MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『八男って』最終回 ヴェル殺害を目論むクルトが使った「竜使いの笛」

好評放送中のTVアニメ『八男って、それはないでしょう!』。
その最終話となる第12話の場面カットが届きました。

八男って、それはないでしょう!

●第12話「八男って、それもありでしょう!」
監督:三浦辰夫
シリーズ構成:宮本武史
脚本:宮本武史
絵コンテ:杉島邦久
演出:金田貞徳
総作画監督:田辺謙司
作画監督:萩原しょう子/槙田一章/反町司
美術監督:松本浩樹
音響監督:菊池晃一
制作進行:新井将生

八男って、それはないでしょう!

ヴェル殺害を目論むクルトは魔道具「竜使いの笛」を手に、ヴェルたちの前に姿を現す。だがクルトの持つ魔道具は「怨嗟の笛」という、怨念を集め自らをアンデッドにする呪いのアイテムであった。

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!

図らずもクルト失脚を望む人々の要望に応えてしまったヴェルは、最後に大きな賭けに出ることに……。

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!

公式サイト:hachinan-anime.com
公式Twitter:@Hachinan_PR(ハッシュタグ:#八男)

©Y.A/MFブックス/「八男って、それはないでしょう!」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『八男って』第11話 悩んだ末、覚悟を決めたヴェルが起こしたある行動

『八男って』第10話 ヴェルに敵意むき出しの長男・クルト

→『八男って、それはないでしょう!』の記事を探す

→2020年4月アニメ新番組特設ページ