MOVIEW SNS:Twitter Instagram YouTube

『文豪とアルケミスト』第3話 物語を強制的に動かすことを決意する文豪

好評放送中のTVアニメ『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』。
その第3話の場面カットが届きました。

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

●第3話「桜の森の満開の下 後編」
脚本:熊谷 純
絵コンテ:久慈悟郎
演出:久慈悟郎
作画監督:佐藤和巳、近藤瑠衣
総作画監督:牧 孝雄
美術監督:緒続 学

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

その男は首を斬る。「桜の森の満開の下」の中にあってで、孤独を恐れ、女房の望むままに人首を求めるその男の姿は、名もなき山賊そのものであった。彼を救うべく潜書した二人の文豪は、物語を正しく完遂させて侵蝕者を消滅するために、物語を強制的に動かすことを決意し、ある行動に出るのだった。

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

一方そのころ図書館では、一人の文豪が、その男が本に囚われているのは、自分に責任の一端があると感じ、潜書を試みようとしていて……。

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~

公式サイト:https://anime-bungo-alchemist.com/
公式Twitter:@Anime_BunAl

(C)DMM GAMES/文豪とアルケミスト製作委員会・テレビ東京

●次の記事もオススメ ——————
『文豪とアルケミスト』第2話 男を待ち構える想像を絶する出会いと惨劇

『文豪とアルケミスト』第1話 親友は本当に救うに値するのかと問う王

→『文豪とアルケミスト』の記事を探す

→2020年4月アニメ新番組特設ページ