MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

EXILE黒木啓司初主演『クロスロード』完成披露試写会レポート

EXILE黒木啓司・渡辺大競演で贈る若者の成長を描いた青春グラフィティ
映画『クロスロード』

EXILE黒木啓司 初主演作に感激!
「役者として頑張りたい」とさらなる飛躍を決意!

クロスロード

EXILE黒木啓司初主演、渡辺大競演で贈る映画『クロスロード』が11月28日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります。公開に先駆けまして、11月16日(月)に完成披露試写会が実施されました。

試写会には青年海外協力隊経験があるベストセラー作家の湊かなえと小池百合子衆議院議員が本作の応援に駆け付け、さらに舞台挨拶前には公益社団法人青年海外協力協会から出演者に感謝状の贈呈も行われました。

日時:11月16日(月) 18:27~
場所:ニッショーホール
登壇者:黒木啓司(EXILE)、渡辺大、すずきじゅんいち監督、湊かなえ、小池百合子衆議院議員

ステージには黒木啓司、渡辺大、すずきじゅんいち監督が大きな拍手に迎えられて登場。本作が映画初主演作となった黒木は「初主演でしたが、スタッフや共演者に見守ってもらいながらの撮影でした。主演ぽくなかったかもしれないですが、皆さんに支えられて勉強の日々。無事に試写会を迎えられて本当によかったです」と感謝。

沢田と真逆の青年海外協力隊員・羽村を演じた渡辺も「今は撮影をしていた日々が、すごく昔のように感じます。」と撮影を振り返った。初共演となったお互いの印象について黒木は「渡辺さんは現地の人と仲良くなるのが早いんです。現地の民族の方と踊られたり、僕にも気さくに話しかけてもらい、楽しかったです!」と振り返った。

渡辺は「黒木さんは片時もカメラを外さないで常に沢田でいることを忘れない真面目な人だなという印象でした」と顔を向けると、「余裕がなかっただけです。」と笑いながらも黒木は「もっと演技の勉強がしたいと思った。役者として頑張りたい」と飛躍を決意。そんな黒木にすずき監督も「2枚目だけど、芝居に対してだけではなく、人間としても本当に真面目で信頼がおける。俳優が日々変わる醍醐味を感じた」と絶賛した。

さらにベストセラー作家・湊かなえと青年海外協力協会の創始者とご自身の父親が親友の仲をいう縁もあり本作を応援したいと舞台挨拶に駆け付けた小池百合子衆議院議員がステージに登壇。小池衆議院議員は「映画の完成と青年海外協力隊50周年、両方をお祝いしたいです。おめでとうございます」とお祝いを述べ、黒木、渡辺、すずき監督は感激の面持ち。

小池衆議院議員は本作について「楽しく、そして考えながら拝見しました。自然な演技がとてもよかったですね。一人一人の青年海外協力隊の苦労や達成感が伝わってきて、映画は楽しく、あっという間に観ることができました。」と称賛。

湊は自身の青年海外協隊派遣経験を振り返り「人生で初めて沢山本を読んだのが派遣されていた2年間。片っ端から読んで日本語の良さを実感しました。お二人のように素敵な人がいたら、もっと楽しい2年間だったんじゃないかと思います。一緒に訓練して、一緒に居たかったです!」と語り、黒木と渡辺は照れ笑いを浮かべた。

クロスロード

舞台挨拶前には映画の企画団体の公益社団法人青年海外協力協会より黒木と渡辺に感謝状が贈呈され、黒木は「ボランティアや青年海外協力隊の活動は日本人の優しさがあればできること。若い人にもっともっと伝えたい」と話し、渡辺も「すごき緊張しました。映画の持つ意味はすごく大きい。この映画で終わることなく、協力できれば」と意欲を示した。

最後に黒木はこれから映画を観る観客に「今回は青年海外協力隊50周年記念映画としてやらせてもらいました。自分としても初主演作ということで、本当にスタッフと共演者の方々に見守ってもらいながらやれました。これを通して沢山の方に協力隊を知ってもらい、ボランティアの素晴らしさを伝えていきたいと思っています。皆さん、応援よろしくお願いします」とPR。スペシャルゲストの心強いバックアップもあり、黒木、渡辺、すずき監督のトークが弾み、舞台挨拶は大盛り上がりのうちに終了した。

映画は青年海外協力隊に参加した若者たちがボランティアを通じて、互いの価値観や考えを本音でぶつけ合いながら成長していく青春映画。EXILE黒木啓司、渡辺大のほかモデルやハリウッド映画でも活躍するTAO、世界一のコスプレイヤーで有名なアローディア、本作が映画初出演となるDDTプロレス/新日本プロレスの飯伏幸太というフレッシュなキャストに加え、長塚京三などベテラン俳優がを固めている。

●ストーリー
目標の見えない日々を過ごしていたカメラマン助手の沢田(黒木啓司)は、自分を変えようと青年海外協力隊に飛び込む。だが、訓練所でもボランティア精神を地で行く羽村(渡辺大)と対立、規則を破ったりと何かと問題を起こしてしまう。

その後、彼らの仲を取り持つ助産師隊員の志穂と共に、フィリピンに派遣される二人。沢田は観光省での仕事に不満を抱くが、羽村は失敗しながらも田舎の村でドジョウの養殖を順調に進めていく。そんな優等生タイプの羽村を沢田が好きになれないのは、反発していた亡き父の面影を見るからだった。

ある日、野心的な写真を撮ろうとバギオの街を訪れた沢田は、少年ノエルと姉のアンジェラと出会い、この国の現状に胸を痛めるが、無力感のうちに帰国。それから8年、協力隊での体験は二人をどう変えたのか? 震災後の東北での久しぶりの再会に思わぬ答えが待っていた─。

●スタッフ・キャスト
監督:すずきじゅんいち
脚本監修・脚本:福間正浩
脚本:佐藤あい子
エグゼクティブ・プロデューサー:吉岡逸夫
プロデュース:香月秀之
プロデューサー:櫻井一葉
出演:黒木啓司(EXILE) 渡辺大 TAO 長塚京三 アローディア 飯伏幸太〈DDTプロレス/新日本プロレス〉山本未來 榊原るみ 加藤雅也(友情出演)
製作プロダクション・配給:フレッシュハーツ
後援:国際協力機構(JICA)
宣伝:東映エージエンシー
製作:「クロスロード」製作委員会

『クロスロード』
11月28日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー

(C)2015「クロスロード」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
EXILE黒木啓司が銀幕デビュー!『クロスロード』制作発表記者会見開催