MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

難病ALSを患ったホーキング博士を演じ、『博士と彼女のセオリー』SAG主演男優賞

余命宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才と彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー『博士と彼女のセオリー』。
エディ・レッドメイン、全米映画俳優組合賞(SAG賞)主演男優賞受賞!

博士と彼女のセオリー


東宝東和配給にて、3月13日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーとなります、“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリー『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)。
この度、1月25日(現地時間)に第21回全米映画俳優組合賞にて、見事エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞しました。
ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』の映画化である本作。理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士を演じるのは、『レ・ミゼラブル』で自由主義者の青年マリウスを演じたエディ・レッドメイン。徐々に身体中の筋肉が衰える難病ALS(筋委縮性側索硬化症)に侵されていく難役を熱演し、新境地を開いています。
またホーキング博士を献身的に支える妻ジェーン役には、『アメイジング・スパイダーマン2』出演のフェリシティ・ジョーンズ。余命2年と宣告を受けたホーキング博士との結婚を選び、希望を持ち続け共に困難を乗り越えようとする強い女性を好演しています。監督は、ビルの谷間を綱渡りする大道芸人にスポットを当てた『マン・オン・ワイヤー』でアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ。
アカデミー賞前哨戦といわれる、第72回ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞(ドラマ部門)/エディ・レッドメイン、そして作曲賞/ヨハン・ヨハンソンの2部門受賞に続き、先日発表された第87回アカデミー賞ノミネート結果では、作品賞、主演男優賞/エディ・レッドメイン、主演女優賞/フェリシティ・ジョーンズ、脚色賞/アンソニー・マクカーテン、作曲賞/ヨハン・ヨハンソンの主要部門を含む5部門でノミネートされている本作。エディ・レッドメインはゴールデン・グローブ賞受賞に続き、見事、全米映画俳優組合賞 主演男優賞を受賞! 一気にアカデミー賞主演男優賞最有力に名乗りを上げています。
全米映画俳優組賞は、オスカーの行方を占う最も重要な意味を持つ賞とされています。今回、エディ・レッドメインが受賞したことにより、ますますオスカー受賞への期待が高まります!!

●ストーリー
学生の頃から天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング。彼がケンブリッジ大学の大学院に在籍している時、詩を学ぶジェーンと出会い、たちまち2人は恋におちる。しかし、直後にスティーヴンは難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症し、余命2年の宣告を受ける。それでも彼と共に生きると決めたジェーンは、力を合わせて病気と闘う道を選択する。
出会いから、恋愛、結婚、出産……。自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る2人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれる。
刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、持ち前のユーモアで乗り越えていく姿を、ホーキング博士の輝かしい功績とともに彼らの苦悩と純愛を感動的に描く。
原題:The Theory of Everything
監督:ジェームズ・マーシュ『マン・オン・ワイヤー』
主演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、フェリシティ・ジョーンズ『アメイジング・スパイダーマン2』、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー
原作:ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
配給:東宝東和 124分
『博士と彼女のセオリー』
3月13日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
(C)UNIVERSAL PICTURES