MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『処刑少女の生きる道』最終回 おぞましい巨大な化物に変身し再び現れた万魔殿(パンデモニウム)

好評放送中のTVアニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』。
その最終話となる第12話の場面カットが届きました。

処刑少女の生きる道

●第12話「ふたりの旅路」
脚本:ヤスカワショウゴ
絵コンテ:川崎芳樹
演出:川崎芳樹
総作画監督:玉置敬子、菊池隼也
作画監督:小笠原 憂、奥田哲平、中島 駿、吉元美妃、熊谷勝弘、長塚幸恵

処刑少女の生きる道

封印に成功したと安堵したのも束の間、おぞましい巨大な化物に変身し再びメノウ達の前に現れた万魔殿(パンデモニウム)。

処刑少女の生きる道

処刑少女の生きる道

激闘の最中、自らの武器である経典と短剣を飲み込まれ、最悪の事態に追い込まれたメノウ。
窮地に立たされた《処刑人》の少女は、襲い掛かる【魔】の小指に、最後の戦いを挑む。

処刑少女の生きる道

処刑少女の生きる道

公式サイト:https://virgin-road.com/
公式Twitter:@VirginroadAnime

©佐藤真登・SBクリエイティブ/処刑少女製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『処刑少女の生きる道』第11話 マノン・リベールの体内から出現した不気味な幼女

『処刑少女の生きる道』第7話 四大人災を封じ込めた霧の牢獄「霧魔殿(パンデモニウム)」

→『処刑少女の生きる道』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