MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『薔薇王の葬列』第23話 エドワードを廃嫡してほしいとリチャードに願うアン

好評放送中のTVアニメ『薔薇王の葬列』。
その第23話の場面カットが届きました。

薔薇王の葬列

●第23話「Mother …… Goodbye.」
脚本:内田裕基
絵コンテ・演出:宮崎修治
総作画監督:橋詰 力、谷川亮介
作画監督:山中いづみ、小野和美、彭 佩琦、金 正男、都築裕佳子

薔薇王の葬列

半身であるバッキンガムを手にかけたリチャード。そこにアンが結核の再発を告白する。アンは、心優しい息子のエドワードを守るため、彼を廃嫡してほしいとリチャードに願う。

薔薇王の葬列

薔薇王の葬列

愛するものが自らの手から零れていく残酷な運命を前に、リチャードはいないはずのバッキンガムを求めるあまり、ケイツビーを代わりにしようとする。だが、ケイツビーは「できません……。身体の熱で、魂をあたためることは」と答える。そんな状態の中、リッチモンドとの戦いは近づきつつあった。

薔薇王の葬列

薔薇王の葬列

公式サイト:https://baraou-anime.com/
公式Twitter:@baraou_anime

©菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『薔薇王の葬列』第22話 妻子を残し、バッキンガムの反乱に対し出陣するリチャード

『薔薇王の葬列』第21話 反乱の意思を固めたバッキンガム

→『薔薇王の葬列』の記事を探す

→2022年1月アニメ新番組特設ページ