MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『BAKUMATSUクライシス』第6話 “正しき刻の流れに戻す”という高杉

好評放送中のTVアニメ『BAKUMATSUクライシス』。
その第6話の場面カットが届きました。

BAKUMATSUクライシス

●第6話「時辰儀暴走! 京都のセイシする日」
脚本:竹内利光
絵コンテ:小林一三
演出:前園文夫
作画監督:飯飼一幸、小林一三、青柳謙二、小笠原理恵

BAKUMATSUクライシス

「この所、桂の様子がおかしいんだよ」
時辰儀が気配を消してしばらく、桂はひとりで時辰儀について調査を進め始めたらしい。その動きを気にする高杉は、龍馬に相談を持ちかける。亡き吉田松陰先生の教えに従い、桂と時辰儀を取り戻して“正しき刻の流れに戻す”と言い張る高杉。しかし、それは本当に“正しい”ことなのか――。

BAKUMATSUクライシス

BAKUMATSUクライシス

問いかける龍馬に言葉を詰まらせた時、ふたりはふと異変を感じ、外へ出る。すると……周囲の時間が止まっていた!! この機に乗じて巨城スサノオに乗り込むことを提案する高杉。その目的とは――。

BAKUMATSUクライシス

BAKUMATSUクライシス

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/BAKUMATSU
公式Twitter:@BAKUMATSU_info

(C) FURYU/BAKUMATSU製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『BAKUMATSUクライシス』第5話 子供たちが持つ金平糖に興味を持つ霞と雹

『BAKUMATSUクライシス』第4話 裂け目へ吸い込まれてしまう沖田総司

→『BAKUMATSU』の記事を探す

→2019年4月アニメ新番組特設ページ