MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

『進撃の巨人』がハリウッドで実写映画化決定!

進撃の巨人ワーナー・ブラザース配給、監督はアンディ・ムスキエティ!
『進撃の巨人』ハリウッド版実写映画化が決定!

『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の『進撃の巨人』(著:諫山創)の、ハリウッド版実写映画化が決定しました。

監督は『MAMA』『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ、制作は『ハリー・ポッター』シリーズや『ゼロ・グラビティ』のヘイデイ・フィルムズ、製作・配給はWarner Bros.(ワーナー・ブラザース)となることが決定しています。

『進撃の巨人』は2018年10月現在、26巻まで発売され国内累計発行部数は7600万部を超える。12月7日には27巻が発売予定。

著:諫山 創(いさやま はじめ)
掲載誌:別冊少年マガジン(講談社)

公式HP:http://shingeki.net/

(C)諫山創・講談社

●次の記事もオススメ ——————
『進撃の巨人』Season 3 Part.2が2019年4月から放送決定!

『進撃の巨人』Season 3オープニングはX JAPAN feat. HYDEが担当

→『進撃の巨人』の記事を探す