MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『キャプテン翼』第50話 カッとなり、高杉につかみかかってしまう小次郎

好評放送中のTVアニメ『キャプテン翼』。
その第50話の場面カットが届きました。

キャプテン翼

●第50話「執念の総力戦」
脚本:竹田裕一郎
絵コンテ:芝久保、なかの★陽
演出:中村哲治、いとがしんたろー
総作画監督:渡辺はじめ、中島 渚、石橋大輔
作画監督:Cha MyoungJun、福島豊明、柳瀬譲二、志水よしこ、糸島雅彦、柴田和紀、石原彩子、大野 勉、今岡 大、森川侑紀、南 伸一郎

キャプテン翼

翼が石崎からのパスを見事ダイビング・オーバーヘッドでゴールへ押し込んだ!掲示板に灯る3対3の同点の文字。後半10分にして振り出しに戻った試合に、日向は責任を感じ、強引に南葛ゴールへ切り込んでいく! そこに巨漢のディフェンダー・高杉が立ち塞がった。

キャプテン翼

キャプテン翼

弾き飛ばされた小次郎は、思わずカッとなり、高杉につかみかかる。騒然となる会場。一触即発の空気に審判が笛を吹いた! 審判が掲げたカードの色は……!?

キャプテン翼

キャプテン翼

ポータルサイト:ball-ha-tomodachi.com
公式Twitter:@tsubasa_news

(C)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『キャプテン翼』第49話 ケガの悪化で一時退場となる翼の想い

『キャプテン翼』第48話 翼に一対一の勝負を挑む日向

→『キャプテン翼』の記事を探す

→2018年4月アニメ新番組特設ページ