MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

トム・ハンクス 3年ぶりの来日!! 『天使と悪魔』記者会見

オスカー2度受賞の名優トム・ハンクスが3年ぶりの来日!!
来日記者会見
ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が、世界的大ブームを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』。その続編 『天使と悪魔』がついに映画化。
5月15日(金)の全世界同時公開に先立ち、本日、主演のトム・ハンクスをはじめとするキャスト・スタッフによる来日記者会見を行いました。今回が6度目の来日となるトム・ハンクス。1984年の『スプラッシュ』以来4度のコンビを組むロン・ハワード監督と揃っての来日はこれが初となります。
さらに1986年、ロン・ハワードとイマジン・エンターテインメントを設立、『ビューティフル・マインド』『アポロ13』などを世に送り出し、人気ドラマ「24-TWENTY FOUR-」のヒットメイカーとしても知られるプロデューサー ブライアン・グレイザー、ラングドン教授とともに大きな謎に挑む女性科学者に大抜擢されたイスラエル出身の 女優アイェレット・ゾラーという豪華な4名が登壇しました。


『天使と悪魔』来日記者会見
日 程:5月7日(木)
会 場:帝国ホテル 本館2階 孔雀の間・東
登壇者:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、監督ロン・ハワード、製作ブライアン・グレイザー
今年最大の注目作ということで、スチール140名、ムービー35台ものマスコミが駆けつけました。
トム・ハンクスは水をのどに詰まらせて笑いをとったり、ローマでのワールドプレミアを終えてすぐ日本にやってきた4人は仲の良いやりとりを繰り広げ終始穏やかなムード。
続編の話になると「トムがまた出演してくれるなら・・・どうかな?」(ブライアン・グレイザー)とその場でプロデューサーからリクエストがあがり、「また東京に戻って4日間のプロモーションの機会をくれるならOKだよ!」(トム・ハンクス)と、再来日を希望するコメントに思わず客席からは拍手が。
以下主なコメントとなります。
●トム・ハンクス
この映画は問題を提起してそれについて考える、という作品。
世界では論議をかもしているけど、僕は何作でも出演したいよ。
僕の演じたラングドン教授はシャーロック・ホームズのような普遍的なヒーローになる得ると思う。
3作目も日本でプロモーション期間をもらえるならぜひ参加したいよ!
共演した、ヒロイン・アイェレットに関しては「撮影中、僕たちの宝物だった」とにっこり。
会見の最後には日本語で「どうもありがとうございます!」と連呼していました。
●アイェレット・ゾラー
これほどの大作、しかもトム・ハンクス、ロン・ハワードと仕事ができて、とても良い経験になったわ。ファンタスティックだった。
夢にまで見たことが実現したのよ。現場のスタッフも素晴らしく、世界で物義を醸す作品に出ているなんて自覚がないくらい、貴重な経験で毎日踊っているような気持だった。
二度とこんな経験はできないかもしれないけど、二度目があるように願っています。
●監督ロン・ハワード
今日はこんなたくさんの人が集まってくれて、ありがとうございます。
『ダ・ヴィンチ・コード』の続編になるわけですが、アクション、サスペンス、バイオレントすべて前作より上回っています。
ラングドン教授も学者からヒーローになる様が描かれています。
撮影ではヴァチカンの協力が得られないことは分かっていたのである素材を駆使して挑みました。
ローマで冒険しているような気持ちになってもらえるように、サイレント映画の手法やCGなどを駆使して映像を撮影しました。
●製作ブライアン・グレイザー
また、トム・ハンクスと仕事ができて嬉しいです。貴重な体験ができて感謝しています。
『天使と悪魔』は『ダ・ヴィンチ・コード』よりもテンポがあって映画に向いていると思います。
テーマがテーマなので非難を浴びる可能性もあったのは覚悟していたが、『ダ・ヴィンチ・コード』の経験もあったので前作よりは気にならなかったよ。
とても心配はしていたが、非常に楽しい作品が撮れました。『ダ・ヴィンチ・コード』を超える作品ができたと思っています。
■作品情報
再び世界は震える? 待望の映画化! 『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾!
ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が、世界的大ブームを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』。その続編がついに映画化。原作は全世界で4000万部の大ベストセラー、ダン・ブラウン著「天使と悪魔」。本作でもトム・ハンクス演じるハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、歴史の闇に迫る。監督は前作同様、ロン・ハワード。現実とフィクションの境界線を突き破り、世界が震える事件を緊迫感溢れる演出で映像化に成功した。
“ガリレオ・コード(暗号)”を解け!
17世紀、カトリック教会の総本山であるヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちは、秘密結社イルミナティとして密かに活動していた。今、ローマ教皇逝去に際して、そのイルミナティが400年の沈黙を破り復活した。目的はヴァチカンへの復讐。彼らは4人の教皇候補を誘拐し、科学の四大元素“土”“空気”“火”“水”を完全なアンビグラム(=対称形)にデザインした焼き印を胸に押しつけた後、惨殺すると予告。この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンはラングドン教授に助けを求めた。彼はガリレオがローマの名所に隠したイルミナティにつながる暗号を解き進む。しかし、既にヴァチカン崩壊へのカウントダウンは始まっていた・・・。
ヴァチカンに迫る危機? 秘密結社イルミナティの復讐が始まる!
原作:ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)
監督:ロン・ハワード(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)
脚本:アキヴァ・ゴールズマン(『ダ・ヴィンチ・コード』)、デヴィッド・コープ(『スパイダーマン』
製作:ブライアン・グレイザー(『ダ・ヴィンチ・コード』、「24」シリーズ)、ジョン・キャリー、ダン・ブラウン
出演:トム・ハンクス(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)、ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ』シリーズ、『ビッグフィッシュ』)、アイェレット・ゾラー(『ミュンヘン』『バンテージ・ポイント』)、ステラン・スカルスガルド(『マンマ・ミーア!』
『天使と悪魔』
5月15日(金)、全世界同時公開!
→『天使と悪魔』の記事を探す