MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube

「もっとも原作に忠実で、もっとも怖い」『ザ・リング/リバース』

原作者:鈴木光司氏も驚かせた!
1月26日公開『ザ・リング/リバース』への著名人コメントが到着!

ザ・リング/リバース

初代『リング』公開から20年。数々の続編、リメイクが国内外で制作され、軒並み大ヒットを記録してきた傑作シリーズ最新作『ザ・リング/リバース』へのコメントが到着しました。

鈴木光司によるベストセラー小説を原作に、1998年に公開された映画『リング』(監督:中田秀夫、脚本:高橋洋)。見た者を必ず死に至らしめる“呪いのビデオ”という斬新な設定と、TV画面から這い出る貞子の姿が世界中に衝撃を与え、ジャパニーズ・ホラーの代名詞として不動の地位を獲得。その後、数々の続編、リメイクが国内外で制作され、軒並み大ヒットを記録してきた傑作シリーズ最新作が、公開から20年の節目に、バージョンアップを果たし、ハリウッドから再上陸します!

呪いのビデオを見てしまった主人公が、そのルーツを辿り、謎を解き明かすべく奔走するという、原作に忠実なストーリー構成。さらに現代ならではの要素も取り入れつつ、さらにバージョンアップを遂げた戦慄シーンの数々は、原作者である鈴木光司氏も絶賛するほど。

全世界でJホラーブームを巻き起こし、本作のみならずJホラーを語る上で欠かせない原作者の鈴木光司氏、リングシリーズ3作品で監督を務めた中田秀夫監督からコメントが到着しました。

ザ・リング/リバース

・鈴木光司さん(原作者)コメント
これぞ原点回帰。ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い。驚いた。

・中田秀夫さん(映画監督)コメント
青白い砂嵐のTV画面、床を這う黒い水、雑木林の中の井戸、連鎖するイメージに、わが故郷に帰ってきた強烈な懐かしさを覚えた。しかしその故郷は決して安息の地ではなく、言いしれぬ不安と恐怖に満ち満ちていた。

ザ・リング/リバース

●さらにホラー映画に精通した評論家や著名人からもコメントが到着。
20年前に公開し世界を震撼させた初代「リング」に原点回帰をしつつも現代を生きる我々に欠かせない要素が織り込まれたことでその恐怖は身近なものとなり、さらにパワーアップした貞子=サマラの怨念が、著名人たちの心をざわつかせたようです。

・小堺一機さんコメント
知っているのに、見たことあるのに! コワイ!! 気がつくと、その“コワイ”を楽しんでいる自分が! サマラを創ってしまったのは人間だ。サマラと人間、どちらが“コワイ”?

・人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)
今度のアメリカン貞子はテレビを倒しても持ち上げて出てくる! よりパワフルになった怨念に戦慄する!!

・鷲巣義明さん(映画文筆家)
呪いが進化し、 呪いの謎が渦巻く! 原作小説&日本版映画のエッセンスを盛り込み、サマラ出生の秘密と真の両親を探る、魅惑的なヒロインに引き込まれる。恐怖とミステリーが融合した快心の出来!!

・松崎健夫さん(映画評論家)
スマホで映像を持ち歩く時代。あの映像を手元で確認する手軽さに、呪いそのものが簡単にコピペされる恐怖を憶え戦慄する!

・尾崎一男(映画評論家&ライター)
始球式で速球を投げたり、なりゆきで伽椰子と戦ったり、今やすっかりバラエティ怨霊と化した貞子a.k.a.サマラを、ハリウッドが再び恐怖の対象へと戻してくれた!! 現代アメリカンホラーの流儀に沿った新生『リング』は、Jホラーの立役者がいかに脅威の存在だったのかを改めて教えてくれる。

『ザ・リング/リバース』
1月26日(金)全国ロードショー

(C) 2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

●次の記事もオススメ ——————
進化する呪いのビデオ『ザ・リング/リバース』最恐の予告編が解禁!

テレビから這い出る“彼女”……『ザ・リング/リバース』ビジュアル解禁

→『リング』の記事を探す