MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2009年2月の記事

ザック・エフロン主演最新作『セブンティーン・アゲイン』公開決定

ワーナー・ブラザース映画は、ザック・エフロン主演最新作『セブンティーン・アゲイン』を2009年5月16日新宿ピカデリー他全国にてロードショー公開する。
主演のザック・エフロンは、ミュージカル映画として最高額のオープニング収益を上げた『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』で、全国に“ザック旋風“を巻き起こした若手注目俳優。
もし人生のセカンド・チャンスを手に入れたら、どうする?

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ターミネーター4』公開に先がけ、「ターミネーター展」開催決定!

『ターミネーター4』
6月13日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
<6日(土)、7日(日)先行上映決定!!>
ファン待望の『ターミネーター』シリーズの最新作、映画『ターミネーター4』がいよいよ6月13日(土)より丸内ピカデリー他全国公開(6日(土)・7日(日)先行上映決定!)となります。
製作費280億円という過去最高額を投じ、スカイネットと戦う主演のジョン・コナー役に『ダークナイト』で演技派俳優として不動の地位を築いたクリスチャン・ベイル。ジョン・コナーと共に行動する、過去の記憶を持たない謎の男に期待の新星サム・ワーシングトンをむかえ、“ジャッジメントデイ=審判の日”以降が描かれるシリーズ新三部作の第一章がいよいよ幕を開けます!
そして、本作品の公開に合わせ、実際に映画で使用された小道具、美術をハリウッドのスタジオ借受け、これまでになかったターミネーターファン垂涎の展覧会「ターミネーター展」の開催が決定しました! また3月下旬には、シンプルマスコット特典付き前売り券も発売。『T-4』現象が日本に到来します!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『おくりびと』第81回米アカデミー賞授賞式 ご報告

『おくりびと』
第81回米アカデミー賞授賞式 【ご報告】
『おくりびと(英語タイトルDepartures)』が第81回米国アカデミー賞にて外国語映画賞を受賞いたしました。こちらに関しまして、キャスト、監督のコメントを以下の通りご報告申し上げます。
■授賞式後・合同会見
【日時】現地時間 2009年2月22日(日) 22:30~23:00
【場所】Hollywood Roosevelt Hotel
【参加者】滝田監督、本木雅弘、広末涼子、余貴美子、小山薫堂(脚本)
Q.外国語映画賞を受賞しての感想をお聞かせください。
滝田監督:夢のようです。アメリカアカデミーに来ることができることさえ信じられなかったのに、こんなにすばらしいプレゼントをもらえました。納棺師という題材で、終わり方が見えませんでしたが、最高の終わり方が見えました。皆さんのおかげです。ありがとうございます。
ロングランして頂いておりますが、映画の神様がたまたま落とし物をしたものが『おくりびと』のところに着たのではないかと思います。本当にありがとうございます。
スタッフ、キャスト、すばらしい日本の技術が世界に認めてもらえたと、誇りに思います。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『愛を読むひと』第81回アカデミー賞主演女優賞受賞

映画『愛を読むひと』第81回アカデミー賞主演女優賞受賞<ケイト・ウィンスレット>
6月19日公開『愛を読むひと』
第81回アカデミー賞
主演女優賞受賞<ケイト・ウィンスレット>
メリル・ストリープ、アンジェリーナ・ジョリーら押しのけオスカー初受賞!!
2月23日(米2月22日)に発表された第81回アカデミー賞において、主演女優賞受賞を最有力視されていた『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレットが、下馬評どおり、最優秀主演女優賞を受賞いたしました!(※作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞にノミネート)
ケイト・ウィンスレット(1975年イギリス生まれ)はこれまで『タイタニック』をはじめ、アカデミー賞に6度ノミネートされており、ようやく初の受賞となりました。先日発表されたゴールデン・グローブ賞においては、主演女優賞と助演女優賞のダブル受賞の快挙を成し遂げており、これで名実ともに押しもおされぬ大女優の仲間入りを果たしました。
日本公開は、6/19(金)です。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ミルク』第81回アカデミー賞 主演男優賞受賞、脚本賞受賞!

