MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

2009年10月の記事

『天使の恋』佐々木希、制服姿でサプライズ登壇。公開直前イベント

早稲田大学・大隈講堂(小講堂)にて、1月7日(土)より公開します映画『天使の恋』の学生試写会イベントを行いました。舞台挨拶の模様をご報告します。
試写会終了後、なんと主演の佐々木希他女子高生役を演じたキャスト5人が撮影以来初の制服姿でサプライズ登壇!! 会場内は歓喜の嵐に包まれました! 劇中で、佐々木さんが駅のホームでの投げキスをするシーンに因んで、司会者からプライベートでも投げキスをしたことがあるかとの質問に「ありません」と答えると、すかさず大石さんが、「ここでやったら?」と佐々木さんにたきつけ、観客が一斉に沸く一面も。大照れながらも客席に向かって投げキスを披露すると、会場に集まった300人の学生たちは喜びの悲鳴をあげていました。
●イベントリポート
日程:10月29日(木)
場所:早稲田大学 大隈講堂 小講堂
登壇者:佐々木希(21歳)、山本ひかる(18歳)、大石参月(21歳)、七菜香(18歳)、加賀美早紀(24歳)

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.57 『Mr.Boo! インベーダー作戦』

Mr.Boo! インベーダー作戦観賞映画振り返りコラム18回目は1979年公開の『Mr.Boo! インベーダー作戦』。これは江東リッツだったかなぁ、友人2人と観たのは覚えてるんですが。
前回書いた『Mr.BOO!ミスター・ブー』のスマッシュヒットのおかげか、間を3ヵ月も置かずに公開されたシリーズ第2弾。しかし、シリーズといっても出演者が同じというだけで作品的な関連性はまったくなし。そもそもタイトルは日本で独自につけられたもので、『Mr.Boo!』というシリーズがもともとあったわけではありません。

→続きを読む

コメディ・ギャグ映画, コラム          

『イングロリアス・バスターズ』おもしろくなかったら全額返金!

ブラット・ピット主演の超話題作
『イングロリアス・バスターズ』で、おもしろくなかったら全額返金する前代未聞のキャンペーンが決定!
タランティーノ監督歴代最高の大ヒット作となった映画『イングロリアス・バスターズ』で、“面白さタランかったら、全額返金しバスターズ”キャンペーンを実施!!
11月20日(金)~11月23日(月・祝)の公開初日4日間限定で、途中退場されたお客様に、鑑賞料金をなんと全額返金!!
新作を発表する度にセンセーションを巻き起こし、世界中の映画シーンを根底から揺るがす鬼才クエンティン・タランティーノ。そんな彼が世界のスーパー・スターであるブラッド・ピットとタッグを組んだ最新作『イングロリアス・バスターズ』は、今年8月21日に全米公開されるや監督自らの記録を塗り変える3760万ドルでオープニングNo.1を獲得。そして、現在すでに『パルプ・フィクション』の1億511万ドルや『キル・ビル』の7098万ドルなどを超える興行成績1億1907万ドルを突破(10月18日時点)。さらには、世界各国でも、過去最高のオープニングを飾るなど、まさにタランティーノ監督最大のヒット作となっている。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『猿ロック THE MOVIE』映画化、キャスト発表! 比嘉愛未、小西真奈美出演決定

遂にベールを脱ぐ!
現在目下撮影中の『猿ロック THE MOVIE』、豪華実力派キャスト陣、ついに発表!!
完全オリジナルのストーリー内容が明らかに!
市原隼人主演、累計400万部を突破した同名人気コミックを原作とした話題のドラマの映画化『猿ロック THE MOVIE』。2010年2月27日(土)からの全国ロードショーが決定しております。
この度、オールキャストの情報が決定しました。
●新キャスト陣、ついに発表!!
≪ドラマから引き続きの登場人物≫
市原隼人:天才鍵師・猿丸耶太郎[通称“サル”]役。鶴亀商店街で、失踪中の親父の猿丸鍵店を継いでいる。
芦名星:サル、山本、山田の幼馴染・リツコ役。タバコ屋の娘。
渡部豪太:サル、リツコ、山田の幼馴染・山本役。山本ふとん店の息子。
高岡蒼甫:サル、リツコ、山本の幼馴染・山田役。ドラマでは商店街を見守る巡査。映画では刑事に昇進。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』ジャパンプレミアレポート

