MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『うたわれるもの 二人の白皇』第24話 気象衛星アマテラスが機能を停止し大きく変化したヤマトの気候

好評放送中のTVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』。
その第24話の場面カットが届きました。

うたわれるもの 二人の白皇

●第24話「深淵より来る声」
聖廟を脱出し、クジュウリ近郊の遺跡へ転送されたオシュトル(ハク)達。
帝都のタタリを殲滅させたことで気象衛星アマテラスが機能を停止し、ヤマトの気候は大きく変化しつつあった。

うたわれるもの 二人の白皇

うたわれるもの 二人の白皇

降りしきる雪は以前よりも厳しく、いずれ人々の生活にも大きな影響を与えるだろう――手遅れとなる前に、オシュトル(ハク)はアマテラスを再起動するべく動き出す。
一行は手がかりを知るウルゥル・サラァナに導かれ、クジュウリ城の地下遺跡へと向かうのだった。

うたわれるもの 二人の白皇

うたわれるもの 二人の白皇

公式サイト:https://shoot-anime.com/
公式Twitter:@UtawareAnime

©うたわれるもの二人の白皇製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『うたわれるもの 二人の白皇』第23話 帝都を蹂躙する、封印より解き放たれたタタリ

『うたわれるもの 二人の白皇』第22話 自らこそが帝の正統な後継者だと告げるウォシス

→『うたわれるもの』の記事を探す

→2022年7月アニメ新番組特設ページ