MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

Vol.148 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船完成披露試写にて『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』観賞。TOHOシネマズ渋谷での3D上映。
『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督による、これまでにない、まったく新しい『三銃士』。17世紀のフランスとイギリスを舞台に繰り広げられる、ダルタニアンと三銃士の冒険活劇。愛と友情、策略と陰謀、剣劇と飛行船……これでもかといわんばかりにエンターテインメント要素が凝縮された作品になっています。

→続きを読む

コラム, 冒険活劇映画          

ドイツで世界に先駆け大ヒット!『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
世界最速大ヒットスタート!
『バイオハザード』1、2、3を超え、世界最速大ヒットスタート!
世界72ヵ国での公開決定
ポール・W・S・アンダーソン監督が手がける21世紀の『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』が、製作国ドイツにて先週9月1日に645スクリーンで公開され、公開から4日で興行収入243万ユーロ(345万ドル)を上げ、初登場1位と全世界でどこよりも早い大ヒットスタートを切りました!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』初日決定

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』その凄さは、世界の噂。
公開初日が、10月28日(金)に決定しました。
本作を手掛けるのは『バイオハザードIV アフターライフ』(3D)が日本でも47億円の大ヒットとなった、ポール・W・S・アンダーソン監督。今回その手法を更に進化させ、圧倒的な3D映像の完成度の高さが実現。 撮影は初めて映画のロケ地として使用が許可された世界遺産のドイツの宮殿を含む、豪華絢爛な歴史的建造物を中心に行われ、このスケールの大きさはスクリーンに見事に反映されています。
また、本作で、初の悪役を務めることで注目のオーランド・ブルームは、今回『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作への出演よりも本作のバッキンガム公爵を演じることを選んだという! そこまでしてまで彼がやりたかった型破りの<悪役>も見逃せません!
All for one, One for all 皆は一人のために、一人は皆のために。
まったく新しい“三銃士”にご期待ください!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』邦題決定

その凄さは、世界の噂。『THE THREE MUSKETEERS(三銃士)』
映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』邦題決定のお知らせ
10月公開、この秋待望の超大作「THE THREE MUSKETEERS(原題)」ですが、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』とこの度正式に邦題が決定しました。
●ストーリー
冒険には、“剣”と“銃”、そして“友情”を。
『バイオハザード』監督最新作。
物語の原点は、アクションの頂点へ。
体験型“冒険活劇”エンタテインメント、いよいよこの秋上陸!

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

東京23区内初! IMAXデジタルシアター誕生記念 IMAX MOVIE FESTIVAL開催決定!

ユナイテッド・シネマとしまえん
東京都23区初! IMAXデジタルシアター誕生記念
IMAX MOVIE FESTIVAL開催決定!
ユナイテッド・シネマでは、IMAXコーポレーションとの合意経て、ユナイテッド・シネマ札幌、ユナイテッド・シネマ浦和、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13、ユナイテッド・シネマ岸和田に続き、5劇場目のIMAXデジタルシアターの導入が5月20日『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の公開に合わせ東京都23区内となるユナイテッド・シネマとしまえん(東京都練馬区)に決定しました。

→続きを読む

2011年の映画ニュース, 映画ニュース          

ベン・アフレック監督&主演『ザ・タウン』(原題)全米初登場第1位!

ベン・アフレック監督&主演/2010東京国際映画祭クロージング作品
『ザ・タウン』 THE TOWN
『バイオハザードIV アフターライフ』を抜き全米初登場第1位!
ベン・アフレック監督・主演で放つ緊迫のサスペンス・アクションの傑作『ザ・タウン』が、9月17日(金)全米公開され、オープニング興行収入$23,808,032で初登場第1位の好スタートとなりました!
本作品は、2011年全国ロードショーの予定です。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.120 『パンドラム』

マスコミ試写にて『パンドラム』を観賞。デニス・クエイド主演のSFホラー。製作は『バイオハザード』シリーズの監督として知られるポール・W・S・アンダーソン。
膨れあがった人口、資源の枯渇、滅亡に向かう地球……西暦2174年、地球上の生物のサンプル2000万種と6万人を乗せた宇宙船エリジウムは地球とよく似た環境の惑星タニスへと旅立つ。ほとんどの人はその長旅のために冷凍睡眠装置で眠っており、船は数人によるいくつかのチームが交代で航行していた。やがて、チーム5のペイトン(デニス・クエイド)とバウアー(ベン・フォスター)が目を覚ますが前のチームはおらず、2人以外誰もいなかった。しかし、船の中には、恐ろしい“何か”が暗躍していた……。

→続きを読む

SF映画, コラム          

デニス・クエイド主演『パンドラム』公開決定

『バイオハザードIV アフターライフ』の監督ポール・W・S・アンダーソン製作、デニス・クエイド主演のSFスリラー『パンドラム』の公開が10月1日(金)と決定しました。
●作品情報
一隻の宇宙船 乗員6万人 サンプル2000万種
人類は、生き残るために何をしたのか?
西暦2174年。地球滅亡寸前、限られた資源の争奪が頂点に達する。人類は、地球と同じ環境の惑星タニスへの移住を計画する。選ばれし者たちが搭乗した宇宙船エリジウムが旅立った。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

あの名曲が甦る。映画『クレイジーズ』の予告がついに解禁!

