MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『君の名は。』いよいよ世界へ! 第一歩となる釜山国際映画祭公式上映

釜山国際映画祭で、韓国のファンが大熱狂!
世界配給へ向けて好発進!

君の名は。

夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語を描き大ヒット上映中の『君の名は。』は、8月26日(金)に全国301スクリーンで公開されるやいなや、その圧倒的な映像美と心を震わす感動のストーリーが話題となり、10~20代にとどまらず幅広い世代が劇場に殺到、全国でチケット完売が相次ぎました。

連日様々なメディアで特集が取り上げられ、ブームを超えて社会現象化しています。公開から6週経った今でもその勢いは衰えず、週末ランキングでV6を達成しました(※10月4日現在 ※興行通信社調べ)。

新海監督は、これまでに歴史のある米エンターテインメント誌『Variety』の「2016年の注目すべきアニメーター10人」に日本人として初めて選出され、7月にロサンゼルスの「ANIME EXPO 2016」で行われた『君の名は。』ワールドプレミアでは現地のアニメファンを総立ちさせるなど、公開前から国内にとどまらず世界からも注目を集めていました。

そしてこの度、映画『君の名は。』が韓国の釜山で開催されている第21回釜山国際映画祭の「ガラ・プレゼンテーション部門」に正式出品され、メイン会場である「映画の殿堂(ドゥレラウム)」にある「ハヌルヨン劇場(Haneulyeon Theater)」にて、本日10月9日、公式上映が行われました。

その公式上映に合わせて、新海誠監督、主人公の声を担当した俳優・神木隆之介さん、女優・上白石萌音さんが現地入り。3人とも釜山国際映画祭へは初の参加となります。

上映に先駆けて3人は釜山市内を散策し、高校生の恋愛ストーリーを描いた本作にちなんで、若者のデートスポットとして人気の冬柏(トンペク)公園展望台を訪れました。

君の名は。

釜山の印象について、新海監督は「アジア最大の国際映画祭、ずっと来てみたかったので、すごくワクワクしています。街全体で映画祭を盛り上げようとしている雰囲気をとても感じます。」とコメント。神木さんは「初めて釜山映画祭に参加して、未知数ですけど嬉しいです!」、上白石さんは「『君の名は。』は、都会と田舎をすごくリアルに描いているので、まさに“今の日本”というものがダイレクトに伝わる映画なんじゃないかなって思います。韓国の方にどう感じていただけるのかもすごく楽しみですね。」と、感想を語りました。

また、上映を前にして新海監督は「韓国の方々は本当にアニメーションも好きだし、映画も好き。いま日本の一番新しいアニメーション映画として『君の名は。』を楽しみにしてくれているだろうと思うと、どんな反応が来るかとても緊張しますが、楽しみです。」と期待を膨らませていました。

釜山市内を散策した3人は、15:30(現地・日本同時間帯)から東西大学校centum campusコンベンションホールで行われた記者会見に参加。100人を超える海外メディアの質疑応答に答えました。そこで新海監督は、「2011年に日本を襲った地震は、私に大きな影響を与えました。その時に日本人が想った願いや祈りの結晶をこの作品に込めました。」と語りました。

君の名は。

さらに待望の次回作について質問がおよび「今は白紙だが、多くの人を楽しませるエンターテインメント映画をもう一本つくりたいです。その能力が自分にあるのか、確かめたい。」と答えました。神木さんは「入れ替わった時に、瀧を可愛いと思ってくれるよう演じました。」、上白石さんは「三葉はとても普通の女の子。親近感を持ち、自分と重ね合わせて声を吹き込みました。」と、それぞれ役に対する想いを語りました。

君の名は。

そして17:40(現地・日本同時間帯)からは野外舞台挨拶を実施。
映画祭開催中に台風18号が釜山を直撃。恒例の海雲台ビーチの特設ステージが高波によってすべて破壊されましたが、そのような状況の中でも映画祭スタッフ、釜山市民の手により1日にして特設ステージを設置しての挨拶となりました。

現地でも注目が高まっている『君の名は。』の舞台挨拶ということで、会場には20代の男女を中心に熱狂的な新海誠ファンやアニメーション映画ファンなど600人以上のお客さんが集まりました。退場時には詰めかけたファンに取り囲まれ、握手を求められるなど熱烈な歓迎を受けました!

