MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『BAKUMATSUクライシス』第7話 「時辰儀は自分が作った」と告げる晴明

好評放送中のTVアニメ『BAKUMATSUクライシス』。
その第7話の場面カットが届きました。

BAKUMATSUクライシス

●第7話「時辰儀誕生! 運命のキョウダイ」
脚本:神沢ミホ
絵コンテ:西村純二
演出:吉田俊司
作画監督:大塚八愛、青木真理子、清水勝祐、江森真理子

BAKUMATSUクライシス

「もしこのまま時辰儀を手に入れて刻を本来の流れに戻すことになれば……」
龍馬が時辰儀を手に入れたのではないかとにらんだ桂は、何としても高杉よりも先に手に入れたいと願う理由をついに龍馬に打ち明ける。桂の気持ちを知っても、あくまではぐらかす龍馬。しかしその手には時辰儀が握られていた……。

BAKUMATSUクライシス

BAKUMATSUクライシス

一方晴明から、「時辰儀は自分が作った」と知らされる高杉。時辰儀がどうやって生まれたのか。真実を確かめるために、晴明の不思議な力で過去へとさかのぼる。その先には幼い帝と晴明がいた――。

BAKUMATSUクライシス

BAKUMATSUクライシス

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/BAKUMATSU
公式Twitter:@BAKUMATSU_info

(C) FURYU/BAKUMATSU製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『BAKUMATSUクライシス』第6話 “正しき刻の流れに戻す”という高杉

『BAKUMATSUクライシス』第5話 子供たちが持つ金平糖に興味を持つ霞と雹

→『BAKUMATSU』の記事を探す

→2019年4月アニメ新番組特設ページ