MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

2008年9月の記事

スピルバーグ×シャイア・ラブーフ『イーグル・アイ』全米初登場1位!!

スティーブン・スピルバーグ×シャイア・ラブーフ
コンビ最新作
『イーグル・アイ』
全米公開初登場1位!!
9月公開作品では歴代4位!の好スタート
角川映画=角川エンタテインメント配給『イーグル・アイ』が9月26日、全米3510館で公開され、3日間で興収29,150,721ドルを記録し初登場1位の大ヒットスタートを切った。
9月に公開された作品の中では全米興行史上第4位の成績。本作品は全米で秋公開の一番の注目作としてかねてより期待が高く、それに応える形での好成績となった。客層は男女比がほぼ半々で年齢層も幅広い上、作品の評価も大変高いため、口コミからの広がりで2週
目以降の数字も期待できる。
全米以外でも、タイやフィリピンでも第1位となり、その他オーストラリアや南米各国でも順調な滑り出しとなり、日本公開に向けてもさらなる追い風となった。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『アンダーカヴァー』正月第一弾ロードショー

ハリウッドが贈る、リベンジアクションの決定版!
『アンダーカヴァー』
★スタイリッシュで、セクシー! そして、心につきささる映画。ディパーテッドより激しく、面白い!(FOX TV)
★この映画には本物の緊迫感がある。スリリングなシーンの連続と家族の絆は『ゴッドファーザー』を彷彿させる。(Chicago Sun Times)
12月27日正月第一弾として、新宿ミラノ3他にて全国公開することが決定しました。
ジェームズ・グレイ監督、ホアキン・フェニックス、マーク・ウォールバーグ主演映画『アンダーカヴァー』。
『裏切り者』で共演し、ジェームズ・グレイの才能に惚れ込んだホアキン・フェニックスとマーク・ウォールバーグが再びタッグを組んだ、本格派リベンジアクション!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

加藤ローサ主演『天国はまだ遠く』公開初日決定

『天国はまだ遠く』
11月8日公開初日決定!!
加藤ローサ×徳井義実(チュートリアル)-異色コンビ、映画初共演!
人気作家の瀬尾まいこの小説『天国はまだ遠く』(新潮社)を、『夜のピクニック』など青春映画の名手、長澤雅彦が監督した『天国はまだ遠く』が公開されます。ヒロイン千鶴役には『夜のピクニック』や『デトロイト・メタル・シティ』等、映画やテレビで活躍中の加藤ローサ。千鶴を静かに見守る田村に、今回が映画俳優として本格デビューとなるチュートリアルの徳井義実。せつなくも温かい大人の恋愛ファンタジー映画が誕生しました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

キアヌ・リーブス主演最新作『地球が静止する日』前売り券発売開始

『地球が静止する日』公開まであと90日!!
キアヌの声が毎日聞ける!!!
<キアヌ・リーブス生声メッセージ入りボールペン>付き前売り鑑賞券ついに本日9月20日発売開始!
キアヌ・リーブス主演で贈る、“地球史上最大”のSFアクション超大作『地球が静止する日』の日本公開が本日よりちょうど90日後の、12月19日(金)に迫ってまいりました! そして本日9月20日(土)より、いよいよ全国の劇場にて前売り券の発売が順次スタート!(一部劇場を除く)
前売り券を購入すると、映画史上初の試みとなるステキなサプライズが!!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『その土曜日、7時58分』公開日決定

『その土曜日、7時58分』の公開日初日が10月11日に決定いたしました。
ストーリー
ニューヨーク。一見だれもがうらやむ優雅な暮らしをしていた会計士のアンディは、離婚し娘の養育費もまともに払えない弟ハンクに禁断の企てを持ちかける。それは実の両親が営む宝石店への強盗計画だった。
その土曜日、7時58分。最悪の誤算を引き金に、次々とあらわになる真実。そして急速に追いつめられていく二人の運命は……。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『戦場のレクイエム』2009年新春第2弾 公開決定

