MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

トム・クルーズ史上最高の全世界オープニング記録『ザ・マミー』7月公開

1932年『ミイラ再生』、1999年『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』 ―そして2017年夏。
ユニバーサル・スタジオの礎を築いた神々とモンスターの世界、その新たなる幕開け。 「ダーク・ユニバース」プロジェクト第一弾作品
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

トム・クルーズ史上最高の全世界オープニング記録を樹立!
46の国/地域でNo.1

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

『魔人ドラキュラ』(1931)、『フランケンシュタイン』(1931)など、その歴史のはじまりから今日まで世界中の人々を魅了し続けてきたユニバーサル・スタジオのモンスター映画を次世代向けにリメイク・シリーズ化することを発表し、世界中で大きな話題を呼んでいる超巨大プロジェクト「ダーク・ユニバース」。

その第一弾作品として注目を集めている、トム・クルーズ主演のアクション・アドベンチャー超大作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が、東宝東和配給にて7月28日(金)より日本公開されます。

本作は、ハリウッドきっての大スターであるトム・クルーズを主演に迎え、中東の広大な砂漠から現在のロンドンに隠された地下迷宮を舞台に、古代エジプトの神話に封印された邪悪なる“王女”の復活の物語を描くアクション・アドベンチャー超大作です。

この度、日本公開に先駆け6月9日より全米を含む63ヵ国/地域で公開を迎えた本作が、全世界で約1億7300万ドル(約191億円 ※6月11日時点のレート換算)を売り上げ、トム・クルーズ史上最高の全世界オープニング記録を樹立しました!

これは、『宇宙戦争』(2005)が保持していた数字(約1億6700万ドル)を塗り替える記録で、全米を除くインターナショナルにおいても約1億4180万ドルを稼ぎ出し、こちらも『宇宙戦争』の記録(約1億250万ドル)を抜き、トム史上No.1のオープニングに。

全世界からの注目度の高さを見せつけると共に、トム・クルーズの衰えない人気も証明する形となりました。

さらに、世界各国の週末ランキングで1位を獲得! 公開された国/地域のうち、46テリトリーで1位スタート、また26テリトリーでトム・クルーズ史上最高のオープニング興収を記録し、全世界を「ザ・マミー」が覆い尽くしています!!

本作に次ぐダーク・ユニバースの次回作には、『美女と野獣』の監督ビル・コンドンがメガホンをとる『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)が予定されている他、今後、透明人間をジョニー・デップが、フランケンシュタインの怪物をハビエル・バルデムが演じることが決定しているなど今後も大きな盛り上がりをみせています。

●『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』興行成績 ※Box Office Mojo調べ 6月13日時点 ※出典:Box office Guru. Box office mojo
オープニング3日間(インターナショナル)(6月9日~6月11日):141,800,000ドル
全世界総興収オープニング 3日間(全米含む63ヵ国/地域):173,468,375ドル

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

●ストーリー
灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。調査のため棺を輸送するが、想定外の事態により飛行機は墜落。即死であったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられていた。混乱するニックはジェニーを連れ、棺の行方を捜すためにその場を後にする。

ニックが目を覚ましたその頃、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化し棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が現代に蘇り、5000年の時を経て人類への復讐をはじめようとしていた――。

●スタッフ・キャスト
監督:アレックス・カーツマン
プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル、サラ・ブラッドショウ
脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス、ラッセル・クロウ
配給:東宝東和

公式Facebook:https://www.facebook.com/TheMummyJP/
公式Twitter:@TheMummy_JP

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
7月28日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー

(C)Universal Pictures

→『ザ・マミー』の記事を探す