MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『テルマエ・ロマエII』シッチェス・カタロニア国際映画祭に出品決定!

イタリアに続き、スペインでも大沸騰!!
世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、シッチェス・カタロニア国際映画祭に出品決定!
異例の『テルマエ・ロマエ』、『テルマエ・ロマエII』シリーズ2作同時上映!
4月26日(土)<よい風呂の日>から公開され、公開33日間で観客動員300万人突破、興行収入38億円を突破し大ヒット上映中の『テルマエ・ロマエII』が、世界三大ファンタスティック国際映画祭の一つ、「シッチェス・カタロニア国際映画祭」のアジアの秀作を集めた「フォーカス・アジア部門」への出品が決定しました!
さらに、前作『テルマエ・ロマエ』の同映画祭での上映も決定し、異例のシリーズ2作同時招待を受ける形となりました。

テルマエ・ロマエII


ファンタスティック映画祭とは、アート系・ドラマ系を上映する通常の映画祭(カンヌ、ベネチア、ベルリンなど)とは一線を画し、ファンタジー・SF・ホラー・アドベンチャー・アクション・サスペンス等エンタテインメント性豊かな映画を集めて上映する映画祭。
シッチェス・カタロニア国際映画祭はブリュッセル国際映画祭(ベルギー)、ポルト国際映画祭(ポルトガル)と並んで、世界三大ファンタスティック国際映画祭の一つとして、毎年10月にスペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地・シッチェスで開催されている映画祭です。
昨年2013年には、18.2万人の観客が訪れ、約250作品が上映されました。過去には「オフィシャル・ファンタスティック部門」で1999年に『リング』(中田秀夫監督)、2003年に『座頭市』(北野武監督)がグランプリを受賞しています。『テルマエ・ロマエII』はフォーカス・アジア部門内のコンペティションの対象作品で、受賞の行方に注目が集まります。
先日イタリアで開催された「ウディネ・ファーイースト映画祭」(4月25日~5月3日)では、『テルマエ・ロマエII』がインターネット投票による観客賞「マイ・ムービーズ観客賞」を受賞し、さらに前作『テルマエ・ロマエ』が6月にイタリアで劇場公開されます!
イタリアに続き、スペインの観客も大爆笑間違いないし!
“テルマエ”ブームが世界に広がっています!!
『テルマエ・ロマエII』
大ヒット上映中!
(C)2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
→『テルマエ・ロマエ』の記事を探す