MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『八男って』第11話 悩んだ末、覚悟を決めたヴェルが起こしたある行動

好評放送中のTVアニメ『八男って、それはないでしょう!』。
その第11話の場面カットが届きました。

八男って、それはないでしょう!

●第11話「板挟みって、それはないでしょう!」
監督:三浦辰夫
シリーズ構成:宮本武史
脚本:宮本武史
絵コンテ:緒方隆秀
演出:緒方隆秀
作画監督:田辺謙司
美術監督:松本浩樹
音響監督:菊池晃一
制作進行:石川智也

八男って、それはないでしょう!

ブランタークの言葉に自分はまだ貴族というものをわかっていなかったことを痛感したヴェル。加えて、クルトの妻であるアマーリエやその息子たち、領民や王宮の様々な思いも知り、徐々に身動きが取れなくなっていく。

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!

悩んだ末に覚悟を決めたヴェルはある行動を起こし始める。

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!

公式サイト:hachinan-anime.com
公式Twitter:@Hachinan_PR(ハッシュタグ:#八男)

©Y.A/MFブックス/「八男って、それはないでしょう!」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『八男って』第10話 ヴェルに敵意むき出しの長男・クルト

『八男って』第9話 ヴェル死亡説を流した犯人を捜すローデリヒ

→『八男って、それはないでしょう!』の記事を探す

→2020年4月アニメ新番組特設ページ