MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『シャドウバースF』第36話 シャドバを通してただミカドを知りたいというライト

好評放送中のTVアニメ『シャドウバースF(フレイム)』。
その第36話の場面カットが届きました。

シャドウバースF

●第36話「僕にとって全ては遊び」
シナリオ:川口敬一郎、磯崎輪太郎
絵コンテ:川口敬一郎
演出:徐 恵眞
総作画監督:桜井正明
作画監督:白鳥弘公、稲葉 栄

シャドウバースF

いつものように部室で思い思いの時間を過ごすセブンスフレイムの部員たち。するとドラグニルと真剣にデッキ調整をしていたライトが、突然スマホを手に取って立ち上がる。ライトが切り出したのは……ミカドとのバトルだった! ハルマとのバトルでわかった、彼がシャドバ部潰しをしていた理由。原因はミカドだったのか、ただハルマが悪かったのか。ライトは悪者探しをするのではなく、シャドバを通してただミカドを知りたいという。

シャドウバースF

シャドウバースF

スバルたちは全力で応援しようと部員総出で理事長室に向かおうとする。悠然と、堂々と、ライトを待ち受けるミカド。その優雅なる立ち姿は天使のようだが、その心に巣食う闇は堕天使のようで……。

シャドウバースF

シャドウバースF

公式サイト:https://anime.shadowverse.jp/
公式Twitter:@shadowverse_anm

© アニメ「シャドウバースF」製作委員会・テレビ東京

●次の記事もオススメ ——————
『シャドウバースF』第35話 ツバサたちに合流すべきかどうか悩んでいたシオン

『シャドウバースF』第34話 リゾート旅行の追加参加者としてシオンに声を掛けたライト

→『シャドウバース』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