MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

神山健治×荒牧伸志W監督で、月刊ヒーローズ『ULTRAMAN』2019年アニメ化

神山健治×荒牧伸志W監督で、月刊ヒーローズ『ULTRAMAN』2019年アニメ化 #ウルトラマン #heros_ultraman

https://www.moview.jp/958967994.html

ULTRAMAN本日より開催されている東京コミコン2017の特設ステージにて、月刊ヒーローズ連載中の『ULTRAMAN』が3DCGフルアニメーションとして、2019年アニメ化されることが発表されました。

『ULTRAMAN』(清水栄一×下口智裕)は、初代ウルトラマンであったハヤタ・シンの息子、早田進次郎がスーツを身にまとって戦う「等身大ヒーロー」としてのウルトラマンを描き、累計発行部数260万部を突破する人気作品。

今回、ビジュアル面でも「誰も見たことのないウルトラマン」を目指す本作は、世界で活躍する豪華スタッフの手で、フル3DCGアニメーションとして制作されます。

監督は『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の神山健治監督と『APPLESEED』、『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧伸志監督の2人体制。

作品内容、出演キャストなどの情報は順次公開予定です。

●神山健治・荒牧伸志 両監督からコメントが到着!
神山健治監督コメント:荒牧監督と共に3DCGで『ULTRAMAN』のアニメーション制作に挑戦しています。
いままでにも3Dでのアニメ制作は経験がありましたが、モーションキャプチャーを使用するのは今回初めての経験です。
演出の仕方、絵作りの方法論は手付けや作画のアニメ制作とは異なりますが、新しいチャレンジは作品を作っていく上で刺激になり、面白いアイディアに繋がっていくという確信があります。

荒牧伸志監督コメント:今回、『ULTRAMAN』という大きなタイトルを、さらに神山監督という強力すぎるクリエイターと一緒に作る、ということが、私には過激な緊張感と期待感をもたらしています。
日本で作る3DCGアニメの作品として、CGアニメの新形態を見せたいと思っています。
原作コミックのおもしろさを増幅し、ウルトラマンシリーズのファン、原作コミックのファンだけでなく、まったく新しいファンも楽しめるような作品にするべく全力を投入します。

監督:神山健治×荒牧伸志
制作:Production I.G.、SOLA DIGITAL ARTS

『ULTRAMAN』公式サイト:http://anime.heros-ultraman.com/
公式Twitter:@heros_ultraman

(C)TSUBURAYA PRODUCTIONS (C)Eiichi Shimizu, Tomohiro Shimoguchi (C)「ULTRAMAN」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『ULTRAMAN』に登場のウルトラマン因子を最大限に活かすパワードスーツ

ウルティメイトファイナルへ!『劇場版 ウルトラマンジード』予告解禁

→『ウルトラマン』の記事を探す