MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『薔薇王の葬列』第15話 幼い王太子を王に立て摂政になろうとするアンソニー

好評放送中のTVアニメ『薔薇王の葬列』。
その第15話の場面カットが届きました。

薔薇王の葬列

●第15話「If you hide it, you won’t feel sadness.」
脚本:内田裕基
絵コンテ:鈴木 行
演出:粟井重紀
総作画監督:橋詰 力、前田ゆり子
作画監督:小野和美、山本雅章、都築裕佳子、Jumondou Seoul

薔薇王の葬列

エドワード四世を看取るリチャード。王の死を受け、王妃・エリザベスの弟・アンソニーは、幼い王太子を王に立て、自らは摂政になろうと目論む。さらにアンソニーはリチャードを謀反の罪で逮捕しようとするが、その陰にはバッキンガムの姿があった。

薔薇王の葬列

薔薇王の葬列

そしてついにバッキンガムはリチャードの秘密を知り、リチャードは本当の望みを口にする。「運命から逃れられぬのなら……悪魔に、なればいい――」。

薔薇王の葬列

薔薇王の葬列

公式サイト:https://baraou-anime.com/
公式Twitter:@baraou_anime

©菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『薔薇王の葬列』第14話 リチャードとバッキンガムが練り上げた計略

『薔薇王の葬列』第2クール先行上映、斎賀みつきさん、杉田智和さん、日野聡さん登壇キャストトーク

→『薔薇王の葬列』の記事を探す

→2022年1月アニメ新番組特設ページ