第81回アカデミー賞
ショーン・ペン主演男優賞受賞、脚本賞受賞!
この度、GW、シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9他にて全国ロードショーになります『ミルク』が、第81回アカデミー賞において、主演男優賞&脚本賞を受賞いたしました! ショーン・ペンの主演男優賞受賞は『ミスティック・リバー』(2003年)以来の2回目の受賞
になります!!

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『女の子ものがたり』メインキャスト発表 注目の女の子総出演!

映画『女の子ものがたり』は注目の女の子総出演!
深津絵里、大後寿々花、森迫永依が3世代競演!
IMJエンタテインメント、エイベックス・エンタテインメントが配給します映画『女の子ものがたり』 (初秋、シネクイントほか全国公開)のメインキャストが発表となりまし
た。
「ぼくんち」、「毎日かあさん」など独特の画風で人気を博している漫画家、西原理恵子。異例の15万部という大ヒットを記録しているベストセラーの「女の子ものがたり」を映画化。
海の見える村から、山と畑と工場に囲まれた街に引越してきたなつみが出会ったのは、みさちゃんときいちゃん。
大人になるまでの、しんどくてつまらなくて、けれどあふれるくらい大切な<あの頃>を誰もが思い出さずにはいられなくなる3人の女の子の成長物語。友だちとの交流を通して大人へと成長する過程を描き、逆境にあってもたくましく生きる人生模様を色彩豊かに表現した感動作です。
36歳の漫画家・菜都美を演じるのは、『博士の愛した数式』以来の主演作となる深津絵里。
高校生時代を演じるのが、映画『北の零年』、『SAYURI』などに好演し、今年は『カムイ外伝』 (秋、全国公開)で松山ケンイチと共演が決定している大後寿々花。
さらに、小学生時代を演じるのが、実写版「ちびまる子ちゃん」でおなじみ、国民的子役の森迫永依。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『バーダー・マインホフ 理想の果てに』邦題決定

邦題決定のお知らせ
『バーダー・マインホフ 理想の果てに』
本年度アカデミー賞ノミネート作品 ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品(外国語
映画賞)
1970年代、ヨーロッパ全土を震撼させたドイツ赤軍<バーダー・マインホフ>グループ、その衝撃の実話。
本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされております、ムービーアイ配給のドイツ代表作品の邦題が、『バーダー・マインホフ 理想の果てに』 (原題:DER BAADER MEINHOF KOMPLEX)に決定しました。
2009年夏、シネマライズにて公開が決定しております本作を、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート『おくりびと』の対抗馬としてぜひご注目ください。アカデミー賞授賞式は日本時間2月23日(月)午前10時より行われる予定です。
1960年代末から、世界は激動の時代を迎えていた?プラハの春、フランス5月革命、ベトナム戦争勃発、そして連合赤軍・あさま山荘事件─。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

クリント・イーストウッド主演、監督作『グラン・トリノ』 世界上映開始

クリント・イーストウッドの全米興行最高ヒット作となった
『グラン・トリノ』 世界上映開始
2009年2月13日、カリフォルニア州バーバンク発――今や伝説的な存在である俳優・監督クリント・イーストウッドの作品群で全米最高のヒット作となった『グラン・トリノ』の今春の世界公開スケジュールが決まった。2月19日のイギリス、スペイン、ロシアでの公開を皮切りに、フランス、そのほかのヨーロッパ諸国数カ国、東欧諸国、南アフリカ、イスラエルでも2月の公開が続く。さらにドイツ、イタリア、中東、ラテンアメリカ諸国が3月、そして残りの東欧圏と日本では4月、デンマークが5月というスケジュールの予定。
『グラン・トリノ』は全米興収1億2千万ドルを記録し、その数字をさらに上げ続けている。
同作品はイーストウッドの主演、監督作。頑固一徹の朝鮮戦争退役軍人をイーストウッドが演じる。老人になった今までずっと持ち続けてきた偏見を移民の隣人一家の交流を通して見直していく姿を描いたストーリーだ。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

