MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

声だけの君と出会って、世界が輝いた『her/世界でひとつの彼女』日本版予告編

スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作として、6月28日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーとなる『her/世界でひとつの彼女』。
ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了し、ときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”の声だけの出演にスカーレット・ヨハンソンと、豪華キャストが紡ぐ、誰も感じたことのない愛おしさ、切なさがぎゅっと詰まったラブストーリーです。
本作は第86回アカデミー賞で脚本賞を受賞し作品賞を含む5部門にノミネート、ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀作品賞・監督賞を受賞するなど、数々の映画賞を席巻、多面的に高い評価を得てきました。

her/世界でひとつの彼女


どこにでもある恋の気持ち、観たことのない愛のかたち。
今の時代だからこそ生まれたラブストーリーの金字塔。
手紙代筆の仕事をしているセオドアが最新型のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしく、人生にときめいているサマンサの存在はセオドアにとってとても新鮮で、やがてそれは恋する気持ちに変わっていく。
本映像からはセオドアとサマンサの恋する気持ちがひしひしと伝わり、一緒に過ごす事で毎日がキラキラと輝いていく様子が見てとれます。そして、サマンサが「この恋する気持ちはリアル? それともプログラム?」と悩むように、恋が進展し自分や相手が成長し変化していくなかで相手を変わらず愛し続けられるのか、また相手も自分を愛し続けてくれるのか―与えられる恋の試練の過程にきっと共感してしまうはず。
このラブストーリーが向かう意外な展開とは?
“一人”と“ひとつ”の恋の行方が気になる予告編です。

監督&脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ オリヴィア・ワイルド スカーレット・ヨハンソン
公式Facebook:https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter:@her_spikejonze
『her/世界でひとつの彼女』
6月28日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショ―
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
→『her/世界でひとつの彼女』の記事を探す