第21回東京国際映画祭 特別招待作品
『戦場のレクイエム』
2009年新春第2弾 公開決定
本作は、『女帝[エンペラー]』のフォン・シャオガン監督が、 中国“国共内戦”を美化することなく、勝利の裏に隠された悲劇と、その後に続く感動の物語を迫力溢れる映像と卓越した演出力で描いた戦争ドラマです。
中国で公開されるや驚異的な興行収入を記録し、先日閉幕いたしました中国のアカデミー賞に当たる「第17回金鶏百花映画祭」では、最優秀作品賞、最優秀監督賞(フォン・シャオガン監督)、最優秀主演男優賞(チャン・ハンユー)、最優秀助演男優賞(タン・チャオ)と、見事主要4部門を受賞する栄誉に輝きました。
また、第21回東京国際映画祭では、特別招待作品として10月23日(木)に上映されることが決定しており、同映画祭に合わせてフォン・シャオガン監督の来日も予定しております。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『アイアンマン』秘書試写会レポート

誕生する──世界最強のCEO
『アイアンマン』
日本のペッパー・ポッツが大集合!
─ 秘書試写会 ニュース ─
いよいよ9月27日(土)に日本公開を迎えますロバート・ダウニーJR.主演『アイアンマン』につきまして、昨日、秘書試写会を行いました。
ぐるなび「こちら秘書室」TSUTAYA onlineのコラボ企画である本イベント。劇中主人公トニー・スタークを陰ながらに支える頭脳明晰で美しい敏腕秘書ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)の活躍も見逃せない本作を一足早く観ようと、現役秘書たちが集いました。
アンケートでは、ペッパー・ポッツに共感した点について「従うだけでなく自分の意志をきちんと持っている」「仕事・上司に忠実で献身的」と秘書らしい意見がある一方「ボスに恋心を抱くところ★」というドキっとするものも。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

大林宣彦監督『その日のまえに』公開日決定

『その日のまえに』
公開日11月1日(土) に決定
大林宣彦監督、待望の新作『その日のまえに』を、11月1日(土)より角川シネマ新宿他にて全国公開することになりました。
乞うご期待ください!!
★「輝く! ブランチBOOK大賞」受賞作待望の映画化!
★第21回東京国際映画祭 日本映画・ある視点正式出品

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『初恋の想い出』 フォ・ジェンチイ監督来日インタビュー

10月4日(土)公開!
『初恋の想い出』
フォ・ジェンチイ監督(『山の郵便配達』)来日インタビュー・レポート
ブロードメディア・スタジオ配給作品『初恋の想い出』が、渋谷シアターTSUTAYAほか全国順次公開となります。
本作品は『山の郵便配達』のフォ・ジェンチイ監督最新作となり、80年代の中国を舞台にした切ないラブストーリーです。家族に反対されながらも愛を貫く2人の男女を『レッドクリフ』の公開を控えるヴィッキー・チャオと人気若手俳優ルー・イーが演じております。
本作品の公開に先立ちまして、フォ・ジェンチイ監督が今月10日(水)・11日(木)に緊急来日いたしました!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

週刊少年ジャンプ連載『ピューと吹く!ジャガー』長編アニメ劇場公開決定

週刊少年ジャンプ連載8年、累計発行部数700万部を誇る大ヒットギャグマンガ
『ピューと吹く!ジャガー』
「鷹の爪」でおなじみの“蛙男商会”によるオリジナル脚本で、長編アニメ化、劇場公開決定!!
「週刊少年ジャンプ」にて連載中『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介原作、集英社刊)の劇場版アニメの製作が決定致しました。
制作を手掛けるのは、映画『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE』でおなじみの“蛙男商会”。『ピューと吹く!ジャガー』と“蛙男商会”がタッグを組むのは、昨年発売されるやいなや異例のヒットを叩き出し、ファンからの熱い支持と評価を受けたFlashアニメDVD版『ピューと吹く!ジャガー』(全3巻/販売:リバプール)に続き2度目となります。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.23 『大決戦!超ウルトラ8兄弟』