ジャパンプレミアにマイケルの盟友ライオネル・リッチーが登場!!
日本人アーティストも続々参加!!
全世界待望の映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公開!!
ついに本日より全世界同時公開となる映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の日本公開に先駆け、ジャパンプレミアを開催いたしました。ムービー30台、スチール70名のマスコミが駆けつけ、1000人の観客が待ち受けるレッドカーペットにはCrystal Kay、CHEMISTRY、ZEEBRA、AI、黒木メイサなど、マイケル・ジャクソンをリスペクトする日本人アーティストが続々と登場。会場のボルテージが急上昇するなか、レッドカーペットイベントを締めくくる最後のトリとして、マイケル・ジャクソンの盟友、ライオネル・リッチーが登場。ライオネル・リッチーといえば、マイケル・ジャクソンと共作した「ウィ・アー・ザ・ワールド」はあまりにも有名で、マイケルとの深い親交もよく知られており、突然の世界的スターの登場に、会場の興奮は一気に頂点へと達しました。
映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』ジャパンプレミア
日時:10月28日(水)17:00スタート
場所:六本木ヒルズ アリーナ
参加ゲスト:(順不同、敬称略)
Crystal Kay、CHEMISTRY、加藤 ミリヤ、清水翔太、伊藤由奈、西野カナ、JUJU、HOME MADE家族、松下奈緒、石黒賢、デーブ・スペクター、おすぎ、曙、ZEEBRA、AI、黒木メイサ、Lionel Richie(ライオネル・リッチー)

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

仲 里依紗主演 2010年版『時をかける少女』完成

仲 里依紗 主演最新作
2010年版『時をかける少女』
完成のご案内
SF短編小説として生み出されてから45年間に渡って幾度となく映像化・映画化され、時代と世代を超えて、多くの人々を魅了してきた名作「時をかける少女」が、「原作発表当時の感動を今の世代にも伝えたい!」という製作陣の想いが実を結び、今、新たな物語として生まれ変わり、誕生しました!
本作のヒロインは、原作の主人公・芳山和子の一人娘、芳山あかり。2010年に生きる彼女が、入院中の母に代わって、1970年代にタイム・リープ。その目的はただひとつ──昏睡状態に陥った母の初恋の人・深町一夫に出会うため…。若き日の母と、幼い頃に別れたきりの父との意外な青春時代。そして、深町探しに協力する大学生・涼太の存在。
ケータイもメールもない時代に生きるさまざまな人々との出会いを通して成長していくあかりの青春が瑞々しく、きらきらと描かれています。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジョニー・デップらのポストカード付『Dr.パルナサスの鏡』特別鑑賞券発売開始!

ヒース・レジャーの遺志を引き継いだのは、
彼の親友にして、
テリー・ギリアム監督をリスペクトする、
ジョニー・デップら友人たち──
美しい絆が生んだ、この冬最高の話題作!
『Dr.パルナサスの鏡』
ジョニー・デップら豪華キャストの
“キラめく鏡のポストカード”付き
特別鑑賞券発売開始!
2010年1月よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国公開します『Dr.パルナサスの鏡』。10月31日(土)より特別鑑賞券の販売を開始します。
劇場窓口でお買い求めのお客様には先着で【4人のトニー&特製ビジュアル・キラめく鏡のポストカードセット】をプレゼントいたします。
ジョニー・デップら豪華キャストが出演する本作ならではの特典となっております。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジョージ・クルーニー主演『マイレージ、マイライフ』邦題&公開日決定

賞レースを席捲するアカデミー賞最有力作品!
ジョージ・クルーニー主演の話題作“UP IN THE AIR”
邦題『マイレージ、マイライフ』&公開日決定
オスカー受賞監督ジェイソン・ライトマンの待望の最新作!
人間関係が希薄な“現代(いま)”、予期せぬ出会いを通して人と“つながる”ことの大切さに気づくビジネスマン(男)を描いた人間ドラマの傑作だ!!
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給による『ジュノ/JUNO』でアカデミー賞を受賞し評価されたジェイソン・ライトマン監督最新作『マイレージ、マイライフ』(原題:UP IN THE AIR)が、2010年3月20日(土)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されることが決定しました。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『真幸くあらば』舞台挨拶&江川達也スピンオフコミック発表

第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門 正式出品作品
『真幸くあらば』
10月23日(金)舞台挨拶&江川達也スピンオフコミック発表会見
殺人を犯した死刑囚と、その被害者の婚約者だった女の「究極の純愛」を描いた映画『真幸くあらば』(2010/1/9公開)が、第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で上映され、尾野真千子、久保田将至、山中聡、ミッキー・カーチスら出演者と、御徒町凧監督、奥山和由プロデューサー、脚本の高山由紀子が舞台挨拶を行いました。
また、スピンオフコミックを書き下ろした江川達也氏が会見を行い、キャラクターデザインを初公開しました。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

マイケル・ジャクソン『ムーンウォーカー』緊急公開決定!

