MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『処刑少女の生きる道』第7話 四大人災を封じ込めた霧の牢獄「霧魔殿(パンデモニウム)」

好評放送中のTVアニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』。
その第7話の場面カットが届きました。

処刑少女の生きる道

●第7話「港町リベール」
脚本:ヤスカワショウゴ
絵コンテ:桜美かつし
演出:野上良之
総作画監督:冷水由紀恵
作画監督:佐野はるか、河野眞也、川口弘明、高橋直樹、松本勝次、胡 威、陈晓岚

処刑少女の生きる道

激しい戦いの末、オーウェルの打倒に成功したメノウは、アカリを確実に殺しきる方法を見つけるために、彼女を連れて旅に出ることを決意する。
そして、旅の途中、「港町リベール」にたどり着く。

処刑少女の生きる道

そこには、四大人災(ヒューマン・エラー)を封じ込めた霧の牢獄、「霧魔殿(パンデモニウム)」が存在した。

処刑少女の生きる道

●追加キャラクター紹介
・《リベール当主代理》・マノン CV:石見舞菜香
リベール伯爵のひとり娘で、彼が病に倒れてから、当主代理を務めている。
着物を着用していて、身振りや口調はおしとやか。

処刑少女の生きる道

石見舞菜香さんコメント
マノン役を演じさせて頂きます。石見舞菜香です。
マノンはおっとりとした雰囲気を持っていますが、優しい感じというよりは、柔らかさの裏にある底知れぬ感じを滲ませられればと考えながら演じさせていただきました。これから観てくださる皆様にお伝えできることはまだ少ないのですが、マノンがメノウやアカリとどう絡んでいくのか、ぜひ楽しみにしていただければと思います。よろしくお願いいたします!

・少女 CV:春野 杏
謎の幼女。

処刑少女の生きる道

・《司祭》・シシリア CV:渡辺明乃
港町リベールの神官。司祭を務めている。
フレアの知り合いのようだが、詳しくは不明。

渡辺明乃さんコメント
シシリアという人の設定を読ませていただいた時に感じたのは、とても難しい複雑な想いを抱えている人なんだなぁ、というのが初めの感想でした。
冷たく厳しく、ともすれば拒絶すら感じる彼女の物言いは、彼女が歩いてきた道の中で経験した諦めや絶望や焦燥感の現れなのかな、と。
そんなシシリアさんがどう動くのか……。
皆さんに見届けていただければと思います。

公式サイト:https://virgin-road.com/
公式Twitter:@VirginroadAnime

©佐藤真登・SBクリエイティブ/処刑少女製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『処刑少女の生きる道』第6話 禁忌を犯した大司教オーウェルと対峙するメノウ

『処刑少女の生きる道』第5話 日本に帰ると思い込んでいるアカリはメノウに別れを告げる

→『処刑少女の生きる道』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