MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』動員100万人、興収約17億円

1月7日より公開された映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、コロナ禍(2020年1月以降)における実写映画No.1スタート。
全世界累計興行収入は歴代8位となる1700億円突破。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の週末土日2日間(1月8日~9日)で動員58万3916人、興行収入9億503万6630円となり、動員・興収ともにコロナ禍における洋画邦画含む実写映画として圧倒的No.1の大ヒットスタートを切りました。

公開初日1月7日(金)から1月10日(祝・月)までの4日間の累計成績は、動員111万5937人、興収16億9168万1940円となり、早くも動員100万人を突破しています。

・4日間成績
1月7日(金):動員30万9003人、興行収入4億6182万9040円
1月8日(土):動員28万9763人、興行収入4億4967万8500円
1月9日(日):動員29万4153人、興行収入4億5535万8130円
1月10日(祝・月):動員22万3018人、興行収入3億2481万6270円
累計:累計動員111万5937人、累計興行収入16億9168万1940円

また、全米でも公開4週目となった今週末(1月7日~9日)もNo.1を継続。全米における累計興行収入は6億6835万6116ドル(約769億円)となり、『タイタニック』を抜いて全米累計興行収入の歴代6位に。さらに、1月9日(日)までの全米以外の海外では、累計興行収入8億6750万ドル(約998億円)となり、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は15億3585万6116ドル(約1766億円)となり、『アベンジャーズ』を抜いて全世界累計興行収入の歴代8位に浮上しました(※1月11日付Box Office Mojo調べ、1ドル=115円換算、1月11日現在)。

●トム・ホランドのインタビュー映像が公開
本作でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドのインタビュー映像が公開されました。

トムは「これまではスパイダー“ボーイ”だった。この映画では決断力のあるスパイダー“マン”になり、アベンジャーズの一員として立ち上がる。シリーズを通じて着実に成長しているんだ」と一人の人間としてのピーターの成長が描かれていることも本作の魅力だと語っています。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
大ヒット公開中!
公式Twitter:@spidermanfilmjp

©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

●次の記事もオススメ ——————
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』舞台挨拶にSixTONESサプライズ登場

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』全米興収歴代TOP10入り!

→『スパイダーマン』の記事を探す