MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

2008年8月の記事

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』日本公開日決定!

丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
日本公開:2009年7月17日(金)決定!
来夏・全世界主要国同時公開!
ワーナー・ブラザース映画は『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の日本公開を2009年7月17日(金)に決定。
大ヒット・シリーズ「ハリー・ポッター」の第6弾『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の公開日が、全世界的に2009年の夏公開に変更されたとの発表を受け、ワーナー・ブラザース映画は日本公開の初日を2009年7月17日(金)に決定した。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『マンマ・ミーア!』初日決定!

『マンマ・ミーア!』初日決定!
2009年1月30日(金)より、日劇1ほか全国ロードショー
東宝東和配給『マンマ・ミーア!』公開初日が、2009年1月30日(金)と決定した。全米では、7月18日の公開から6週経過した現在もTOP10にランキングしており、落ちの少ない興行ですでに1億ドルを突破、ロングラン・ヒットを続けている超話題作。
本作は、“ダンシング・クィーン”“マンマ・ミーア!”など数々のヒット・チューンを世に送り出したスウェーデン出身のABBAの楽曲で全編を綴った、今現在も超ロングラン中ミュージカルの映画化。トム・ハンクス&リタ・ウィルソン夫妻とABBAのベニー・アンダーソン&ビヨルン・ウルヴァースが製作に参加。監督は、ミュージカル版で演出を手がけたフィリダ・ロイドが務め、傑作ミュージカルを見事にスクリーンに再現し、メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナンをはじめ豪華キャストも、素晴らしい歌声を披露している。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『D-WARS ディー・ウォーズ』公開決定

世界大ヒット 空前のバトル・アクション超大作がついに日本上陸!
『D-WARS ディー・ウォーズ』
公開決定のお知らせ
たった一人のために、全人類は壊滅するのか。
韓国映画史上最高額の製作費35億円で製作された、『D-WARS ディー・ウォーズ』が11月に全国公開が決定致しました。
本作品は2007年度韓国観客動員No.1を獲得した作品で全米でも2,275スクリーンで公開。NYタイムズ読者の検索映画No.1になるなど全米で話題沸騰。監督のシム・ヒョンレは、アジアのジョージ・ルーカスと称されアジア・ウィーク誌では21世紀のリーダーの一人として選ばれている注目の人物です。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『バーン・アフター・リーディング(原題)』公式上映、レッドカーペットレポート

第65回ヴェネチア国際映画祭
オープニング上映作品
Burn After Reading
『バーン・アフター・リーディング』(原題)
公式上映、レッドカーペットのご報告
ヴェネチア国際映画祭
♪ブラピ&ジョージ・クルーニーで豪華に開幕♪
ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンの超豪華キャスト共演、アカデミー賞作品賞受賞監督ジョエル&イーサン・コーエン待望の次回作、 『バーン・アフター・リーディング』(原題)が、第65回ヴェネチア国際映画祭のオープニング作品として、イタリア時間8月27日(水)夜、日本時間8/28(木)未明に公式上映とレッドカーペットセレモニーが行われました。
ヴェネチア国際映画祭初日にして、最大の目玉イベントとして、非常に注目度が高かった本作、豪華出演人による華やかなレッドカーペットになり、多くの日本人監督による出品の多い今年のヴェネチア国際映画祭の開幕として第一弾の打ち上げ花火となりました。
来場者:ブラッド・ピット/ジョージ・クルーニー/ティルダ・スウィントン/フランシス・マクドーマンド/イーサン・コーエン(監督)/ジョエル・コーエン(監督)
そのほか、クラウディア・シファー(スーパーモデル)、ヴィム・ヴェンダース(映画祭審査委員長)

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』邦題&初日決定!

ギレルモ・デル・トロ監督最新作
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
邦題&初日決定!
東宝東和配給、「HELLBOY II:THE GOLDEN ARMY」の邦題が、『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』に決定した。公開は、2009年1月9日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。
本作は『パンズ・ラビリンス』でアカデミー賞を受賞したギレルモ・デル・トロ監督の最新作で、全米ではカリスマ的な人気を誇るコミックス「ヘルボーイ」の映画化第2弾となる。7月11日に全米で公開され興行収入第1位を獲得。今回は魔界最強の敵を相手に死闘を繰り広げるという内容で、前作を上回るアクションに加え、ロマンスやエコロジカルな題材も盛り込まれ、ファンタジック・アクションの娯楽大作に仕上がっている。また、大型タイアップも既に決まっており、大手スポーツメーカー「アディダス」が世界規模でオリジナル・スニーカーを製作・販売するほか、原作コミックスの発売、映画の出演者たちがボイス・キャストをつとめるオリジナル・アニメーションのリリースなどが決まっている。なお、この秋にはギレルモ・デル・トロ監督の来日も予定されており、年末にかけてかつてない「ヘルボーイ」ブームが到来する。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