【感染源:飲み水 症状:凶暴(クレイジー)化】あの名曲が甦る。
映画「クレイジーズ」の予告がついに解禁!
あなたの友人も、家族も、恋人も一杯の水で凶暴(クレイジー)になる「感染封じ込め」開始 —- 何が起きている? 生き残れるか?
出口なしの男女4人、「狙われた町」からの脱出劇!!
ジョージ・A・ロメロ監督が『ゾンビ』(1978)の前に作り上げた幻の傑作『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(1973)をもとに、『バイオハザード』『28日後』『アイ・アム・レジェンド』を経て作られた「最新型感染サバイバル映画」の決定版、『クレイジーズ』の予告編が公式HPにて解禁となりました。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

『クレイジーズ』ジョージ・A・ロメロ 幻の傑作をリメイク!

ジョージ・A・ロメロ 幻の傑作をリメイク!
ポスターがついに解禁!!
あなたの友人も、家族も、恋人も「一杯の水で」凶暴(クレイジー)になる「感染封じ込め」開始—-何が起きている? 生き残れるか?
出口なしの男女4人、「狙われた町」からの脱出劇!!
ジョージ・A・ロメロ監督が『ゾンビ』(1978)の前に作り上げた幻の傑作『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(1973)をもとに、『バイオハザード』『28日後』『アイ・アム・レジェンド』を経て作られた「最新型感染サバイバル映画」の決定版の『クレイジーズ』のポスターがついに解禁!!

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

『ルドandクルシ』公開日決定

キュアロン! イニャリトゥ! デル・トロ!
世界を席巻する3監督による<チャ・チャ・チャ・フィルムズ>第1弾!
『天国の口、終わりの楽園』のガエル・ガルシア・ベルナル×ディエゴ・ルナが贈るフィールグッド・ストーリー!
ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・新人賞受賞作『天国の口、終りの楽園。』のスタッフ&キャストが再集結、本国メキシコで大ヒットを記録した快作『ルドandクルシ』が、2月20日(土)より、シネマライズ、新宿バルト9ほか全国順次ロードショーと決定しました。

→続きを読む

2010年の映画ニュース, 映画ニュース          

「東京デス映画祭」 突然の開幕、そして閉幕! 『デス・レース』公開記念イベント

「東京デス映画祭」 突然の開幕、そして閉幕!
豪華ゲスト多数来場の映画『デス・レース』
公開記念イベントご報告
1975年に公開し、カルト的人気を誇った映画『デスレース2000』。その伝説的映画にオマージュを捧げ、現代版アクションエンタテインメントとして”復活”した東宝東和配給の映画『デス・レース』。11/29(土)の公開に先駆けて、東京国際映画祭の興奮冷めやらぬ翌日10/27(月)に「第1回東京デス映画祭」を開催致しました。
当日は、スチール33名、ムービー40名と多くの報道陣がゲストの登壇を待ち構える中、本映画祭の開催を祝い、『デス・レース』主演で、ハリウッドきっての肉体派俳優ジェイソン・ステイサムに肩を並べる日本きっての肉体派芸人アントキの猪木さんが登壇し、新技デス・レースを披露。本映画祭チェアマンとしての役割を堂々と務められました。また『デス・レース』は前作からの“復活”映画、そしてこの度ご自身もお二人での音楽活動を復活されたバブルガム・ブラザーズのブラザー・コーンさんとブラザートムさんが登壇し、“復活”をキーワードにブラックジョーク満載のデス・トークを繰り広げました。そしてレース映画には欠かせないデス・レースクイーン(華彩ななさん、藤井梨花さん、小倉遥さん、雨坪春菜さん)が登壇し、東京デス映画祭を肉々しく盛り上げました。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『デス・レース』特典付き劇場前売観賞券発売

『デス・レース』「“伝説の”フランケン人形」付き劇場前売鑑賞券
発売開始のお知らせ
興奮度5000%のバトルロワイヤル。生き残りを賭けた囚人たちがド迫力のマシンを駆ける掟破りのレースを描いた、死ぬほど危険なエンタテインメントムービー『デス・レース』(東宝東和配給)が11月29日より全国公開する運びとなりました。
公開に先立ちましてこの度、『デス・レース』の誇る伝説の人気レーサー“フランケンシュタイン”をモチーフにした「“伝説の”フランケン人形」付き劇場前売鑑賞券が10月11日(土)より、先着5000名様限定で販売開始となります!
付属プレートには禁断のキメ台詞も記載され、キモかわキャラの魅力を5000%引き立たせております。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

『デス・レース』11月29日全国ロードショー決定

この度、映画『デス・レース』が11月29日より有楽座ほか全国公開することが決定しました。『バイオハザード』『エイリアンVSプレデター』の鬼才ポール・W.S.アンダーソンが伝説のアクションムービー『デスレース2000』を完全復活させ、全米でスマッシュヒットを記録している話題作です。ストーリーの巧妙さはさることながら、近未来の幻想的な世界を見事に表現したその映像美は圧巻です! ダイナミックなアクションシーンも満載。

→続きを読む

2008年の映画ニュース, 映画ニュース          

Vol.12 『アイ・アム・レジェンド』

ロッキードSR71。最高速度マッハ3.2を誇り、配備されていたときには1機も撃墜されなかったという偵察機。ニューヨーク、イントレピッド海上航空宇宙博物館に飾られているSR71はこれ↓

大きな地図で見る

→続きを読む

SF映画, コラム