・野外舞台挨拶時、檀上でのあいさつ
新海監督:みなさん、寒くないですか?? 来ていただいてありがとうございます! 『君の名は。』は、入れ替わりから始まるコメディの話ではありますが、観終わった時にはきっと予想もしなかった場所に観客を連れて行ってくれる作品ができたと思います。

神木隆之介さん:ヨロブン アニョハセヨ。チョヌン、『ノエ、イルムンエソ』瀧(たき) ヨグル マットゥン 神木龍之介 イムニダ! マンナソ パンガッスムニダ。(皆さん、こんばんは。『君の名は。』で瀧を演じた神木龍之介です! 今日はお会いできて光栄です)。

上白石萌音さん:ヨロブン アニョハセヨ。チョヌン、『ノエ、イルムンエソ』三葉(みつは) ヨグル マットゥン 上白石萌音 イムニダ。プサン ヨンファジェ チェゴ!!!(皆さん、こんばんは。『君の名は。』で三葉を演じた上白石萌音です。今日はお会いできて光栄です。釜山映画祭、最高!!!)

君の名は。

・公式上映は4分で全席完売
公式上映会場となったのは、2011年に開館した映画祭専用の劇場「映画の殿堂(ドゥレラウム)」内にある「ハヌルヨン劇場(Haneulyeon Theater)」。20:00(現地・日本同時間帯)から行われた公式舞台挨拶では、300席の当日券を求めて前日の夜から徹夜組が出るほどの大人気ぶり。当日もわずか4分で全席完売するなど、現地での期待値の高さが伺えました。

10~20代を中心に幅広い層のファンなど約900人が劇場に詰めかけ、場内満席の大盛況の中舞台挨拶に登場した新海監督、神木さん、上白石さんは、大きな歓声と歓迎の拍手で迎えられました。

神木さんと上白石さんは流暢な韓国語で挨拶をすると、会場のお客さんから大きな歓声が。新海監督は、「このチケットを取るのに多くの方が並び、さらに入れなかった方もたくさんいると聞きました。是非1月の公開を楽しみに待っていてください。」と来られなかったファンにも呼びかけました。

上映中は、主人公の瀧と三葉が入れ替わるコミカルな前半のシーンでは何度も笑い声が会場内に響き渡りました。さらに観客は、美しい色彩と繊細な風景描写のシーンで思わず息をのみ、“新海ワールド”に酔いしれました。3人も客席後方で、お客さんと一緒に本作を鑑賞。映画祭を十分楽しみました。

君の名は。

●釜山国際映画祭を終えたコメント
新海監督:韓国という国には、とても親近感を感じます。歩いていても安心ですし、食べ物もとても美味しいです。また、韓国では、映画に対する期待がすごく大きいということを実感しました。

釜山国際映画祭が映画をとても大事にしていて、さらにそれを強くサポートする場なのだと感じられました。その点、『君の名は。』をとても深く理解してくれているのではないかと思いますが、その反面、それでも文化は違うので、分かってもらえないのではないかという不安もあります。

ただ、ヨーロッパやアメリカに比べると、アジアの方が日本と文化面で共有する部分が多いので、大きく受け入れてもらえることを期待しています。

神木隆之介さん:韓国の方は、楽しいと声に出して素直に喜んでくれるのが嬉しいです。思っていることを表現してくれるから、本当に楽しみにしてくれているんだということが分かりました。

上白石萌音さん:韓国の人は熱い! 日本にはないノリを感じます!海外に来ているということをとても実感できます。

現地配給担当 カン・サンウック プロデューサ・理事コメント:日本での大ヒットを受けて、韓国では大きな変化がありました。日本でのメガヒットのニュースを聞いて、「もしかすると、過去ジブリアニメが韓国で大ヒットしたような現象が今回起きるかもしれない」と思うようになりました。メガヒットのニュースを聞いた韓国の映画ファンたちの、とても期待しているという書き込みが、ネット上でかなり増えました。

それから最も良いことは、映画館の方からより高い期待をいただけていて、直接、公開に関する問い合わせの連絡が殺到しています。

『君の名は。』の韓国公開は、2017年1月を予定。邦画アニメーションの中では最大級の公開規模となる300スクリーン以上での公開が決定しています。すでに89の国と地域での世界配給が決定している本作ですが、台湾では10月21日、香港では11月17日、イギリスでは11月24日にそれぞれ公開が決定。さらに日本での大ヒットを受け、アジアのみならず世界各国から公開に関しての問い合わせがきています。

●『君の名は。』興行成績
初日8月26日(金)~10月8日(土)までの44日間
動員:1,061万人
興行収入:138億円

『君の名は。』
全国東宝系にて、大大大ヒット上映中!

(C)2016「君の名は。」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『君の名は。』の観客動員が1000万人!興行収入は130億円を突破!

『君の名は。』たった28日間で興行収入100億円を突破!

→『君の名は。』の記事を探す