MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『文豪とアルケミスト』第8話 その男は自分を想う者について問いかける

好評放送中のTVアニメ『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』。
その第8話の場面カットが届きました。

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

●第8話「人間失格 前編」
脚本:熊谷 純
絵コンテ:久慈悟郎
演出:安東大瑛
作画監督:小川 茜、 近藤瑠衣
総作画監督:中嶋敦子
美術監督:緒続 学

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

その男は仲間たちに問いかける。「自分を想う者」の内面について。仲間は語る。嫌なやつではないが、たいそうダメなヤツで、人の気持ちがわからないところもあるが誰よりも優しかった、と。生きる才能は足りていなかったが、それでも諦めず、道化でありながらも、人間であろうとした、と。

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

男は迷っていたが、「自分を想う者」の作品に触れてみる決心をつける……。

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

公式サイト:https://anime-bungo-alchemist.com/
公式Twitter:@Anime_BunAl

©DMM GAMES/文豪とアルケミスト製作委員会・テレビ東京

●次の記事もオススメ ——————
『文豪とアルケミスト』第7話 大殿に娘を奪われた、都一の絵の腕前の男

『文豪とアルケミスト』第6話 騒ぎを鎮めよう、ある提案を持ちかける

→『文豪とアルケミスト』の記事を探す

→2020年4月アニメ新番組特設ページ