マイケル・ジャクソンが最も愛した
主演・原作・製作総指揮作品!
『ムーンウォーカー』
全国63劇場にてデジタル上映決定!
6月25日に突然 わたしたちの前から去って以来、人気は衰えをみせるどころか、再ブーム到来の感さえあるスーパースター、マイケル・ジャクソン。その彼が、みずから企画・製作総指揮をつとめて主演した唯一の長編映画『ムーンウォーカー』が、来る11月7日(土)より全国63劇場のデジタルにて特別上映が決定しました!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『僕らのワンダフルデイズ』完成披露試写会イベントレポート

11月7日公開になります映画『僕らのワンダフルデイズ』の完成披露試写会イベントを恵比寿ガーデンホールにて行いました。本作品は、人生を仕事に捧げ、家族を支えてきた平凡なサラリーマンが、偶然、自分が癌だと耳にしたことをきっかけに、青春時代の仲間を誘ってバンドを再結成!!! オヤジたち5人が人生の壁にぶつかりながらも、熱い心を取り戻し、一番大切なものに気づいていく日々を涙と笑いで描く感動作です。
イベントには、竹中直人、宅麻伸、斉藤暁、稲垣潤一、段田安則といった劇中で“シーラカンズ”のバンドメンバーや浅田美代子や音楽アドバイザーを勤めた奥田民生も登壇しにぎやかなイベントとなりました。
完成披露試写会に来場していただいた皆さんにサプライズプレゼントでまず最初に竹中直人さんと音楽アドバイザーの奥田民生さんがスペシャルバージョン:「僕らの旅」の1番目の歌詞を、間奏間にその他のシーラカンズのメンバー、宅麻伸さん、段田安則さん、斉藤暁さん、稲垣潤一さん、竹中さんの奥様役の浅田美代子さんが入場し「僕らの旅」の2番目の歌詞を全員で披露した。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『釣りバカ日誌20 ファイナル』オフィシャルサイト 大規模リニューアル

『釣りバカ日誌20 ファイナル』オフィシャルサイト
シリーズ全作品データベース公開とともに大規模リニューアル
12月26日(土)全国公開される映画『釣りバカ日誌20 ファイナル』。公開を前にオフィシャルサイトをリニューアルいたしました。
解説、物語、人物相関図などの作品情報はもちろん、予告篇動画や、壁紙も取りそろえ、豊富なコンテンツとなりました。
今作が『釣りバカ日誌』シリーズの最後を飾る作品としてオフィシャルサイト内には、映画『釣りバカ日誌』全作品データベースを用意。
これまでの過去シリーズ作品情報や名場面、ロケ地紹介、登場人物、ゲストキャラクターたちの面白エピソードなどもお楽しみいただけます。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ファイナル・デッドサーキット 3D』シリーズ史上最高のオープニング成績

映画『ファイナル・デッドサーキット 3D』興行収入も飛び出した!
「FD」シリーズ史上最高のオープニング成績で日本上陸!!
超絶ホラーデートムービーにカップルが殺到中!
先週末10月17日(土)に全国3D公開となりました『ファイナル・デッドサーキット 3D』ですが、先に公開していたアメリカ、イギリス、フランス・・・・等々の世界各国に引き続き、『デッド・コースター』対比115%と、シリーズ最高成績での大ヒットスタートとなりました!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

山田孝之、恋愛裁判決定!『大洗にも星はふるなり』舞台挨拶リポート

山田孝之、恋愛裁判決定!
有罪!? 無罪!? ジャッジは250人の観客裁判員の手に!
第22回東京国際映画祭特別招待作品
『大洗にも星はふるなり』
舞台挨拶リポート
10月20日(火)に11月7日(土)より全国公開いたします『大洗にも星はふるなり』が第22回東京国際映画祭特別招待作品として映画祭にて公式上映されました。
そして、この日は何と! 主演の山田孝之さんの26歳のバースデー!!
劇中、憧れのマドンナ“江里子”に向かってひたすらカンチガイを炸裂させる“妄想・暴走”ストーカー男杉本役を演じた山田孝之。本人が役者生命の危機さえ感じるほど入魂した大崩壊演技に「まさか本性では・・・??」との疑惑が急浮上!! 当日は会場のお客様250名にも参加していただき、この疑惑を暴くべく、公開裁判を開催致しました!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

