MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

木村拓哉×蒼井優×浅野忠信『REDLINE』特典付前売り鑑賞券 売れ行き好調!

声の出演:木村拓哉×蒼井優×浅野忠信
監督:小池健『アニマトリックス”World Record”』
原作/脚本:石井克人『鮫肌男と桃尻女』『茶の味』
アニメーション制作:マッドハウス『サマーウォーズ』
『REDLINE』
「超“こだわり”の携帯マスコット」付前売鑑賞券 販売開始わずか2日で売り切れ出るなど売れ行き好調!


製作期間7年、作画枚数10万枚。CG全盛の時代に、背景までも手描きにこだわった究極のアニメーション映画『REDLINE』[10月9日(土)全国公開]。
7月17日(土)より発売開始したREDLINE限定特典付き前売り鑑賞券が、予想をはるかに上回る好調な売れ行きを記録しています。特典は、小池健監督自らデザインし、平成『ガメラ』シリーズなどの、特殊造形師高浜幹氏により制作されたスペシャル特典「ウルトラ純情 携帯マスコット」。発売開始2日目(7月18日)には売り切れてしまう劇場が出る等、10月公開の他作品と比較しても突出した販売実績となっております。
20~30代のボイスキャストファンと見受けられるお客様から、映画ファンと見受けられる若い男性のお客様など幅広い層が購入し、劇場での期待度もあがっております。
●原作者石井克人氏による“ワールドトレーラー”が海外で大反響
『REDLINE』ワールドトレーラーは、『鮫肌男と桃尻女』で強烈なインパクトを残し、『茶の味』でも評価の高いクリエイター、その独特の世界観はクエンティン・タランティーノも惚れ込み『キル・ビル Vol.1』ではアニメパートを担当、そして「REDLINE」の原作者である石井克人氏が待ち続けてくれていた世界中の人々にお礼の意味を込めて、WEBプロモーション用につくった日本国内の劇場では観る事ができない超・貴重映像。英語・フランス語・ドイツ語・中国語版があり冒頭に各国の言葉で「ありがとう」とメッセージをつけている。
そのワールドトレーラーがYOUTUBEで話題になっている。どうやら米国・カリフォルニアにあるUCLAの学生がこの映像を入手し今年の5月末にYOUTUBEにアップした模様。また、この映像を見た英国人監督マイケル・デイヴィス(『シューテム・アップ』(2007))から、「車もカッコイイし、ストーリー性もデザインも好き。 フィルムメイキングもシネマトグラフィーも良い。全て限
界を超えちゃっているよ!! アニメーションもキャラクターもロックだ! この映画は鉄板(間違いない)だ!!」と熱いコメントも寄せられた。
本来ならば<非公式>な形での映像流出に頭を抱えるところだが、あまりの反響の大きさに関係者たちは驚きと喜びを隠せない。
そしてこの反響を受けてこの『REDLINE』のワールドトレーラーを、7/16(金)よりYOUTUBEの『REDLINE』公式チャンネルにてアップすることが決定した。
URL:http://www.youtube.com/user/REDLINEofficial
世界の人々をも魅了する、今まで誰も観たことがない刺激的な映像体験。<体感型>アニメーション『REDLINE』から今後も目が離せない!?
・石井克人氏よりコメント
このワールドトレーラーは、この何年か僕が海外の映画祭や審査員で出張すると、ものすごいたくさんの人たちから『REDLINE』はいつできるんだ?と耳にたこができるくらい質問されてきたので、海外からの質問に対してのお返事!という気持ちを込めて作りました。友達向けに作った『REDLINE』のPVって感じでしょうか。クラブノリの音楽もいい感じなので 短い尺だけど素敵な時間が提供できたら嬉しいなと思います。
●ストーリー
遠い遠い未来の話。宇宙最速を決める5年に一度の祭典<REDLINE>がいよいよ開幕!
見た目はリーゼントに革ジャンでクールに決めるが、実はとってもシャイなウルトラ純情野郎、JP。彼は初恋の女性ソノシーをふり向かせる為、宇宙最速の座を賭けたルール無用のカーレース<REDLINE>に出場する。天才メカニックで親友のフリスビーと手を組み、武装改造を施すライバル達、そして開催地で軍事機密満載のアンタッチャブルな星”ロボワールド”の妨害に立ち向かう。果たして…。
声の出演:木村拓哉/蒼井優/浅野忠信
監督:小池健
原作・脚本:石井克人
脚本:榎戸洋司、櫻井圭記
音楽:ジェイムス下地
アニメーション制作:マッドハウス
支援:文化庁
配給:東北新社
宣伝:KICCORIT/アルシネテラン
2010 年/カラー/102 分
(c)2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
『REDLINE』
10月9日(土) 新宿バルト9他 全国公開!
→『REDLINE』の記事を探す
→アニメの記事を探す