MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

ジェラルド・バトラーがダメ親父を快演『スマイル、アゲイン』邦題決定

『オペラ座の怪人』『300<スリーハンドレッド>』の強面、ジェラルド・バトラーが、愛すべきダメ親父を快演!
映画『Playing for keeps』の邦題が決定
『スマイル、アゲイン』

smileagain1.jpg

→続きを読む

2013年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジェラルド・バトラー主演『エンド・オブ・ホワイトハウス』公開決定!

7月4日、独立記念日 ホワイトハウス陥落!
取り戻せるのか?
ジェラルド・バトラー最新主演作!
『エンド・オブ・ホワイトハウス』
公開決定!
全米では3月22日公開、『300<スリーハンドレッド>』などのジェラルド・バトラーが主演・プロデューサーを務め、『トレーニング デイ』のアントワーン・フークアが監督する『OLYMPUS HAS FALLEN』の邦題が 『エンド・オブ・ホワイトハウス』に決定し、2013年6月8日(土)に公開されることが決定しました!

→続きを読む

2013年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジェラルド・バトラー×ジェイミー・フォックス『完全なる報復』1月公開決定!

ブロードメディア・スタジオ配給
『完全なる報復』
1月22日(土)公開決定!
ジェラルド・バトラー×ジェイミー・フォックス競演。
全米大ヒット!世界を震撼させた衝撃の問題作!
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ みゆき座ほか
1月22日(土)、全国ロードショー決定
かつて独立宣言が採択され、合衆国誕生の地と呼ばれる都市フィラデルフィア。この街を舞台に復讐のために法を破る男と検事として法を守る男、この互いが持つ“正義”のぶつかり合いを先の読めないストーリー展開と圧倒的な緊迫感で描いた『完全なる報復』。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジェラルド・バトラー最新作!『GAMER』のポスタービジュアルがついに解禁!

ジェラルド・バトラー最新作!
『GAMER』のポスタービジュアルがついに解禁!
世界が熱狂する【ゲーム】──それは脳を操られた囚人による究極のバトル。
ジェラルド・バトラー主演の最新作『GAMER』の日本版ポスタービジュアルが解禁となり、9月11日(土)から全国の劇場に掲出された。
映画は、2034年が舞台。天才クリエイターが開発したオンライン・ゲーム「スレイヤー」では、脳細胞手術を受けた生身の人間がプレイヤーに遠隔操作され、激しい戦闘を繰り広げている。無実の罪で投獄されたケーブル(ジェラルド・バトラー)は「30回勝ち抜けば釈放」という条件にあと1回と迫り、注目を集めていた。プレイヤーはなんと17歳の高校生。だがケーブルは愛する妻と娘に再会するため、【ゲーム】の世界から自分一人の力で抜け出し、最後の戦いに挑んでゆく。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジェラルド・バトラー主演最新作『男と女の不都合な真実』邦題決定

ジェラルド・バトラー主演最新作
『男と女の不都合な真実』
邦題決定!!
<原題 The Ugly Truth>
有史以来、絶えることなく我々人類を悩ませる永遠のテーマ“恋愛”。男と女では、恋愛に対する考え方や価値観に違いがある。つまり“恋愛脳”にズレが生じているのだ。本作は、そんな男女の恋愛脳のズレを、時に笑いながら、ちょっぴりHに、そして涙を流して楽しめるラブストーリー。男と女にとって不都合な真実とは!? 不都合な真実が明らかになると男と女にどんな変化が訪れるのか!?
そんな本作の邦題が、『男と女の不都合な真実』に決定いたしました。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          

『P.S.アイラヴユー』ジェラルド・バトラー記者会見

世界40カ国以上、全世界500万人以上が涙した純愛小説の完全映画化!
『プラダを着た悪魔』プロデューサー×『マディソン郡の橋』脚本家
2005年『オペラ座の怪人』『Dear フランキー』、2007年『300<スリーハンドレッド>』
それから約1年ぶりの来日にファン熱狂!!
“世界の恋人”ジェラルド・バトラー 9月11日(木)記者会見ご報告
あの衝撃の“9・11”についても語る!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『P.S.アイラヴユー』ジェラルド・バトラー来日

