MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』異例の月曜公開は8億円突破スタート

2度の公開延期を経て、遂に最新作にして完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、3月8日(月)より全国公開。
その初日の興行収入は8億円を突破、観客動員数も50万人超え!

キャストとあらすじも解禁!

シン・エヴァンゲリオン劇場版

再延期の発表以降、検討を重ね、継続的に各劇場にて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への有効な感染対策がなされていること、さらに感染リスクを軽減する新たな鑑賞マナーの定着に鑑み、3月8日(月)に公開を決定した本作。

3月8日(月)の公開初日の成績は興行収入8億277万4200円、観客動員数53万9623人を記録し、土曜日公開であった、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開、最終興収:53億円)の初日興行収入対比123.8%、観客動員対比121.7%という大ヒットスタートとなりました。

●『シン・エヴァンゲリオン劇場版』3月8日(月)興行成績
全国466館(うちIMAX 38館/4D 82館含む)
3月8日(月) 初日興行収入:8億277万4200円/動員数:53万9623人

・参考
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(最終興収:53億円)
初日成績:6億4838万3550円/動員数:44万3408人(2012年11月17日(土)公開)

●あらすじ&キャスト解禁
・あらすじ
新たな劇場版シリーズの第4部であり、完結編。

ミサトの率いる反ネルフ組織ヴィレは、コア化で赤く染まったパリ旧市街にいた。旗艦AAAヴンダーから選抜隊が降下し、残された封印柱に取りつく。復元オペの作業可能時間はわずか720秒。決死の作戦遂行中、ネルフのEVAが大群で接近し、マリのEVA改8号機が迎撃を開始した。

一方、シンジ、アスカ、アヤナミレイ(仮称)の3人は日本の大地をさまよい歩いていた……。

・キャスト
緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田 彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、大塚明夫、沢城みゆき、大原さやか、伊瀬茉莉也、勝 杏里

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
大ヒット公開中
公式Twitter:@evangelion_co

©カラー

●次の記事もオススメ ——————
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開がコロナ感染拡大で再延期に。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告解禁!テーマソング楽曲初公開

→『エヴァンゲリオン』の記事を探す