MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『Fukushima 50』劇場公開中に異例の期間限定ストリーミング配信が決定

9年前の東日本大震災および福島第一原発事故では、命をかけて東日本壊滅の危機という国難に立ち向かった人たちがいました。そして、2020年。未知のウイルスによる新たな国難がやってきました。いま私たちにできるのは、とにかく外出を避け感染拡大を広げないこと。9年前の事故を風化させず、今そしてこれからの時代をどう生きていくかをもう一度考えるため、全国公開中の『Fukushima 50』のストリーミング配信を期間限定で実施することが決定しました!

Fukushima 50

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故 の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』。

公開から約1ヵ月が経過しましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況下、多くの映画館が営業を休止していることも重なり「見たくても見に行けない」という声が多くなっています。

4月7日(火)に新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府より発令された緊急事態宣言および4月16日(木)に緊急事態宣言の対象地域が全国に及んだことを受け、感染拡大防止の観点と、是非見たい、という声に応えるべく、本作を期間限定で有料ストリーミング配信することが決定しました。

なお、事態の改善と映画館の営業再開に合わせ、一部の映画館で上映が再開される予定です。 購入済みのムビチケ前売券(オンライン・カード)およびムビチケ当日券は再上映でも使用可能です。

Fukushima 50

●配信情報
配信形式:デジタルレンタル配信(TVOD)
価格:1,900円 税込)
配信期間:4月17日(金)より随時開始 、配信終了日は事態の収束をみて後日決定
配信サービス:ミレール(お手持ちのムビチケ前売券(オンライン・カード)およびムビチケ当日券を使用しての視聴も可能です)、ニコニコ生放送、Amazon Prime Video、U-NEXT、ビデオマーケット、ひかりTV、GYAO!ストア、楽天TV、クランクイン!ビデオ ほか(予定)

Fukushima 50

『Fukushima 50』
全国公開中、期間限定配信順次開始

(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

→『Fukushima 50』の記事を探す