LIGHT IN YOUR HEART ウルトラマン限定盤TOHOシネマズ錦糸町にて『大決戦!超ウルトラ8兄弟』観賞。前作の『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』はDVDで観たのですが、今回はウルトラマンティガが主役ということで劇場で観ることにしました。
今作の目玉はなんといっても平成ウルトラマンと昭和ウルトラマンの共演につきると思います。ウルトラマンの初放映から40年以上が経過した今でも続くシリーズということを考えると、特定の年齢以上の方を除けば、ほぼ日本人共通の記憶となっているわけで、昭和・平成を共演させることで幅広い年齢層にアプローチできる作品です。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          

『北斗の拳』生誕25周年記念イベント「帰零祭 結魂式」レポート

常に時代を揺るがし続けるマンガ『北斗の拳』。生誕25周年という節目の日に、北斗の拳で育った子供達が恩返しすべく、ケンシロウとユリア、北斗の拳とファンの魂の結びつく宴「結魂式」が開催されました。
9月13日(土)、日本青年館にて『北斗の拳』生誕25周年イベントが執り行われた。メインテーマはケンシロウとユリアの魂の結びつきを具現化した『結魂式』。漫画では描かれなかった二人の空白の時間。『結魂式』が原点(ゼロ)に帰るための道しるべとなった。会場には抽選で選ばれたファン777名と招待客らがその厳かな式を見守った。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.22 『仮面ライダー対じごく大使』

仮面ライダー THE MOVIE VOL.1観賞映画振り返りコラムの2回目は『仮面ライダー対じごく大使』。1980年代に入るとかなり傾向が変わってくるのですが、1970年代前半に観た映画なので、特撮映画やアニメ映画ばかりが続きます……って今もあまり変わりないか(^_^;)
第1話の放送開始からどっぷりはまっていた仮面ライダー。この頃一大ブームを巻き起こしていたわけですが、周りに聞いてもたいがい途中からという人が多かったですね。まだビデオなどがある時代ではなく、放送を見逃したら再放送がない限り観られない、そういう時代でした。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          

『次郎長三国志』マキノ雅彦監督、次郎長の墓でヒット祈願

マキノ雅彦監督、中井貴一主演『次郎長三国志』の公開に先立ちまして、マキノ雅彦監督が清水の次郎長のお墓を訪ね、ヒット祈願を行いました。
マキノ(津川)雅彦監督、清水の次郎長のお墓にヒットを祈る!
本日『次郎長三国志』(9/20全国公開)の監督マキノ雅彦が“清水の次郎長”のお墓がある梅蔭禅寺(静岡市清水区)を訪ねお参りした。清水の次郎長とは、20歳の頃から喧嘩博打に身を投じ、やがて東海道一の大親分になり、明治維新には清水の治安を政府から任され、三保の開発や富士山麓の開墾など清水に貢献した人物。梅蔭禅寺には、1893年に没した清水の次郎長の他、女房のお蝶や子分の大政、小政らの墓もある。いよいよ来週に公開を控え、次郎長の故郷であるこの清水にやってきたマキノ監督は、次郎長の墓に手を合わせ、「次郎長(とお蝶)一家のことは、映画の撮影前に色々調べました。改めて梅蔭禅寺のお墓の前に立ってみて、この一家の物語をどうぞ、たくさんの皆さんに見て頂けるようにと、お願いしました。」とコメントした。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『おくりびと』第81回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門 日本出品作品に決 定!!

映画『おくりびと』
第81回米国アカデミー賞
最優秀外国語映画賞部門 日本出品作品に決定!!
ご遺体を棺に納める“納棺師”。一見地味で触れ難いイメージの職業をテーマにしながらも、ユーモアを絶妙に散りばめて、愛すること生きることを紡ぎだす美しい感動作『おくりびと』。
本日、社団法人日本映画製作者連盟の発表にて『おくりびと』が第81回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門の日本出品作品に決定いたしました!
2009年1月22日に発表されるノミネート作品に選出されれば、同年2月22日に開催される第81回米国アカデミー賞授賞式に進むことができるため、第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続く快挙に期待が膨らみます!
第81回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門への正式エントリーとして『おくりびと』滝田洋二郎監督作品(松竹株式会社)が決定しました。
出演者・監督のコメント、出品作品選考委員・品田雄吉選考委員長のコメントは以下の
とおりです。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『P.S.アイラヴユー』ジェラルド・バトラー記者会見

