MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

グザヴィエ・ドラン監督、初監督のデビュー作『マイ・マザー』日本公開

9月7日より新宿シネマカリテにて公開となった『わたしはロランス』。twitter上で“今観るべき傑作”、“夏に観た映画がすべて吹っ飛ぶほどの破壊力”、“今年ナンバーワン。間違いない。”等、絶賛の声が絶えない中、グザヴィエ・ドラン監督19歳当時の、初監督作『マイ・マザー』が、11月9日(土)より渋谷アップリンクほかにて公開することが決定しました。
本作は、カンヌ映画祭での受賞を始め、アカデミー賞カナダ代表に選出、そしてフランス映画界のアカデミー賞と言われる、セザール賞外国映画部門にノミネートされるなど、映画界が待ち望んだ現代の“アンファン・テリブル”として世界の観客を魅了し、一躍彼の名をスターダムにのし上げた鮮烈のデビュー作。既に世界20ヵ国以上で公開されていますが、ワールドプレミアから4年を経て、待望の日本公開となります。

mymother.jpg


また、2010年、カンヌ映画祭ある視点部門に正式出品された同監督の第2作『胸騒ぎの恋人(原題:Heartbeats)』が、本作公開同月の11月に日本未公開作品をプレミア放送するWOWOW シネマ「ジャパンプレミア」にて放送を予定しており、2013年後半はグザヴィエ・ドラン作品が一挙に公開となります。
●『マイ・マザー』
監督・脚本・主演:グザヴィエ・ドラン(『わたしはロランス』、『胸騒ぎの恋人』)
配給:ピクチャーズデプト
提供:鈍牛倶楽部
2009/カナダ/カラー・白黒/100分/1:1.85/フランス語・日本語字幕/原題:I Killed My Mother
Twitter:@XdolanJP
Facebook:www.facebook.com/XDolan1st
『マイ・マザー』
11.9 Sat ~ 渋谷アップリンクほか、全国順次ロードショー!
(C)2009 MIFILIFILMS INC
『わたしはロランス』
新宿シネマカリテほか、全国順次公開中!
→『マイ・マザー』の記事を探す