MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

巨大ジオラマとしての実物大ガンダム

お台場に実物大ガンダムが登場してからすでに7年。その後、様々な実物大モデルが登場しましたが、その存在感はやはり実物大ガンダムのインパクトに届いていない気がしています。

しかし、そうはいってもこれだけの年月が経過してしまっているので、少しは変化が欲しいなぁと思う今日この頃。

機動戦士ガンダム

プロジェクションマッピングなどで新しい企画はなされているわけですが、たとえば、ちょっとした仕掛けを周りに置いたりして、これまでと違う視点で見られるようにするという手はどうでしょう。

ある場所から撮ると、ジャングルの中にいるように撮れるとか、他のモビルスーツから狙われているように撮れるとか、その構図などの設定などは難しいかも知れませんが、それほど多くの予算を使わずに実現できるのではないかなと思っています。

2015年11月、ダイバーシティ東京にて撮影。

ダイバーシティ東京:http://www.divercity-tokyo.com/

(C)創通・サンライズ

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
兵器としてのロボット、二足歩行のメリットはあるのか?

お台場ガンダムのギミック。少しの動きだったけど感動的だった

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第1話限定試写イベントレポート到着

→『ガンダム』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る