MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『シン・ゴジラ』フォトスポットも!常盤橋 ゴジラ ギャラリーが完成!

高さ3メートル×約140メートルという圧巻のスケール!
<常盤橋 ゴジラ ギャラリー>が完成!
歴代ゴジラポスターの展示や『シン・ゴジラ』と撮影できるフォトスポットも!

ゴジラ ギャラリー

第1作の『ゴジラ』(1954)が公開されてから63年。現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数はついに1億人を突破し、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成。昨年は、初となる常設店「ゴジラ・ストア Tokyo」が新宿にオープン、さらに、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』も大ヒットを記録するなど、ますます注目を集めています。

歴代ゴジラ全29作品のポスターが並ぶ年表や『シン・ゴジラ』のフォトスポットなどが高さ3メートル×全長約140メートルという圧巻のスケールで並ぶ展示「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」が完成! 本日2月20日より常盤橋に登場します!

現在、三菱地所株式会社が東京駅日本橋口前にて開発中の「東京駅前常盤橋プロジェクト」のA棟新築工事期間中の工事仮囲いをゴジラが彩る「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」の展示が本日2月20日(火)より開始となりました。本ギャラリーは、常盤橋とゴジラのあゆみを歴代ゴジラ全29作品のポスタービジュアルと共に振り返る年表や『シン・ゴジラ』と一緒に写真を撮ることができるフォトスポットなど、高さ3メートル、全長約140メートルにわたる圧巻のスケールの展示です。

「東京駅前常盤橋プロジェクト」は常盤橋で現在開発中のプロジェクトですが、実は『シン・ゴジラ』本編に2027年に完成予定となっている「B棟(高さ390メートル)」が、建設後のイメージを元に作成されたCGで登場しています。こうした縁がきっかけとなり、今回のギャラリーを開催する運びとなりました。

ゴジラ ギャラリー

●「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」
掲出期間:2月20日(火)~ ※約1年間を予定
掲出場所:「東京駅前常盤橋プロジェクト」のA棟工事仮囲い
・歴代ゴジラ全29作品一覧
『ゴジラ』(1954)、『ゴジラの逆襲』、『キングコング対ゴジラ』、『モスラ対ゴジラ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』、『怪獣大戦争』、『南海の大決闘(ゴジラ・エビラ・モスラ)』、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』、『怪獣総進撃』、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』、『ゴジラ対ヘドラ』、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』、『ゴジラ対メガロ』、『ゴジラ対メカゴジラ』、『メカゴジラの逆襲』、『ゴジラ』(1984)、『ゴジラVSビオランテ』、『ゴジラVSキングギドラ』、『ゴジラVSモスラ』、『ゴジラVSメカゴジラ』、『ゴジラVSスペースゴジラ』、『ゴジラVS デストロイア』、『ゴジラ2000 ミレニアム』、『ゴジラ×メガギラス G 消滅作戦』『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』、『ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、『ゴジラFinaI Wars』、『シン・ゴジラ』

ゴジラ ギャラリー

ゴジラ・ストア:http://godzilla.store
ゴジラ・ストアTwitter:@godzilla_st
ゴジラ・ストアTokyo Twitter:@GodzillaS_Tokyo

TM&(C)TOHO CO., LTD.

●次の記事もオススメ ——————
人類をほぼ壊滅状態に追いやったゴジラ

『GODZILLA 怪獣惑星』世界190ヵ国配信決定! 新予告編が解禁!

→『ゴジラ』の記事を探す