MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『僕のヒーローアカデミア』第6期第11話 荼毘とトガ、2人の敵<ヴィラン>の秘めたるものとは?

好評放送中のTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第6期。
その第11話の場面カットが届きました。

僕のヒーローアカデミア

●第6期第11話(通算124話)「ダビダンス」
お茶子は一般人に変身していたトガと交戦。お茶子に対してトガが胸の内を打ち明け、問いを投げていく。一方、デクたちの攻撃によって瀕死の重傷を負った死柄木にオール・フォー・ワン(AFO)の意識が退散を促すが、死柄木の意志がそれを許さない。そこへ、ギガントマキアが到着し、一気に戦いの状況の流れが変わる!

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

そんな中、ギガントマキアの背中に乗っていた荼毘が姿を現し、口を開くのだが――!

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

公式サイト:https://heroaca.com/
公式twitter:@heroaca_anime

©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『僕のヒーローアカデミア』第6期第10話 仲間を傷つけた死柄木に対し、怒りを爆発させるデク

『僕のヒーローアカデミア』第6期第9話 死柄木への怒りで新たな個性が目覚めるデク

→『僕のヒーローアカデミア』の記事を探す

→2022年10月アニメ新番組特設ページ