、世界順次上映開始!

2012年最大の衝撃×アクション超大作が、ベールを脱ぐ!
『ダークナイト ライジング』
6分間のプロローグ映像、世界順次上映開始!
劇場用ポスター第2弾初解禁&7月28日、日本公開決定!!
バットマン伝説の起源と、ゴッサム・シティの悪を滅ぼすダークナイトの誕生を描いた『バットマン ビギンズ』(2005年)。続編となる『ダークナイト』(2008年)では、遺作にもなったジョーカー役・ヒース・レジャーの鬼気迫る演技、現実感に拘った大スケールの映像アクション、壮大なストーリー・世界観で、公開当時、全米興収5億3334万ドル(約430億)歴代興収2位(現在、『タイタニック』『アバター』に次ぎ3位)他興収新記11冠達成、全世界興行収入が10億ドル(約820億)を突破するという大記録を打ち立て、同年のアカデミー賞では数々の賞を受賞するなど世界中で『ダークナイト』現象を巻き起こした。そして3年の時を経て、クリストファー・ノーラン監督×バットマンシリーズ最終章『ダークナイト ライジング』がついに公開される。待望の日本公開は、2012年7月28日(土)に決定。劇場用ポスター第2弾のビジュアルもこの度初公開された。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演 最新作『フェイシズ』2012年5月12日(土) 公開決定!

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演 最新作
慄然の連続殺人事件! 唯一の目撃者は“顔が判別できない女”
2012年5月12日(土) 公開決定!
相貌失認(そうぼうしつにん)─それは人の顔や表情が判別できない障害の一種─
まばたきをするたびに、人の顔がリセットされる。
連続殺人を目撃した彼女には、犯人が隣にいてもわからない……。
『バイオハザード』シリーズや、『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』など多くの作品で、観る者を魅了するアクション女優として名をはせるミラ・ジョヴォヴィッチ。その彼女が今回挑むのは連続殺人を目撃した、平凡な小学校教師アンナ。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ドットハック セカイの向こうに』公開記念!特番放送決定!!

1月21日公開、劇場用3Dアニメーション『ドットハック セカイの向こうに』の映画公開に先立って贈る緊急SP企画として特番の放送が決定しました。その名も「特番放送決定! 劇場版『ドットハック セカイの向こうに』話題沸騰!緊急スペシャル!」です。
桜庭ななみさん・松坂桃李さん・田中圭さんの3人が映画に込めた意気込みやメッセージを、アフレコ風景や自身の語りで送ります。また、公開直前だから出せる出し惜しみナシの貴重映像の数々&ゲームディレクター松山洋監督と脚本家伊藤和典氏が語る独占インタビュー&福岡県柳川を舞台にしたロケハンの様子&最先端CGと3D立体映画の知られざる制作秘話などなど、最新の映像も合わせて紹介! 是非公開前にチェックしてください!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』吹替版も全国劇場で高稼働中

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』字幕版と共に吹替版も全国劇場で高稼働中!! 『ミッション:インポッシブル』TV放映(12月18日)視聴率絶好調
2011年12月22日 テレビ朝日・日曜洋画劇場『ミッション:インポッシブル』TV放映(12月18日) 視聴率絶好調
12月25日の『M:I-2』TV放映も期待大!
『MIGP』は、字幕版と共に吹替版も、全国劇場で高稼働中!!
『M:I』シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は、先週末に日米を始め世界42ヵ国で公開され6,820万ドルの週末興行成績を上げ大ヒットスタートを記録した。日本では、お正月映画の大本命として343館(636本)で公開され3日間で7億2583万円のNo.1スタートとなり平日も高成績が続いている。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』鑑賞者全員に『Dragon Age II』のレアアイテム

Dragon Age II2月発売の新作ゲーム『Dragon Age II』のレアアイテムのダウンロードカードを映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』鑑賞者全員にプレゼント!!
2月11日に全国公開となる映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』の劇場鑑賞者全員に、2月2日に発売される新作ゲーム PlayStaion3/Xbox 360『Dragon Age II』で使用できるレアアイテムのダウンロードカードが、プレゼントされることが決定しました。
映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』(2月11日全国公開)は、世界で大ヒットしたゲーム『Dragon Age: Origins』の世界観をもとに完全映画化した作品です。本作品は原作ゲーム制作会社BioWareのクリエーター全面監修の元、シナリオを新作として書き上げております。さらに販売元であるエレクトロニック・アーツ社が直々に曽利文彦監督を指名。曽利氏はハリウッド映画『タイタニック』のVFXを手がけるなど、数々の実績もあり、映画の要となるバトルシーンや血しぶきも最新のCG技術によってリアルに描写されており、注目のCG映画です。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

劇場版『琉神マブヤー』東京プレミア開催

2008年10月の放送開始以来、地元・沖縄で爆発的な人気を誇るご当地ヒーローアクション番組の待望の劇場版『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』の東京プレミア試写会が12月21日(水)、東京・有楽町の朝日ホールで開催されました。
主演の山田親太朗さん、ISSAさんにガレッジセールのゴリさん&川田さん、福本ジュディ幸子さん、真栄田賢(スリムクラブ)、長浜之人(キャン×キャン)、佐野智樹監督が上映前の舞台挨拶に登壇! 撮影のエピソードや作品の魅力、全国公開を前にしての意気込みを熱く語った。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』圧倒的No.1大ヒット!

お正月映画 圧倒的No.1大ヒット!
追い広告、追いプロモーション、追いパブ継続展開中
M:Iシリーズ待望の最新作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が、先週末に日米を始め世界36ヵ国で公開され6,820万ドルの週末興行成績を上げ大ヒットスタートを記録した。
日本では、お正月映画の大本命として343館(636本)で公開され、3日間で7億2583万円のNo.1スタートとなった。全世界的にみても映画を鑑賞した観客及び批評家の評価はすこぶる高く、口コミが大きく期待される。また12月18日にTV放映された1作目『M:I』の視聴率も好調で、追い広告、追いプロモーション、追いパブリシティ等の、今後のプロモーション展開を鑑みると、年末年始の興行成績への期待値は図りしれない。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『私たちの時代』福岡・中州太陽映画劇場での公開決定!!

9月3日(土)より北陸で先行上映され、多くの絶賛コメントが寄せられた珠玉の長編青春ドキュメンタリー作品『私たちの時代』が、2012年3月24日(土)から福岡・中洲大洋映画劇場にて公開されることが決定しました。
●ストーリー
日本海に面した石川県、奥能登。半島の先端に位置する小さな町、門前町。過疎の進む寂れた町に、たった1校だけある県立高校、石川県立門前高等学校。
カメラが映し出すのは、この小さな町の高校の「女子ソフトボール部」。
撮影中の2007年3月25日、「能登半島地震」がこの小さな町を直撃した。押し潰された家々、言葉を失った人々…。町が、声をあげて泣いた。
その落胆と絶望の中を、胸を張って駆け抜けていく少女たちがいた。門前高校「女子ソフトボール部」の若者たち。被災してからわずか2週間後、まだ傷跡が深く残るグラウンドに、彼女たちは立った。悲嘆にくれる町に突然響き渡った女子高生たちの明るい掛け声。そこには「明日への希望」が映し出されていた。それが、この町の、再生と復興の物語の始まりだった。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース