MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

劇場版アニメ・イベント上映

映画館や試写室で観た劇場版アニメ・イベント上映のレビューです。ネタバレはいたしません。映画鑑賞や映画選びの参考にどうぞ。

Vol.174 『ロラックスおじさんの秘密の種』

Dr Seuss the Lorax完成披露試写にて『ロラックスおじさんの秘密の種』観賞。TOHOシネマズ 六本木ヒルズ。日本語吹替版では志村けんさんがロラックスおじさんの声を担当するとのことですが、今回の試写会は3D字幕版。
『怪盗グルーの月泥棒 3D』のスタッフが製作した3DCGアニメで、環境悪化のために木が生えなくなってしまった、すべてが人工の街が舞台。さらに進化した3DCGによる美術がなかなか見事でした。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.162 『さようなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』

さようなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅観賞映画振り返りコラムの60回目は1981年に観た『さようなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』。昨年のうちに1981年の作品は終わらせておきたかったのですがまだ夏の作品。先は長いなぁ。この作品は友人と浅草東映パラスで観賞しました。
この作品の2年前に公開された『銀河鉄道999』の続編として制作され、“すべての謎が明らかになる”と銘打たれて公開された映画。しかし、すべての謎といっても前作で疑問に残った部分、あるいはここをもっと知りたいと思った部分はないのでなんのことだろう?という感じで観ました。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.157 『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密完成披露試写にて『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』観賞。TOHOシネマズ六本木にて3D上映。
スピルバーグ監督の『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』から3年半振りとなる新作映画は、全世界ベストセラーのコミック『タンタンの冒険』の3DCG映画。製作には『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンも名を連ねています。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.137 『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』

ブッダ全12巻漫画文庫マスコミ試写にて『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』観賞。タイトルにもある通り、手塚治虫さんの『ブッダ』を原作とした長編アニメーションで、3部作の第1作。
仏教の開祖として知られるブッダことシッダールダの生涯を描いた手塚さんの意欲作。シッダールダの誕生から、身分制度への疑問を抱き、悩む姿を描いた本作ですが、原作でも冒頭からシッダールダが出てくるわけではないので、どちらかというと奴隷からコーサラ国の勇者となったチャプラが主役として描かれています。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.136 『鬼神伝』

鬼神伝マスコミ試写にて『鬼神伝』観賞。平安時代を舞台に繰り広げられる、人と鬼との戦いを軸にしたジュブナイル的アニメ作品。
1200年前の京都にタイムスリップした中学生・天童純。人と鬼とが戦う平安京に突然投げ出された純は、実は、封印されたオロチを目覚めさせることのできる「救いの御子」であり、この戦いに終止符をうつ選ばれし者だと聞かされる。しかし鬼の一族である少女・水葉から聞かされた話では、鬼とは元々平安京の地に住んでいた、自然との共存を望む人々であり、その存在がジャマとなった貴族たちによって鬼と呼ばれ、虐げられているのだという……。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.135 『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』

名探偵コナン 沈黙の15分 オリジナル・サウンドトラックマスコミ試写にて『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』観賞。劇場版シリーズ15周年記念作品。
TVシリーズにはないスケールとクォリティで製作される劇場版は毎年様々な趣向をこらした作品となっていますが、今回の作品はなんといってもアクションが見どころ。『スピード』『サブウェイ123 激突』を彷彿とさせる冒頭の地下鉄爆破事件から、ラストのスノーアクションまで、要所要所にスリル満点のアクションシーンが盛り込まれています。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.130 『攻殻機動隊 S.A.C SOLID STATE SOCIETY 3D』

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Societyマスコミ試写にて『攻殻機動隊 S.A.C SOLID STATE SOCIETY 3D』を観賞。TVスペシャルアニメとしてペーパービュー放映された『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』を3D化し、劇場公開する作品。
TVスペシャルといってもその緻密な描写、シナリオともにすでに劇場版に匹敵するクォリティを持った作品だっただけに、今回の3D化によってスクリーンで観られるのはファンにとってはうれしいのではないでしょうか。
『攻殻機動隊』シリーズは士郎正宗さんの近未来SFコミックを原作とし、劇場版、TVシリーズのアニメが制作されました。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』はTVシリーズ2作品の続編として作られたオリジナル長編ですが、TVシリーズを観ていなくても楽しめます。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.121 『劇場版 機動戦士ガンダム00 – A wakening of the Trailblazer -』

劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-マスコミ試写にて『劇場版 機動戦士ガンダム00 – A wakening of the Trailblazer -』を観賞。TVアニメ『機動戦士ガンダム00』の完結編として製作された、ガンダムシリーズとしては19年振りとなるオリジナル劇場版アニメ。
イオリア計画によるシナリオは世界を一つにし、人類の変革をも促した。刹那がイノベイターとなった意味とは? その先に待つ「来るべき対話」とは? ガンダムマイスターたちとソレスタルビーイングのラストミッション。それはこれまで描かれたことのないガンダムの世界……。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.104 『宇宙ショーへようこそ』

マスコミ試写にて『宇宙ショーへようこそ』を観賞。文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した『かみちゅ!』の舛成孝二監督によるSFファンタジーアニメ。
周りを美しい自然に囲まれた村川村。その村にある小学校は全校生徒が5人。毎年恒例となっている子どもたちだけの夏合宿の際、ケガをした犬を見つけるが、その犬はなんと宇宙人・ポチだった! 手当をしてもらったお礼にとポチは5人を連れて宇宙への修学旅行に繰り出すのだが……。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.103 『ヤマトよ永遠に』

EMOTION the Best ヤマトよ永遠に観賞映画振り返りコラムの40回目は1980年に観た『ヤマトよ永遠に』。公開初日に浅草東映パラスで観ました。
『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版第3作ではありますが、一種のパラレルワールドとでもいいましょうか。本編は前作の『さらば宇宙戦艦ヤマト』で完結したにも関わらず、そのテレビ版『宇宙戦艦ヤマト2』で違うラストにし、さらにTVスペシャルの『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』を経てこの作品につながります。『さらば宇宙戦艦ヤマト』のコラムのときに、以降の作品は別の話と書いたのはそういうわけです。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.101 『プランゼット』

惑星大怪獣ネガドンお台場・シネマメディアージュで行われた完成披露試写にて『プランゼット』を観賞。『惑星大怪獣ネガドン』の粟津順監督によるフルCG作品。
謎の生命体の攻撃によって滅亡しかかっている人類の反撃作戦はことごとく失敗に終わり、最後の砦となった日本方面軍・富士基地によって、人類存亡をかけた最終作戦「プランゼット」が実行される。はたして人類は生き残ることができるのか?

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映          

Vol.94 『東のエデン 劇場版II Paradise Lost』

アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray プレミアム・エディション完成披露プレミア試写にて『東のエデン 劇場版II Paradise Lost』をテアトル新宿にて観賞。フジテレビのノイタミナ枠で放送されたテレビアニメ『東のエデン』の続きを描く劇場版の2作目にして完結編。
前作のニューヨークから再び日本に舞台を移し、繰り広げられる、この国を救う義務を与えられたセレソン(救世主)たちのゲームもいよいよ大詰め。ゲームの勝者となるのははたしてどのセレソンか? この国の王となる依頼をJUIZに受理された滝沢朗はどうなるのか? またゲームの仕掛け人Mr.OUTSIDEの正体は? 上映時間を延ばし、公開予定を遅らせてまで、すべての謎に決着をつけるべく製作された、まさに完結編にふさわしい内容でした。

→続きを読む

コラム, 劇場版アニメ・イベント上映