MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

2008年の映画ニュース

2008年の映画の最新情報を紹介しています。映画の最新作の話題やレビュー、予告編動画が満載です。

『愛を読むひと』ゴールデングローブ賞主要4部門ノミネート!

オスカー有力候補!
『愛を読むひと』(原題:THE READER)
ゴールデングローブ賞
作品賞含む主要4部門ノミネート!
(作品賞、監督賞、助演女優賞、脚本賞)
アカデミー賞チームによる
世界中が涙した大ベストセラー小説待望の映画化!
アカデミー賞の前哨戦と言われ最も注目される映画賞「ゴールデングローブ賞」。第66回ゴールデングローブ賞ノミネートが12月12日に発表されました。アカデミー賞を占う意味からも大変重要なゴールデングローブ賞に、本作『愛を読むひと』(原題:THE READER)が、作品賞、監督賞、助演女優賞、脚本賞の4部門にノミネートされました。
※最優秀賞が発表される授賞式は2008年1月11日(日本時間)

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

スティーヴン・セガール最新作『雷神-RAIJIN-』邦題決定!

2008年、男は「沈黙」を破り、「修羅」となった。
2009年、「修羅」は、天駆ける「稲妻」と化し、地上の悪を切り裂くために降臨する。
この度、スティーブン・セガール最新作『雷神-RAIJIN-』が、2月14日(土)より新宿ミラノ、銀座シネパトスほかにて全国公開します。
正義の稲妻が、悪を切り裂く!
鬼刑事セガールが挑む、迫真のサイコ・サスペンス!
男は「沈黙」を破り、「修羅」となった。
芸能生活20周年記念作品『弾突-DANTOTSU-』からまだ5ヵ月。
「修羅」は「稲妻」と化し、地上の悪を切り裂くために降臨する。
スティーヴン・セガール最新作『雷神-RAIJIN-』、バレンタイン・デイに日本上陸!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ユマ・サーマン主演『ダイアナの選択』邦題決定

『ダイアナの選択』
2009年春、シネスイッチ銀座にて公開決定!
ユマ・サーマン×エヴァン・レイチェル・ウッド
ヴァディム・パールマン監督(『砂と霧の家』アカデミー賞3部門ノミネート)
ユマ・サーマン主演『ダイアナの選択』(原題:The Life Before Her Eyes)が、2009年春、シネスイッチ銀座他全国にて公開と決定しました。
1月下旬には、『砂と霧の家』で高い評価を得た、ヴァディム・パールマン監督の来日が決定。
また、ハリウッド期待の若手女優、エヴァン・レイチェル・ウッドの来日も予定されております。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『レッドクリフ Part II』主題歌決定

戦いは赤壁へ……
『レッドクリフ Part II』始動!
来年4月、いよいよ完結!
『レッドクリフ Part II』主題歌が、Part Iに続きalanに決定!
東宝東和、エイベックス・エンタテインメント共同配給作品『レッドクリフ Part I』が、興収41億6257万円(12/10現在)を突破し、『HERO(英雄)』(2003年、累計興収40億2600万円)を超え、日本で公開されたアジア映画での最高興収記録を樹立しました。<レッドクリフ>は、認知度も95%を越え、いまや社会現象にもなりつつあります。そのPart Iの勢いのまま、2009年4月に公開を控える『レッドクリフ Part II』もいよいよ始動!
Part Iに引き続き、ジョン・ウー監督の絶大な信頼を受けて、alanが主題歌に決定。12月13日より全国劇場にポスター&チラシが設置されます。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ミステリー超大作『ウォッチメン』3月28日全国ロードショー

『300<スリーハンドレッド>』 を越える驚愕のビジュアル・ワールド!
歴史の闇に隠された衝撃の真実を目撃する<リアル・ミステリー>超大作!
『WATCHMEN ウォッチメン』
パラマウント ピクチャーズ ジャパンでは、映画『ウォッチメン』を2009年3月28日(土)より丸の内ルーブル他にて全国拡大公開する運びとなりました。『300<スリーハンドレッド>』で驚愕の映像を生み出したザック・スナイダーが、不可能と言われ続けてきた『ウォッチメン』の世界の映像化に挑みます。“ウォッチメン”と呼ばれるかつてのヒーローが次々と暗殺されていくというショッキングなストーリーに加え、現実世界で実際に起こったJFK暗殺といった事件を絡ませ、謎にみちたストーリーと斬新な映像が見事に融合したリアル・ミステリー超大作がいよいよ2009年春に日本に上陸します。
知ってはならない、真実がある──。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

