MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

flumpool「ラストコール」、映画『サクラダリセット』主題歌に決定!

サクラダリセット誰も出会ったことのない物語。傑作青春ミステリー小説、実写映画化!
2年前の夏、彼女が世界から消えた――あの日を取り戻すために僕らは何度も「リセット」する

野村周平 主演映画『サクラダリセット』主題歌決定!
予告編・新ビジュアル・公開日 解禁!

昨年、第8回大学読書人大賞を受賞した「いなくなれ、群青」から始まる<「階段島」シリーズ>が累計50万部を突破し、ますます注目を集める作家・河野 裕の原点にして最高傑作。ライトノベル界屈指の名作「サクラダリセット」シリーズが待望の実写映画化されます。

来春3月25日(土)より前篇、5月13日(土)より後篇、2部作連続にて全国ロードショーです。

「リセット」の一言で、世界を最大3日分巻き戻すことができる―この卓越した能力を巡って、能力者たちが暮らす街“咲良田”を舞台に、想像を超えた物語が展開。驚異的な「記憶保持」の力を持つ高校生・浅井ケイが、「リセット」の能力を持つ春埼美空と共に、2年前に死んでしまった同級生、相麻 菫をよみがえらせるために、様々な能力を組み合わせた作戦に挑みます。

時制が錯綜する緊迫の青春ミステリーであると同時に、刹那のときめきと哀しみが胸打つ青春ラブストーリーでもある本作。

主人公の浅井ケイを演じるのは、作品ごとに変幻自在の俳優力を見せる野村周平。春埼美空には、凛とした存在感で注目を集める黒島結菜、他、平 祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里ら、映画界の未来を担う豪華若手俳優陣が集結しました。さらに、前篇に加賀まりこ、後篇には及川光博など、作品に風格と深みを与える個性派俳優陣も出演。

監督は、常に情感あふれる演出と描写で観客を確かな感動へと導く気鋭、深川栄洋(『神様のカルテ』シリーズ)が務め、新たな青春映画が誕生します。

そしてこの度、『サクラダリセット 前篇/後篇』の主題歌に、今年春5万人動員したツアーを大成功におさめ、大晦日にはカウントダウンライブも控えているflumpoolの「ラストコール」(作詞:山村隆太/作曲:阪井一生)が決定しました!

flumpool

「flumpoolの楽曲は、キャッチーで爽快感がありながらどこか心揺さぶられる憂いを孕んでいる魅力があり、「サクラダリセット」の透明感と登場人物たちの葛藤に通底すると感じていた」(春名 慶プロデューサー)として、今回のコラボレーションが実現。

本作のために書き下ろされた楽曲は、どこか優しさとせつなさを感じるメロディと、未完成な青春の脆さ、そして強さを表現した歌詞が、壮大な前後篇二部作の物語を彩っています。

さらに本日、主題歌「ラストコール」が入った本作の予告編映像、新ビジュアル、映画公開日が解禁となりました。

●山村隆太さん(flumpool)コメント
テーマは「未来への願い」です。
叶わなかった約束とか夢とか、取り返しのつかない失敗、誰でも一つは忘れたい過去を持っています。
過去を糧に成長するというのも人かもしれません。

ですが、時には「忘れる」ということも生きていくためには必要です。
それは決して悪いことではないと僕は思います。
しかし「過去を忘れない」という能力を持つ主人公浅井ケイは犯した罪や過ち、その痛みから逃げられません。
ところが彼はそれを嘆くのではなく、過去を全て背負い、誰より傷つきながらも今以上の未来へと向かいます。
現代を生きる僕らにとって、より良い未来を想像することは容易ではないと僕は思います。
複雑化する情報社会、たくさんの記録や記憶が溢れる社会の中では幸か不幸か、過去や未来全てを知った気になります。

そんな現代の中でも過去の悲しみの意味を探し、未来にしかない答えを必死に見つけようとするケイの強さと脆さをこの歌に込めました。

この映画を見る全ての人たちにケイのいつだって「今以上」の未来を求める勇気が伝わってほしいと願っています。

●野村周平さん(主演/浅井ケイ役)コメント
flumpoolさんとは、僕がまだ高校生の時に一度仕事をした以来だったので、今回久しぶりにまたご一緒できることをとても嬉しく思っています。
主題歌の「ラストコール」は歌詞も曲調も映画の世界感にぴったりで曲を聴いただけでサクラダの世界を想像できる素晴らしい楽曲だと思いました。

●深川栄洋監督コメント
映画のラストシーンが幕を閉じ、山村さんの歌声が響く時、スクリーンの中に生き続けていた登場人物たちの願いはメロディーに受け継がれた。歌詞は描かれなかったそれからの若者たちの未来を飛躍させてくれるように思えました。

●春名 慶プロデューサー コメント
flumpoolの楽曲は、キャッチーで爽快感がありながらどこか心揺さぶられる憂いを孕んでいる魅力があり、「サクラダリセット」の透明感と登場人物たちの葛藤に通底すると感じてオファーしました。前篇のエンディングでありながら、二部作の折り返しを担う難役をリクエストしてしまいましたが……見事に物語が終着した達成感、それ以上のどんでん返しがまだ進む先(後篇)へと駆り立てる疾走感、ふたつを兼ね備えた主題歌を書き下ろしていただけました!!

●ストーリー
「泣いている人がいたら、リセットします」
“悲しみ”と“後悔”を消すために、僕らは過去をやり直す

特殊な能力を持つ人々が半数を占める“咲良田”。住人たちの力は“管理局”によって慎重に、監視・制御されていた。

浅井ケイは、「記憶保持」の力を持つ高校生。春埼美空は、世界を最大3日分巻き戻す=「リセット」の能力を持つが、それはケイと共に行動することで初めて効果を発揮することができる。

しかし、ケイと春埼には取り戻せない“過去”があった。それは、2年前に「リセット」の影響を受けて死んでしまった相麻菫のこと。そんなケイたちの前に、「モノを消す」能力を持つ村瀬陽香と「記憶を操作する」岡 絵里が現れる。一方、高校のボランティア
活動=“奉仕クラブ”の一環で、かつて「写真に入る」能力を持ちながら、それを奪われてしまった老人、佐々野からのある依頼などあって、ケイと春埼は、「未来を知る」力のある“魔女”と呼ばれる老婆と出逢う。

何の関連もないと思われたそれらの出来事から、相麻をよみがえらせる可能性に気づいたケイは、「声を届ける」能力を持つ親友・智樹らと共に“管理局”相手に禁断のアプローチを開始する。かくして、相麻 菫はよみがえったかのようにみえた……だが、ケイたちは驚くべき真実に遭遇する。

“相麻 菫の再生”こそが、すべての“始まり”だったのだー

●スタッフ・キャスト
出演:野村周平 黒島結菜 平 祐奈 健太郎 玉城ティナ 恒松祐里
吉沢 悠 丸山智己 中島亜梨沙 大石吾朗 / 加賀まりこ
【後篇】八木亜希子 /及川光博

監督・脚本:深川栄洋
原作:河野 裕「サクラダリセット」シリーズ(角川文庫/角川スニーカー文庫)
主題歌:flumpool「ラストコール」(A-Sketch)
製作:「サクラダリセット」製作委員会
配給:ショウゲート

『サクラダリセット』
【前篇】3月25日(土)【後篇】5月13日(土)二部作連続公開!

(C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

→『サクラダリセット』の記事を探す