尾上菊之助主演『THE_CODE/暗号』公開決定

尾上菊之助 初の現代アクション!
暗号解読の天才=探偵507が危険な任務に挑む…!
『THE_CODE/暗号』
2009年5月上旬 丸の内TOEI2 ほか 全国ロードショー
創立60年の格式ある探偵事務所「探偵事務所5」。優秀かつ個性的な探偵たちが集まる中でも“探偵507”は暗号解読において天才的な才能を持っている。そんな彼が中国のとある人物から依頼を受けたのは、これまで見たこともない配列パターンで構成された暗号だった?
WEB上で100万人が視聴した人気シリーズ「探偵事務所5」史上、最大規模の劇場版最新作『THE_CODE/暗号』の公開が決定! 5月上旬 丸の内TOEI2ほか全国ロードショーとなります。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

ジャッキー・チェン最新作『新宿インシデント』公開決定

初のR-15指定! 中国で上映禁止!
こんなにも凄惨で、こんなにも激しいジャッキー映画があっただろうか?
『新宿インシデント』公開決定
ジャッキー・チェン最新作『新宿インシデント』が5月1日より、新宿トーア他にて全国
公開されることになりました。
コミカル且つスピーディなアクションでその人気を不動のものにしたジャッキー・チェン。
以前からロバート・デ・ニーロのように色々な役に挑戦したいと公言していた彼が、アジア全ての映画賞を獲得したいと渾身の演技で挑んだ“ドラマチック・バイオレンス”大作。それが『新宿インシデント』。あまりにも激しいため中国では上映禁止! 老若男女全てに愛されているジャッキー映画が初のR-15指定となり話題になっています。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

クリストファー・ノーラン SFアクション最新作『Inception』製作発表

クリストファー・ノーランとワーナー・ブラザース映画がSFアクション最新作『Inception』で再タッグ。
ノーランが自身のオリジナル脚本で監督を手がける予定。
カリフォルニア州、バーバンク――2009年2月12日――昨夏の大ヒット作『ダークナイト』の監督ならびに共同脚本を手がけて高い評価を得たクリストファー・ノーランが、ワーナー・ブラザース映画より新作『Inception』を製作する、と同社グループのジェフ・ロビノフ社長より発表された。
『Inception』は、ノーラン自身がオリジナル脚本を執筆し、心理構造にまつわる現代的な要素を盛り込んだSFアクション作品になるという。ノーランと彼の長年の製作パートナーで『ダークナイト』の製作にも名を連ねていたエマ・トーマスが製作を手掛ける。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW

『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾『天使と悪魔』記者会見

世界最大の科学研究所で、初の映画記者会見!!
『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾
『天使と悪魔』
5月15日(金)、全世界同時公開!
全世界で大ブームを巻き起こした前作『ダ・ヴィンチ・コード』(日本興行収入91億円/
2006年5月公開)のシリーズ第2弾となる映画『天使と悪魔』のインターナショナル記者会見が12日(木)スイス・ジュネーブのセルン研究所にて(現地時間19時/日本時間13日午前3時)開かれました。監督のロン・ハワード(54)、主演のトム・ハンクス(52)、ヒロインのアイェレット・ゾラー(39)ほかセルン広報ロルフ・ランドゥア、研究所長セルジオ・ベルトリッチらが出席。
《記者会見概要》
セルン(CERN)は文献の検索および連携のために考案された言語であるHTML 、インターネット通信のために定めた規則(Hypertext Transfer Protocol 通称:HTTP)、 World Wide Web(通称: ウェブ)発祥の地としても知られ、現代の科学、物理の粋を集めた最先端の研究所で、現在も極秘裡にエネルギーの最先端技術研究が行われているといわれている。

→続きを読む

2009年の映画ニュース, 映画ニュース          MOVIEW