トム・クルーズ主演最新作『ワルキューレ』3月20日全国ロードショー決定

トム・クルーズ主演最新作『ワルキューレ』3月20日(金・祝)日劇3他、全国ロードショー!
首謀者=トム・クルーズ
ワルキューレ? それは、女神の名を冠した「作戦」
超一流の監督達と数々のタッグを組み、全世界で600億ドル以上を稼ぎ出してきた俳優、トム・クルーズ。
今回彼が演じるのは、左目をアイパッチで覆った実在の将校・シュタウフェンベルク大佐。
爆撃によって左目を失い、負傷した彼は、祖国を愛する誇り高き軍人でありながらヒトラー独裁政権に疑問を持ち、その崩壊を画策する反乱組織の首謀者となる。
2009年、今まで演じてきた「正義のヒーロー」とは一線を画す、全く新しいトム・クルーズが誕生する。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ~』旭川市・完成披露試写会&舞台挨拶

旭川市・完成披露試写会 舞台挨拶&記者会見
12月6日(土)、北海道旭川市、シネプレックス旭川にて、映画『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ~』の完成披露試写会舞台挨拶および記者会見が行われました。当日は、極寒であるにもかかわらず、キャパシティいっぱいの、200人余りが来場し、大いに盛り上がりました。
登壇者:マキノ雅彦監督、旭山動物園園長・小菅正夫、旭川市市長・西川将人、角川映画社長・井上泰一

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『戦場のレクイエム』台湾アカデミー賞「台湾金馬奨」最優秀男優賞、最優秀脚色賞受賞!

台湾のアカデミー賞にあたる「台湾金馬奨」
最優秀男優賞受賞、最優秀脚色賞!
『戦場のレクイエム』
歴史を越え、中国に続いて台湾で大ヒットを記録!
いよいよ、日本公開迫る!
2009年1月より、シャンテ シネ他全国順次公開されます『戦場のレクイエム』が、12月6日に開催されました、台湾のアカデミー賞にあたる『第45回台湾金馬奨』にて見事、最優秀男優賞(チャン・ハンユー)、最優秀脚色賞(リウ・ホン)を受賞いたしました。
本作は、中国で最も有名な娯楽作品の監督として知られ、新作『非誠勿擾』(原題)では日本の北海道でロケも行った国民的監督フォン・シャオガンが、中華人民共和国建国前夜、毛沢東率いる人民解放軍と蒋介石率いる国民党軍との間で起こった“国共内戦”を美化することなく、勝利の裏に隠された悲劇と、その後に続く感動の物語を迫力溢れる映像と卓越した演出力で描いた戦争ドラマです。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ジェット・リー×アンディ・ラウ×金城武『ウォーロード/男たちの誓い(仮題)』台湾アカデミー賞作品賞受賞!

『ウォーロード/男たちの誓い(仮題)』
台湾アカデミー賞作品賞受賞!
12月6日に発表された「第45回 台湾金馬賞」にて、『ウォーロード/男たちの誓い(仮題/原題:The Warlords/投名状』が、作品賞・監督賞・視覚効果の見事3部門を独占した。
本作はジェット・リー×アンディ・ラウ×金城武の3大スター夢の競演! 激動の清朝末期、義兄弟の契りを結んだ3人の男たちの愛と友情、そして裏切りを壮大なスケールで描いた魂を揺さぶる感動アクション巨編。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ウィル・スミス主演最新作 邦題決定! 『7つの贈り物』

あなたなら受け取れますか?
ウィル・スミスが渾身の演技で挑む主演最新作
『ハンコック』で今年の夏をにぎわせた、ウィル・スミス主演最新作(原題:SEVEN POUNDS)の邦題が『7つの贈り物』で決定しました。
2009年2月、丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショーとなります。
本作では、ウィル・スミスが『ALI アリ』『幸せのちから』でのアカデミー主演男優賞ノミネートに続き、3度目の正直でアカデミー賞受賞も噂される期待作です。今までに観たことのないウィル・スミスの新境地に期待すると共に、ぜひ今後の賞レースにもご注目ください。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ヤッターマン』櫻井 翔さん、福田沙紀さん、衣装について語る

全て本革! アニメを忠実に再現することにこだわり、制作期間に3ヵ月かけた渾身の衣装を発表!
2009年3月7日(土)より全国公開します実写版映画『ヤッターマン』について、これまでベールに包まれていたヤッターマン1号2号変身後の写真を使用したポスターヴィジュアル及び、変身シーンの映像を使用した予告篇が12月6日(土)より各上映劇場にて掲出、上映されることとなりました。
今回の実写化にあたり、原作アニメのキャラクターイメージを損なわないよう再現するために、ディテールまで細かくこだわり、素材はすべて本革を使用しました。このために衣装合わせを4回行い、3ヵ月の制作期間をかけて10回の作り直しを繰り返した渾身の衣装は、細部にいたるまで様々な意匠が凝らしてあります。
また、撮影用、アクション用、バトル用など各衣装を5着ずつ用意。それぞれのシーンに合った質感を出せるよう、革の種類にもこだわり抜きました。キャラクタースーパーバイザーの柘植氏が「イマドキの若者らしいトレンド感を出しつつ、コスプレっぽくならない様に心掛けました」と言うデザインは、流行の腰履き風にかっこよく見えるよう、ズボンには特に気を遣いました。
徐々にその全貌が見えてきた実写版映画『ヤッターマン』。櫻井翔さん、福田沙紀さんから衣装についてコメントも頂戴しております。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

クリント・イーストウッド監督最新作『チェンジリング』初日決定!

クリント・イーストウッド監督最新作
アンジェリーナ・ジョリー主演
『チェンジリング』
2009年2月20日(金)より、日劇3ほか全国ロードショー決定!
衝撃の実話の映画化!
『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』などの作品でハリウッドで最も多くの尊敬と期待を集める巨匠、クリント・イーストウッド。
アカデミー助演女優賞を受賞した『17歳のカルテ』から最新ヒット作『ウォンテッド』までの9年間にハリウッドのトップ・スターの地位を築き上げたアンジェリーナ・ジョリー。アメリカ映画界の至宝ともいうべき2人が、衝撃の実話を元に奇跡のコラボレーションを奏でる感動作を誕生させた。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

オダギリ ジョー主演『悲夢』初日決定

映画『悲夢』
2月7日(土)初日決定
映画『悲夢』の公開が、2月7日(土)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷(アミューズCQN 改め)ほか全国ロードショーに決定致しました。
別れた恋人の夢を見続ける男(オダギリ ジョー)。その男の夢の通りに行動する夢遊病
の女(イ・ナヨン)。
『悲夢』は、出会ったがため狂おしいほど切ない恋に落ち、あらがえない運命に翻弄される男女を描いた悲恋劇です。
世界三大国際映画祭制覇に最も近い監督、キム・ギドクと、話題の主演作が続くオダギリ ジョー、数ある女優の中からヒロインを射止めたのは『私たちの幸せな時間』のイ・ナヨン。奇跡のコラボレーションが実現した本作は、韓国の伝統家屋を舞台に、息苦しいまでに激しいベッドシーン、どこかユーモラスなふたりのやりとり、痛々しいほど切なくも悲しい恋模様が、目を見張るほどの美しい映像とともに描かれております。
狂おしいほど切ない、愛しい人に出会う夢

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

祝★2冠!! 『おくりびと』日刊スポーツ映画大賞 作品賞・監督賞受賞

ご遺体を棺に納める“納棺師”。
一見地味で触れ難いイメージの職業をテーマにしながらも、ユーモアを絶妙に散りばめて、愛すること生きることを紡ぎだす美しい感動作『おくりびと』。
先週発表されました報知映画賞作品賞の受賞に続いて、第21回日刊スポーツ映画大賞の作品賞と監督賞のダブル受賞が決定しました!
12月28日(日)には授賞式が予定されています。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『トワイライト~初恋~』公開2週目に早くも全米1億ドル突破!!

公開2週目(公開から8日目)にして
早くも全米1億ドル突破!!
『トワイライト~初恋~』
原作のシリーズ累計売り上げが2500万部突破、11月21日に全米公開されるやいなや、3日間で約6,960万ドルの興行収入を記録し社会現象化している『トワイライト~初恋~』が、全米公開2週目(公開から8日目)にして早くも興収1億ドルを突破しました。今週末の興行収入は約2,630万ドルで堂々の第3位。平日も安定して動員しており、2億ドル突破の可能性も出てきました。アメリカでは早くも続編制作の撮影が2009年春かとのニュースも飛び交っています。
日本では4月に公開予定。
『トワイライト~初恋~』全米ボックスオフィス (3,417館で11月21日全米公開)
11/21~11/23:第1位($69,637,740)
11/28~11/30:第3位($26,344,032、累計$119,688,000)