『P.S.アイラヴユー 』
ジェラルド・バトラー来日
9月9日(火) 成田空港到着のご報告
世界40カ国以上、全世界500万人以上が涙した純愛小説の完全映画化!
『プラダを着た悪魔』プロデューサー×『マディソン郡の橋』脚本家
『オペラ座の怪人』『300<スリーハンドレッド>』
そして今回久々の来日にファン殺到!!
「まだ“さよなら”は言えないんだ。」
余命半年を宣告された夫は、愛する妻へ10通のラブレターを残した……。
愛する人との永遠の別れと喪失感、そして人生の再出発を描いた、2008年最高の感動作『P.S.アイラヴユー』が、いよいよこの秋、10月18日(土)より全国公開となります。
本作で、愛する妻へ10通のラブレターを遺した夫を演じ、世界中の女性を虜にしたジェラルド・バトラーが、成田空港に到着し、詰め掛けたファンを沸かせました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

VRゲームの仮想空間が現実に!? 『VR ミッション:25』予告編解禁!

近未来のニューヨークを舞台に、仮想空間でのスリリングな戦闘を描くSF作『VR ミッション:25』が11月19日(土)より池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開となります。

本作の予告編が解禁されました!

VR ミッション:25

→続きを読む

2016年の映画ニュース, 2016年の特撮ニュース, 映画ニュース, 特撮ニュース          

VRゲームに仕掛けられた罠……『VR ミッション:25』日本公開決定!

VR ミッション:25超仮想現実をサバイブせよ。
新感覚SFシューティング・アクション・スリラー
『VR ミッション:25』公開決定!

近未来のニューヨークを舞台に、仮想空間でのスリリングな戦闘を描くSF作“THE CALL UP”が、邦題『VR ミッション:25』として、11月19日(土)より池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開することが決定しました。

ミステリアスな最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」の体験版をいち早くプレイできるという、夢のような招待状を受け取ったオンラインゲームのエリート8人が、命がけのリアルな戦闘に巻き込まれるSFアクション・スリラー。

→続きを読む

2016年の映画ニュース, 2016年の特撮ニュース, 映画ニュース, 特撮ニュース          

『ヒックとドラゴン2』東京アニメアワードで日本初公開!無料上映!

世界37ヵ国で1位! 「アニー賞」最多6部門 「ゴールデングローブ賞」受賞
第87回アカデミー賞ノミネート作品『ヒックとドラゴン2』、東京アニメアワードフェスティバル2015オープニング作品に決定!
大スクリーンでの日本“初”公開!
東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、アニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭で、2015年は、3月19日(木)~23日(月)に開催されます。そのTAAF2015のオープニング作品が、第87回アカデミー賞長編アニメーション賞部門 ノミネート作品の『ヒックとドラゴン2』(英題:『HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2』)に決定しました。

ヒックとドラゴン2

→続きを読む

2015年のアニメニュース, アニメニュース          

世界で13番目にハンサムな顔 2PM・テギョン主演『結婚前夜』邦題決定

『結婚前夜 ~マリッジブルー~』
邦題決定!!
主演のテギョン(2PM)
世界で13番目に美しい顔に!
2PMのテギョン、チュ・ジフンら豪華共演で話題の韓国映画『結婚前夜(原題)』の邦題が、『結婚前夜~マリッジブルー~』に決定しました!(配給:ショウゲート) 5月10日(土)より公開されます!

kekkonzenya.jpg

→続きを読む

2014年の映画ニュース, 映画ニュース          

超豪華キャストを無駄遣い!R-15指定 下品、下劣、下衆な『ムービー43』

ヒュー・ジャックマン、ケイト・ウィンスレット、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モリッツ、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ナオミ・ワッツ、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、デニス・クェイド……オールスター・ゴージャス・キャストを、無駄遣い!
全米史上かつてないエクストリーム3G「下品(げひん)、下劣(げれつ)、下衆(げす)」映画『ムービー43』、日本上陸。

movie43-1.jpg

→続きを読む

2013年の映画ニュース, 映画ニュース          

豪華キャストで贈るハートフルドラマ『スマイル、アゲイン』予告編解禁

ジェラルド・バトラーが、どん底まで落ちぶれ、良く言えばワイルド、悪く言えば大雑把な生き方しかできないジョージを、愛すべきダメ男として怪演。
『スマイル、アゲイン』予告編解禁

→続きを読む

2013年の映画ニュース, 映画ニュース          

テロリストに占拠された鉄壁の要塞『エンド・オブ・ホワイトハウス』

世界の中枢、地球上最強のセキュリティを誇るホワイトハウス。
7月5日独立記念日の翌日、テロリストの手に落ち、そこは敵を守る【難攻不落の要塞】と化す。
全人類の未来に危機が迫る中、たった一人の男が、侵入に成功する……。
ジェラルド・バトラー主演『エンド・オブ・ホワイトハウス』

endofwhitehouse.jpg

→続きを読む

2013年の映画ニュース, 映画ニュース          

渡部陽一が『マシンガン・プリーチャー』を通して語る世界の真実!