映画×ドラマ『赤い糸』 原作3600万PV突破!&イベント開催レポート

映画×ドラマ『赤い糸』
原作3600万PV突破!&イベント開催レポート
伝説のケータイ小説『赤い糸』が、この冬2つのメディアで映像化(映画が12月20日全国公開、連続ドラマがフジテレビにて12月よりスタート)されます。
同キャスト・同スタッフによる同時期の映像化という初めての試みに挑戦したこの『赤い糸』は、すでに7月中旬よりクランクイン。撮影も順調に進んでおり、9月頭には映画がクランクアップ予定です。
原作となったケータイ小説『赤い糸』は、現在も日々そのアクセス数を増やし、累計3600万という驚異的な数字を記録しています(08年8月22日現在)。
また、去る8月26日(火)、お台場冒険王ファイナル「冒険王スタジアム」にて、「めざましライブ’08 HY with 赤い糸」が開催され、主題歌を歌うHYのライブへ、「赤い糸」のキャスト総勢11名が駆けつけました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

ブラッド・ピット×ジョージ・クルーニー×ジョン・マルコヴィッチ豪華競演『バーン・アフター・リーディング(原題)』

第65回ヴェネチア国際映画祭 オープニング上映作品 『バーン・アフター・リーディング(原題)』記者会見
ブラッド・ピット×ジョージ・クルーニー×ジョン・マルコヴィッチ豪華競演
『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞&監督賞&脚色賞受賞
ジョエル&イーサン・コーエン監督 待望の最新作!!
ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンの超豪華キャスト共演、アカデミー賞作品賞受賞監督ジョエル&イーサン・コーエン待望の次回作、 『バーン・アフター・リーディング』(原題)が、第65回ヴェネチア国際映画祭のオープニング作品として上映されることになりました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『デス・レース』11月29日全国ロードショー決定

この度、映画『デス・レース』が11月29日より有楽座ほか全国公開することが決定しました。『バイオハザード』『エイリアンVSプレデター』の鬼才ポール・W.S.アンダーソンが伝説のアクションムービー『デスレース2000』を完全復活させ、全米でスマッシュヒットを記録している話題作です。ストーリーの巧妙さはさることながら、近未来の幻想的な世界を見事に表現したその映像美は圧巻です! ダイナミックなアクションシーンも満載。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.19 『レッドクリフ Part I』

ジョン・ウー監督悲願の映画『レッドクリフ Part I』を完成披露試写で観賞。製作費100億円ともいわれるこの超大作は『三国志』の中でもっとも激戦となった赤壁の戦いにスポットを当てた映画。製作発表からかなりの時間が経ち、いつ完成するのだろう?と思っていましたが、ようやく11月に公開になります。
当初、渡辺謙さんが曹操、チョウ・ユンファが劉備、トニー・レオンが諸葛亮孔明、さらに周瑜にはアンディ・ラウが候補に挙がるなどと様々な報道がありましたが、いつの間にか渡辺さんの名前は消え、チョウ・ユンファが周瑜、トニー・レオンが孔明となったかと思ったらトニー・レオンが降板を発表。代わりに金城武さんが諸葛亮孔明を演じることに……と安心していたら今度はチョウ・ユンファが降板。代わりにトニー・レオンが返り咲き周瑜役に……と、紆余曲折の繰り返し。
結果的には、そのおかげでいい配役になったんじゃないかなと思います。チョウ・ユンファは劉備や周瑜というイメージはないですよねぇ。赤壁の頃にはもういませんが、董卓なんかはまるかと(^_^;)
配役はともかくとして、この映画、ひと言で言うとすばらしい映画です。