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

品川庄司の品川ヒロシ原作・脚本・監督『ドロップ』公開日決定

『ドロップ』
2009年3月20日(金・祝)公開日決定
★ケンカ・恋・悪友、あたりまえをハミだす青春エンタテインメントの傑作が誕生!★
★品川ヒロシが大ベストセラー小説・コミックを自ら映画化!★
★成宮寛貴×水嶋ヒロ、若手トップ俳優W主演!★
品川庄司の品川ヒロシが、派手にドロップアウトする青春を綴った小説「ドロップ」。コミック化もされ累計で250万部に及ぶベストセラーになり、全国不良少年少女に絶大な支持を得たこの物語が、遂に映像化された! 監督は品川ヒロシ自身が手がけ、唯一無比の世界観を構築。
脱・へタレを目指すヒロシ役に成宮寛貴。ヒロシが憧れ、越えようとするカリスマである達也役に水嶋ヒロ。人気・実力共にトップクラスである両者が、互いに初の不良役を大熱演! また本仮屋ユイカ・上地雄輔・中越典子の他、吉本興業所属芸人も多数出演し、熱いドロップワールドを盛り上げる!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ソ・ジソブ×カン・ジファン『映画は映画だ』2009年 春 公開決定

ブロードメディア・スタジオ配給作品『映画は映画だ』が、2009年 春、シネマスクエアとうきゅう他全国公開する運びとなりました。ソ・ジソブ×カン・ジファンW主演、鬼才キム・ギドク原案・製作。映画スターとヤクザ、全く別の世界を生きる2人の男。泥にまみれた生き様をさらし、つかの間の夢を見た男たちのドラマです。
ソ・ジソブ × カン・ジファン W主演
まさに光と影。全く別の世界を生きる、映画スターとヤクザ。対照的な2人の男を演じるのは、韓国で人気・実力ともに最も勢いのあるソ・ジソブとカン・ジファン。ドラマ「ごめん、愛してる」「バリでの出来事」の大ヒットで一躍トップスターに躍り出たソ・ジソブは本作で兵役後初の本格復帰を果たす。俳優を夢見る非情なヤクザという複雑なキャラクターを、特有の物憂げな表情とワイルドなアクションで見事に演じた。そしてもう1人の主役、傍若無人の映画スターを演じたのは、本国はもちろん日本でも人気急上昇中のカン・ジファン。「がんばれ!クムスン」「90日、愛する時間」などの出演ドラマでは端正で優しいイメージの役柄を演じてきたが、本作ではこれまでにない荒々しく激しいキャラクターを演じ、新境地を開拓。壮絶なファイトシーンも鍛え上げられた肉体で完璧に立ち回り、新しい一面を見せた。ソ・ジソブ×カン・ジファン、2人にとっての最高傑作が誕生した!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

西原理恵子原作『女の子ものがたり』映画化決定

人気漫画家 西原理恵子の
『女の子ものがたり』映画化決定!
主演の漫画家役には深津絵里を起用
「ぼくんち」、「毎日かあさん」など独特の画風で人気を博している漫画家、西原理恵子の「女の子ものがたり」は、ハードカバー漫画としては異例の15万部という大ヒットを記録しているベストセラーです。その「女の子ものがたり」がついに映画化されます。
海の見える村から、山と畑と工場に囲まれた街に引越して来たなつみが出会ったのは、みさちゃんときいちゃん。大人になるまでの、しんどくてつまらなくて、けれどあふれるくらい大切な<あの頃>を誰もが思い出さずにはいられなくなる3人の女の子の成長物語。友だちとの交流を通して大人へと成長する過程を描き、逆境にあってもたくましく生きる人生模様を色彩豊かに表現した感動作です。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『レッドクリフ Part I』5週連続1位獲得!!

『レッドクリフ Part I』
2008年実写作品で最高記録!
興収ランキング5週連続堂々1位!
エイベックス・エンタテインメント、東宝東和共同配給作品『レッドクリフ Part I』が興収ランキング5週連続1位となり、公開から30日間で早くも観客動員数300万人、興収37億円を突破致しました。日本で公開された洋画作品の中で、興収ランキング5週連続1位は『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007年5月公開)以来約1年半ぶりとなります。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

タランティーノ製作総指揮『ヘルライド』初日決定

クエンティン・タランティーノ PRESENTS!
トラッシュ・レボリューション 勃発!!
『ヘルライド』
1月17日(土)初日決定!
ムービーアイ配給『ヘルライド』の公開が、2009年1月17日より、シアターN渋谷、銀座シネパトス、新宿武蔵野館他にて全国ロードショーに決定しました。
タランティーノpresents! エンジン全開、灼熱の荒野に轟くハーレーの爆音!
復讐に燃える男たちの壮烈な死闘が今、幕を開ける─。
1960年代末、数々のバイカー・ギャング映画に出演した伝説のカルト・アクター/ディレクター、ラリー・ビショップが監督、出演。共演にはタランティーノ一家のマイケル・マドセン、デイヴィッド・キャラディンに加え、ヴィニー・ジョーンズ、デニス・ホッパーも乱入! 野郎どものグラインドハウス魂に火をつけるヴァイオレンス・アクション超問題作!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース