MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『ヒーラー・ガール』第10話 ハロウィンの歌のセンターに立候補する響

好評放送中のTVアニメ『ヒーラー・ガール』。
その第10話の場面カットが届きました。

ヒーラー・ガール

●歌唱10「ハロウィ~ン・マスカレ~ド・バタフラ~イ」
脚本:木村 暢
絵コンテ:入江泰浩
演出:鈴木拓磨
総作画監督:鶴窪久子
作画監督:向川原憲、栗西祐輔、亀田朋幸、内田 究、柳瀬譲二、八重樫優翼
メカ作画監督:石口 十、松田未来

ヒーラー・ガール

小さい頃から理彩の歌を聴いてきた響は、自分の歌に自信を持てずに、かつてはヒーラーの夢を諦めようと考えていた。しかし、家族の後押しもありヒーラーを目指すことを決意して、かなや玲美や周りの人達の影響を受けながら歩み続けていた。

ヒーラー・ガール

ヒーラー・ガール

そんな中、ひかえめな自分を克服しようと、響は思い切ってハロウィンの歌のセンターに立候補する。

ヒーラー・ガール

ヒーラー・ガール

公式サイト:https://healer-girl.jp/
公式Twitter:@HealerGirlAnime

©Healer Girl Project

●次の記事もオススメ ——————
『ヒーラー・ガール』第9話 外科の協同オペに参加することになったかな達

『ヒーラー・ガール』第8話 メイドの葵に感謝の念を抱く玲美

→『ヒーラー・ガール』の記事を探す

→2022年4月アニメ新番組特設ページ