押井守監督『アサルトガールズ』完成披露記者会見

3女優 豪華競演!
押井守監督 『アサルトガールズ』(12月19日公開)
10月19日(月)完成披露記者会見のご報告
登壇者:押井守監督/黒木メイサ/菊地凛子/佐伯日菜子
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』で国内外から高い評価を受けた、押井守監督待望の新作、『アサルトガールズ』が、12月19日(土)より全国順次公開されることになりました。公開に先立ち、撮影から約1年、10月19日(月)に完成披露記者会見を行いました。
当日、本作主演の黒木メイサさん、菊地凛子さん、佐伯日菜子さん、そして押井守監督が登場。
監督への“思い”、作品への“思い”、それぞれ自分の言葉で語っております。3人が対面したのは“今日が初めて!”という撮影秘話も暴露。
3女優から監督への、監督から3女優への双方向の温かい“思い”で大いに和みました。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

宮沢りえ、テーマソングの平原綾香も登場『オーシャンズ』

第22回東京国際映画祭 オープニング作品『オーシャンズ』
グリーンカーペット、オープニングセレモニー
ナビゲーターの宮沢りえ、テーマソングを歌う平原綾香も登場!!
10月17日(土)に開幕した第22回東京国際映画祭のオープニング作品として2010年1月22日から公開される『オーシャンズ』が上映されました。この映画祭での上映が、世界最速のワールドプレミア上映となることもあり、ジャック・ペラン監督や本作のナビゲーターを務める宮沢りえさん、テーマ曲を初デュエットで歌うことが決まった平原綾香さん&藤澤ノリマサさんらが、グリーンカーペット、オープニングセレモニーに登場! グリーンカーペットでは今回の映画祭の『エコ』というテーマに賛同した鳩山首相夫妻らも駆けつけ、華やかなオープニングになりました。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

佐々木希が女優として花開く!『天使の恋』東京国際映画祭の舞台挨拶

第22回東京国際映画祭特別招待作品『天使の恋』
佐々木希×谷原章介×寒竹ゆり監督
東京国際映画祭舞台挨拶
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、11月7日(土)より公開します映画『天使の恋』の東京国際映画祭正式上映舞台挨拶を行いました。
●舞台挨拶詳細
日程:10月19日(月)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ (スクリーン7)
登壇者:佐々木希(21歳)、谷原章介(37歳)、寒竹ゆり監督(27歳)

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『よなよなペンギン』東京国際映画祭にて舞台挨拶

爆笑問題田中裕二!
特大“闇の帝王”を前にクリスマスは一人ぼっち宣言!!
10月19日(月)公式上映 舞台挨拶コメントご紹介のお願い
森迫永依、田中麗奈、太田光(爆笑問題)、田中裕二(爆笑問題)、高橋ジョージ、りんたろう監督
日仏合作、世界中の親子に向けて発信する映像プロジェクト『よなよなペンギン』。夢見ることの価値、友達の大切さを思い起こさせる、この冬一番あたたかい奇跡の冒険ファンタジーが、10月19日(月)に東京国際映画祭にて、舞台挨拶が行われました。登壇者は各自演じられたキャラクターの等身大パネルと共に登壇! その様子とコメントは以下の通りです。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『かいじゅうたちのいるところ』全米公開1位の好スタート!!

世界中で2000万人に愛されているモーリス・センダック原作の絵本を奇才スパイク・ジョーンズ監督が実写映画化した『かいじゅうたちのいるところ』は、10月16日全米公開となり、Box officeで全米1位を獲得。日本では2010年1月・正月映画として公開する。
・全米公開日:10月16日(金)
・全米週末3日興行収入:32,470,000ドル
・全米スクリーン数:3,735

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.56 『Mr.Boo! ミスターブー』、『ブルース・リー/電光石火』

Mr.BOO!ミスター・ブー観賞映画振り返りコラムも17回目にしてようやく1979年に突入。1980年代が遠い……。今回は1979年公開の『Mr.BOO!ミスター・ブー』。錦糸町のキンゲキで友人3人と観賞。
最近あまり聞かなくなった香港映画。1970年代半ばに登場したドラゴンことブルース・リーのブームもあって、香港映画といえばカンフー映画というのが当たり前だった時代に登場したのがこの『Mr.BOO!ミスター・ブー』。配給側もそのあたりが不安だったのか、『ブルース・リー/電光石火』という映画を同時上映にしていました。

→続きを読む

コメディ・ギャグ映画, コラム