世界40カ国以上、全世界500万人以上が涙した純愛小説の完全映画化!
『プラダを着た悪魔』プロデューサー×『マディソン郡の橋』脚本家
2005年『オペラ座の怪人』『Dear フランキー』、2007年『300<スリーハンドレッド>』
それから約1年ぶりの来日にファン熱狂!!
“世界の恋人”ジェラルド・バトラー 9月11日(木)記者会見ご報告
あの衝撃の“9・11”についても語る!

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.21 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦』

三大怪獣 地球最大の決戦当ブログを立ち上げてからあっという間に3ヵ月。せっかくこういう場を作ったのだから、昔の映画も取り上げてみようかと思います。ただ、テレビやビデオで観た映画まで扱っているときりがないので、あくまでスクリーンで観た映画ということでまずは『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦』
私が映画館で観たと記憶している映画の中でもっとも古い映画はディズニーの『白雪姫』なのですが、いつ観たのかわからず(たぶん1960年代後半)、覚えている内容としては女王が魔法の鏡と話しているシーン(怖かった)、女王が魔女として毒リンゴを作っているシーン(これはさらに怖かった)だけが強烈な印象に残っているぐらいでコラムを書きようがないので、その次に観たこの映画にしました。

→続きを読む

コラム, 特撮映画          

『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』トロント国際映画祭 レッドカーペット報告

『チェ 28歳の革命』
『チェ 39歳 別れの手紙』
トロント国際映画祭 レッドカーペットのご報告
今なお、たった一枚の写真で人の心に革命を起こす男、チェ・ゲバラ
20世紀最大のカリスマの美しき39年を描く、“生”と“死”の2部作!
トロント時間9月9日(火)、2008年度トロント国際映画祭にて、20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラのドラマティックな生き様を描いた超大作『チェ 28歳の革命』が特別上映されました。
本作はチェ・ゲバラが28歳でキューバに渡り、革命を成し遂げるまでをヒロイックに描く『チェ 28歳の革命』と、貧者を救うために家族と別れを告げ、更なる革命闘争の末、39歳で射殺されるまでをエモーショナルに描く『チェ 39歳 別れの手紙』の二部構成からなる超大作。先にカンヌ映画祭で世界初お披露目となり、主演のベニチオ・デル・トロが最優秀主演男優賞を獲得したことでも注目されましたが、トロント映画祭でも多くの観客たちを賑わしました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『P.S.アイラヴユー』ジェラルド・バトラー来日

『P.S.アイラヴユー 』
ジェラルド・バトラー来日
9月9日(火) 成田空港到着のご報告
世界40カ国以上、全世界500万人以上が涙した純愛小説の完全映画化!
『プラダを着た悪魔』プロデューサー×『マディソン郡の橋』脚本家
『オペラ座の怪人』『300<スリーハンドレッド>』
そして今回久々の来日にファン殺到!!
「まだ“さよなら”は言えないんだ。」
余命半年を宣告された夫は、愛する妻へ10通のラブレターを残した……。
愛する人との永遠の別れと喪失感、そして人生の再出発を描いた、2008年最高の感動作『P.S.アイラヴユー』が、いよいよこの秋、10月18日(土)より全国公開となります。
本作で、愛する妻へ10通のラブレターを遺した夫を演じ、世界中の女性を虜にしたジェラルド・バトラーが、成田空港に到着し、詰め掛けたファンを沸かせました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

重松 清原作『青い鳥』、阿部 寛主演で映画化 公開日決定

重松 清原作『青い鳥』待望の映画化!
阿部 寛主演
第21回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」出品決定!
文部科学省 特別選定(少年向き/青年向き/成人向き) 選定(家庭向き)
日活+アニープラネット配給の「青い鳥」の公開が、11月29日(土)に決定しました。
阿部寛が吃音の臨時教師役に挑戦した話題作です。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース