MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』敵はガトランティス!特報映像

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』
特報映像/ストーリー解禁!
『宇宙戦艦ヤマト』のテレビシリーズ第1作からちょうど40年。この“ヤマト40周年”を記念して、『宇宙戦艦ヤマト2199』の完全新作劇場映画となる『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が12月6日(土)に公開されます。さらに12月の劇場映画に先駆けて、TVシリーズ全26話を、新たな視点で振り返る特別総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』が10月11日(土)に上映されます。両作の予告・特報・ストーリーが解禁となりました。


●宇宙戦艦ヤマトのイスカンダルへの長い旅路を、新たな視点で振り返る特別総集編
『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』10月11日(土)イベント上映
西暦2199年。人類は絶望の淵に立たされていた。
外宇宙から襲来した謎の星間国家<ガミラス>による遊星爆弾により地球は壊滅的な被害を負い、人類滅亡までの猶予はわずか一年…残された最後の希望。
それは、人類初の恒星間航行が可能な宇宙戦艦<ヤマト>で、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生するシステム<コスモリバースシステム>を受け取りに行く<ヤマト計画>だった―――
人類の命運を懸けた16万8千光年の大航海を追想する。
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟●西暦2199年、隠されていたストーリーが今明かされる!!!
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』12月6日(土)公開
西暦2199年。ヤマトは大マゼランを後にしようとしていた。
目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受領したクルーたちの間には穏やかな空気が流れていた。
その矢先、ヤマトは大マゼラン外縁部で突如出現した謎の艦隊と遭遇する。
彼らは<ガトランティス>を名乗り、ヤマトの引き渡しを要求してくる。
戦闘を回避し地球に急ぎたいヤマト。だがその前に未知の生命体まで出現し行く手を阻む。
間一髪ワープするヤマトだが、その眼前には、薄鈍色(うすにび色)の異空間に浮かぶ惑星の姿があった…。
※本作は旧作『さらば宇宙戦艦ヤマト』に出てくる「ガトランティス」が描かれますが、地球帰還前のストーリーとなり、『宇宙戦艦ヤマト2199』としての完全オリジナルストーリーになります。

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』
10月11日(土)イベント上映開始
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』
12月6日(土)全国ロードショー
アニメーション制作:株式会社ジーベック
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
(C)西崎義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
→『宇宙戦艦ヤマト』特設ページ
→アニメニュースはこちら