→続きを読む

コラム, 歴史物・偉人物映画          

『イントゥ・ザ・ワイルド』公開記念イベント

「不屈のハート大集合」
オリンピック三連覇 柔道家 野村忠宏選手が登場!
8月25日(月)東京FMホールにて、本前人未到の<オリンピック3連覇を成し遂げた、柔道家の野村忠宏選手をお迎えして映画『イントゥ・ザ・ワイルド』(9月6日より全国ロードショー)公開記念“不屈のハート大集合”と銘打ったイベントを行いました。
大学を優秀な成績で卒業した後に全てを捨ててアラスカの奥地に一人分け入り、“自分を信じて強く生きる” 『イントゥ・ザ・ワイルド』の主人公クリスの姿は、まさに北京オリンピック一色に沸いたこの夏、不屈の闘志で日本中を熱くしてくれたメダリストたちの姿に重なります! 前人未踏のオリンピック三大会連続金メダルの偉業を遂げた野村選手ですが、“アトランタで金を取った後は、恐怖心やプライドなどが邪魔をして、純粋に自分が信じる道を進むことが困難だった時期があった”とのこと。“そのことを考えると、主人公クリスのまっすぐな生き方、自分が信じた道を突き進むスタイルは、羨ましく思えた。そして北京オリンピックに出場できなかったという屈辱を乗り越え、今後の自分の柔道人生について、自分もこうあらねばならぬ”と、この映画を観てその思いをより強くしたそうです。以下が野村忠宏さんの発言となります。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

中川翔子も参加!『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』初日舞台挨拶決定

『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』初日舞台挨拶決定
豪華声優陣/原作・脚本 中島かずき/主題歌 中川翔子も参加
初日舞台挨拶 開催決定!
2007年4月の放送開始から、アニメ界を席巻したTV アニメーション『天元突破グレンラガン』の劇場映画化プロジェクト『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』がいよいよ9月6日(金)に全国ロードショーとなります。アフレコはオール録りおろし、音声だけでなくテレビシリーズ1話分にも及ぶ新カットが追加されることで注目を浴びる本作。その公開初日の9月6日(金)、主演声優・メインスタッフ等による舞台挨拶の開催が決定しました。会場は池袋シネマサンシャインと吉祥寺バウスシアターのなんと2会場。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『言えない秘密』舞台挨拶レポート

『言えない秘密』公開記念
グイ・ルンメイの舞台挨拶を開催!!
現役女子大生モデル椿姫彩香と“秘密”を暴露!
8月23日より公開された『言えない秘密』の主演女優グイ・ルンメイが来日し舞台挨拶を行いました。
台湾の“長澤まさみ”と評される若手人気女優グイ・ルンメイ(24)の来場に、会場となる新宿武蔵野館には雨の降る中、早朝5時から行列ができ始め、7時50分には立ち見を含めて完売となる盛況。舞台挨拶には同じ年齢でお互いにフランス留学経験を持ち、本作に共感した、性同一性障害を抱え、現在は現役女子大生モデルとしてテレビや雑誌で活躍中の椿姫彩菜がスペシャルゲストとして来場し、花束贈呈を行い会場は盛り上がった。
8月24日(日)午後 新宿武蔵野館にて

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.18 『ハンコック』

ハンコックウィル・スミス主演のヒーロー映画『ハンコック』をマスコミ試写で観賞。アメリカのヒーロー映画というのはDVDやテレビでは観るものの、映画館であまり観たことがありません。しいていうと劇場試写で観た『スーパーマンII 冒険編』『スーパーマンIII 電子の要塞』ぐらいでしょうか。
今回の『ハンコック』に関しては、その予告編からして、これまでのヒーロー物とは違うなという雰囲気があり、ちょっと楽しみにしていました。飲んだくれで迷惑かけっぱなしのヒーローというのはあまりいませんよね。また、これまでのヒーロー物ともっとも大きく違う点、それは、

→続きを読む

コラム, 特撮映画          

『GSワンダーランド』初日決定!!

『GSワンダーランド』
11月15日(土)初日決定!!
この度、栗山千明×石田卓也主演の話題作『GSワンダーランド』の初日が2008年11月15日(土)に決定いたしました。
本作では、GSがブームとなった時代を背景に、音楽に青春を賭けてショービジネスの世界に飛び込んだ若者たちが、大人たちに翻弄されながらも、熱く輝いた様をコミカルに描いています。劇中のバンド“ザ・タイツメン”には初の男装にチャレンジした栗山千明と見事な歌声を聞かせる石田卓也、人気・実力共に急上昇中の水嶋ヒロと浅利陽介の4人。
また、元ザ・タイガースの岸部一徳や歌唱力でも魅せる温水洋一、武田真治や大杉漣、杉本哲太といった個性的な演技派俳優陣が多数出演。いつまでも耳に残るキャッチーな主題歌「海岸線のホテル」を数々のGSの名曲を生んだゴールデンコンビ(作詞・橋本淳、作曲・筒美京平)が手がけたことも話題になっています。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『彼が二度愛したS』業界初!? 異例の男女別予告編

ヒュー・ジャックマン×ユアン・マクレガー
『彼が二度愛したS』
業界初!? 異例の男女別予告編
2008年11月に全国公開が決定した、ヒュー・ジャックマン(『X-MEN』シリーズ)、ユアン・マクレガー(『スターウォーズ』シリーズ)、そして新世代のファム・ファタールとして、又現在公開中の映画『ダーク・ナイト』撮影中急逝した故ヒース・レジャーの元恋人であり、彼との間に一女をもうけている、今最も注目されている女優ミシェル・ウィリアムズ出演のこの秋最高品質のラブ・サスペンス映画『彼が二度愛したS』。セクシャルでいてピュア、手に汗握る男二人の騙しあい、そして予測不可能な展開の内容から、8月23日(土)から劇場にて、業界初!? 男女それぞれの視点や感性による、異例の男女別バージョンの予告編展開を行います。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

DAIGO『ウォンテッド』日本語吹替版アフレコ会見リポート

DAIGO“めっちゃ台本ぶ厚うぃっしゅ”
『ウォンテッド』日本語吹替版
アフレコ会見リポート
東宝東和配給、アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ主演のアクション超大作『ウォンテッド』の日本語吹替版で、主人公ウェスリー役を演じるロックミュージシャン、DAIGOさんのアフレコ会見が8月21日(木)AVACOスタジオにて実施されました。
Q:声優初挑戦について
初挑戦でいきなり主役だったんで、初っ端はビビッたっスねぇ。“めっちゃ台本ぶ厚うぃっしゅ”だったのでコレ全部やるのかと……。けど作品見たらイイ感じに激アツの映画だったんで、やるしかないっしょという気分になりましたね。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

大林宣彦監督『その日のまえに』 東京国際映画祭出品決定

大林宣彦監督待望の新作!
『その日のまえに』
東京国際映画祭出品決定のお知らせ!
主演:南原清隆 永作博美
原作:重松清(文藝春秋刊)
「※第4回輝く!ブランチBOOK大賞」受賞作
※TBS系列「王様のブランチ」にて選定
昨年、古希を迎えた日本映画界の重鎮、大林宣彦監督の待望の新作『その日のまえに』。11月上旬の劇場公開に先駆け、
第21回東京国際映画祭(10/18~10/26)
“日本映画ある視点”部門への出品が早くも決定いたしました!
育ち盛りの2人の息子を持つ健大(南原清隆)の妻とし子(永作博美)は突然、病に倒れ余命を宣告される。“明日”を断ち切られた健大は、とし子とともに「その日」に向けて、子供たちの将来のことなどを考えたり、かつて結婚当時に暮らした街を訪ねたり、残り少ない日々を工夫しながら一所懸命に生きていく。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ダークナイト』ついに全米歴代興行収入2位に!!

『ダークナイト』
公開31日間で『スター・ウォーズ』(1977)の記録を破り
累計興収4億7149万ドルに到達!
歴代1位『タイタニック』超えへ期待がかかる

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ジャージの二人』鮎川誠×中村監督トークショーレポート

『ジャージの二人』
鮎川誠×中村監督
トークショーのご報告
暑い夏を吹き飛ばす、大人の夏休み映画『ジャージの二人』。本作のスマッシュヒットを記念して、堺雅人演じる主人公の父役を演じた鮎川誠(シーナ&ロケッツ)と中村義洋監督による「お盆休み、大人の夏休み ~ジャージな二人トークショー」を開催致しました。本作は7月19日恵比寿ガーデンシネマ、角川シネマ新宿、銀座テアトルシネマで公開。
角川シネマ新宿シネマ2においては、公開1週間動員・興収の歴代1位の記録を叩きだした。
現在も立見が出るほどの盛況。8月2日、川崎チネチッタ、名古屋センチュリーシネマ、8月9日、横浜ニューテアトル、福岡KBCシネマで公開。各地好調スタートを切っている。
今後は8月16日、札幌シアターキノ、梅田ガーデンシネマ、京都シネマ、シネ・リーブル
神戸その後全国順次公開。前売券も好調に数字を伸ばしている。
日時:8/13(水)17:15の回上映後、18:50~19:05
登壇:鮎川誠(シーナ&ロケッツ)、中村義洋監督

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

スティーヴン・セガール『弾突 DANTOTSU』スペシャル待ち受け提供

スティーヴン・セガール芸能生活20周年記念作
『弾突 DANTOTSU』
みうらじゅん × セガール
スペシャル待ち受け画像提供
男は、人生を変えるため「沈黙」を破り修羅となる!
あなたの待ち受けも修羅となる!!
スティーヴン・セガールが日本初出演(1988年『刑事ニコ/法の死角』)してから20年という記念すべき年を迎えました。そして、この記念すべき作品『弾突 DANTOTSU』において、サブカル界のカリスマ的存在、みうらじゅん氏とのスペシャルコラボが実現!! セガールの芸能生活20周年を祝し、セガール特別イラストを書き下ろしていただきました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース