MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『怪病医ラムネ』第5話 耳が餃子になるという怪病にかかっている理央の母

好評放送中のTVアニメ『怪病医ラムネ』。
その第5話の場面カットが届きました。

怪病医ラムネ

●第5話「餃子の耳・前編」
脚本:久尾 歩
絵コンテ:小林孝志
演出:小林孝志
総作画監督:佐藤陽子
作画監督:伊藤美奈

怪病医ラムネ

神社に来ていた少年・理央。彼の母親は、耳が餃子になるという怪病にかかっていた。思い当たる理由がないと言う母親だったが、他人の声だけでなく理央の声さえも聞こえないことに困惑。

怪病医ラムネ

怪病医ラムネ

ラムネはそんな彼女に、「聞こえる声と聞こえない声」があること、そして心の問題であることを告げ、「様子見」だと告げる。

怪病医ラムネ

怪病医ラムネ

公式サイト:https://ramune-anime.com
公式Twitter:@Dr_Ramune

©阿呆トロ・講談社/「怪病医ラムネ」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『怪病医ラムネ』第4話 指先が唐辛子になった高校生・隆晴

『怪病医ラムネ』第3話 駄菓子屋のような店の奥で怪具を売る怪具屋

→『怪病医ラムネ』の記事を探す

→2021年1月アニメ新番組特設ページ