MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『ブラック★★ロックシューターDF』第11話 平和構築軍が砲撃を開始! ついに最終決戦

好評放送中のTVアニメ『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』。
その第11話の場面カットが届きました。

ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

●ep11「The Moon Is a Harsh Mistress」
大佐のもとへ偵察部隊から、急激に鉄海が広がっているとの緊急連絡が入る。想定外の出来事に大佐らも戸惑いを隠せない。さらに天文台より、月面から兵器らしきものの打ち上げが確認されたこと、軌道エレベーターが接続されたとの報告が。それでも大佐は、エンプレスを軌道エレベーターの間近まで送り込み、破壊することを目的とする作戦を全軍に伝える。着弾1時間前。平和構築軍の自走砲部隊が砲撃を開始! ついに最終決戦が始まった。

●ep10「Titanomachia」カットが公開
脚本:吉上 亮
絵コンテ:村山公輔
演出:青木youイチロー
作画監督:野中正幸、中川 耀、西山実果

ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

「ライトハウスNo.8」のラボ跡地では、教育機関と平和構築軍との戦いが続いていた。その戦いを軌道エレベーターの傍から見下ろしていたルナティックが、地上へ向けて強力なビームを発射。そして、攻防戦を繰り広げるデッドマスターとストレングスの前に降臨したルナティックは、復活したスマイリーに任せる。

ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

その頃、ラボの調整室では大佐がシャーロットに襲われ、トドメを刺されようとしていた。そこに現れたエンプレスがシャーロットを取り押さえると、彼女の意識を奪い眠らせる。応急処置を受けた大佐が目を覚ますと、シャーロットは再調整ポッドのなかに。しかし、武装解除できても、洗脳そのものが解けるわけではない。望みをかけて、大佐が再調整装置を稼働させる。

ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

公式サイト:https://blackrockshooter-dawnfall.com/
公式Twitter:@project_brsDF

©B★RS/ブラック★★ロックシューター DAWN FALL製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『ブラック★★ロックシューターDF』第9話 ラボの調整室で大容量記憶媒体を発見するエンプレスたち

『ブラック★★ロックシューターDF』第8話 軌道エレベーターと接続されるまであと二週間

→『ブラック★ロックシューター』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