MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』興収15億円突破!

2011年以来7年ぶり! 興行収入15億円突破!
平成仮面ライダー20作記念『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
冬の仮面ライダー映画シリーズ、歴代No.1興行収入目前!

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

018年12月22日(土)に全国で公開された。公開から、初動(公開3日間)成績最高記録、10億円突破最速記録、正月3が日成績最高記録、冬の仮面ライダー映画シリーズの累計動員が本作をもって1000万人突破など、冬の仮面ライダーシリーズの映画の中でも様々な記録を打ち立てている本作。

そして、ついに本作の興行成績が2月3日(日)までの時点で、興行収入15億円を突破しました! 15億円突破をした作品は冬の仮面ライダー映画作品としては2011年12月10日公開『仮面ライダー×仮面ライダーフォーゼ&オーズMOVIE大戦MEGA MAX』(15.1億円)以来実に7年ぶり!

平成仮面ライダーが出演する映画としては『仮面ライダー×スーパー戦隊スーパーヒーロー大戦』(2012年4月21日公開)以来6年ぶりとなり、これまでの平成仮面ライダー作品では、15億円突破は7作目となります。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

2009年公開の『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010』からスタートした、「仮面ライダー×仮面ライダーMOVIE大戦」シリーズ。以降、毎年12月に冬休み映画の恒例作品として公開され続け、2016年からは「平成ジェネレーションズ」シリーズに名を改めて、その人気を不動のものとしてきました。

今回の『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は冬の仮面ライダー映画シリーズ10作目、かつ平成最後の仮面ライダー映画と、節目のタイミングである中で、遂に15億円という大台へ到達しました。

冬の仮面ライダー映画歴代最高興行収入である15.4億円を記録した2009年12月12日公開『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010』を超える、冬の仮面ライダー映画歴代No.1の興行収入も目前となりました。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

歴代平成仮面ライダー作品をフィーチャーし、平成仮面ライダーシリーズ出演俳優である半田健人さん、武田航平さんが登場するイベントや、全国で開催されている応援上映で大いに盛り上がりを見せている『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』。

テレビ朝日系にて毎週日曜午前9時から放送中の『仮面ライダージオウ』も未来編がスタートし、先日放送された第21話と、2月10日放送の第22話に『仮面ライダー龍騎』オリジナルキャストの須賀貴匡さんと津田寛治さんが当時の役柄で出演するといった、平成仮面ライダー20作品記念作にふさわしく、目が離せない展開となっています。

テレビシリーズでも、映画でも、平成最後の年、そしてその次の時代に向けて仮面ライダーはまだまだ走り続けます!

平成仮面ライダー20作記念『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
大ヒット上映中

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

●次の記事もオススメ ——————
武田航平ナイト、みーたんのリアルすすり泣きで4DXを超える臨場感!

平成仮面ライダーの申し子から瞬殺俳優へ。武田航平ナイトを開催!

→『仮面ライダー』の記事を探す