「戦場カメラマンになったきっかけは少年兵の姿だった・・・。」 渡部陽一が『マシンガン・プリーチャー』を通して語る世界の真実!
トークショー付き試写会イベントご報告
日程:1月31日(火)18:30~18:50
会場:シネマートホール
トークゲスト:渡部陽一さん(戦場カメラマン)
渡部:こんばんは。戦場カメラマンの渡部陽一です。今日は戦場カメラマンとして実際に訪れたスーダン、そこで起こっている現状、そこで暮らしている子供たちの声を伝えたいです。よろしくお願いいたします。

→続きを読む

2012年の映画ニュース, 映画ニュース          

『マシンガン・プリーチャー』ゴールデン・グローブ賞ノミネーション!

2011年 トロント国際映画祭 正式出品作品
『マシンガン・プリーチャー』
第69回 ゴールデン・グローブ賞
主題歌賞“THE KEEPER”ノミネート!!
現地時間12月15日に発表されました第69回ゴールデン・グローブ賞にて、『マシンガン・プリーチャー』の主題歌“THE KEEPER”が主題歌賞でノミネートされました。
「THE KEEPER」 作曲&作詞:クリス・コーネル

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

衝撃の実話『マシンガン・プリーチャー』公開日決定

2011年トロント国際映画祭正式出品作品
『マシンガン・プリーチャー』
原題:Machine Gun Preacher
公開決定!
『チョコレート』のマーク・フォースター監督がジェラルド・バトラーの新境地を開拓!
麻薬売人を脱して、アフリカの大地に人生を捧げる男の真実の物語。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ヒックとドラゴン』オードリーが大空を舞う!!夏祭りプレミアイベント開催

『ヒックとドラゴン』
オードリーが大空を舞う!!
夏祭りプレミアイベント開催
8月7日(土)から公開となった『ヒックとドラゴン』。この日本公開直前に、本作の宣伝キャプテンを務めるオードリーさんが新宿ステーションスクエア、新宿ピカデリーにて夏祭りプレミアイベントが行いました。
新宿アルタ前のステーションスクエアで、オードリー 春日さんは、傷付いたドラゴンの“トゥース”に、そして若林さんは主人公のバイキング“ヒック”に扮して登場しました。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ヒックとドラゴン』イメージソングを歌うベッキー♪♯がお台場で船上ライブ開催!!

『ヒックとドラゴン』
イメージソングを歌うベッキー♪♯がお台場で船上ライブ開催!!
7月28日、『ヒックとドラゴン』の8月7日(土)の日本公開を記念して、本作のイメージソング「エメラルド」を歌うベッキー♪♯さんをお呼びし、お台場の海浜公園にて船上ライブを行いました。
『ヒックとドラゴン』のテーマである、〈友情〉〈勇気〉〈奇跡〉。このメッセージを説得力を持って幅広い世代の人たちに伝えられるのはベッキー♪♯さん以外にいないということで、パラマウント ジャパンよりオファーしたところ、快諾頂き、今回のコラボレーションが決定しました。しかも今回のイメージソングはベッキー♪♯さんの本作への熱い思いから、完全オリジナルの書き起こし作品となりました。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ヒックとドラゴン』3Dチャリティプレミア開催!

『ヒックとドラゴン』
3Dチャリティプレミア開催!!
7月26日、丸の内ピカデリー3にてパラマウント ジャパン主催、社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(STCJ)、朝日新聞社との共催により、『ヒックとドラゴン』の3Dチャリティ・プレミアが行われました。
これは、8月7日より公開されるこの作品の上映を通して、世界中の子どもたちに希望を与えることを目的としたもので、当日劇場ロビーには募金箱を設置し、来場者の方へもセーブ・ザ・チルドレンを通じての募金をよびかけました。さらに、映画の舞台がバイキングが住む孤島であることから、日本海に浮かぶ新潟県の小島、粟島(あわしま)から粟島浦小学校(全校生徒7人)の生徒3名を招待し、はじめての東京、はじめての3D体験をする機会となりました。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース