MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ファンの心をわしづかみにしたのはカナメ!ワルキューレワクチンライブ

TVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』の戦術音楽ユニット・ワルキューレ が、関西にてシングル発売記念イベントと1stワクチンライブを立て続けに開催!
さらに加速するワルキューレの活躍が、多くのファンの“ルンをピカッと光らせる”!?

ワルキューレ

TVアニメ『マクロスΔ』の戦術音楽ユニット・ワルキューレが関西にてシングル発売記念イベントと1stワクチンライブを立て続けに開催。いずれも初めての5人揃っての開催となり、ファンは充足感に満ちた表情でいずれのステージにも熱視線を注いでいました。

●2ndシングル発売記念イベント in 神戸
まずは8月13日に神戸ハーバーランド内スペースシアターにて、8月10日に発売されたばかりの2ndシングル「絶対零度θノヴァティック/破滅の純情」の発売を記念したイベント「ワクチンライブ直前!ワルキューレに“W”サインでエールを送ろう!」を開催。約1,000人もの来場者が、その記念すべき瞬間を共有しようと会場に集結しました。

ワルキューレ

早速5人がステージに勢揃いすると、大歓声のなかイベントはスタート。発売されたばかりの本作を鈴木は「静かにアツく攻める」作品と分析。その中にも、「個人的にはフレイアからハヤテへの想いが込められているのかな?」と自らの想いを語ります。

一方東山は、奥行きの感覚にまでこだわったというMVの振付を深掘り。サビで登場する指でゼロを作るフリは、ワルキューレサイン(※作品内で登場する片手もしくは両手で作る“W”マーク)を作りながらさらにゼロをかたどる、という難易度の高さを明かしました。

ワルキューレ

そのほか、楽曲や翌日から始まるツアーなど話は尽きませんでしたが、残念ながらトークコーナーはこれにてお開き。最後にひと言ずつファンへメッセージが送られました。

「たくさんの方々が、私たちの歌をいっぱい聴いてくださり、こうして会いに来てくださるのは本当にうれしいです」と西田が喜びを露わにすると、続けて東山が「今日偶然足を止めてくださった方もいらっしゃるのでは?」と初めてワルキューレの存在を知った観客への気遣いをみせ、キャラを連想させるようなナイスコンビネーションを披露。

さらに安野は、スタッフへの感謝の言葉とともに「カラフルでキラキラした宝石みたいな曲を、ライブにしか出せない熱量で共有したい」との意気込みを語りました。

ワルキューレ

そして鈴木は初ワンマンに際し、「ファンやスタッフの皆さんがワルキューレだけのために動いてくださることを大切に、Δ小隊のみんな・ワルキューレのみんなと一緒に、大好きなウィンダミア、そして大好きなハヤテのために一生懸命歌いたいです」と発し、ファンからは歓声が挙がっていました。

続けてJUNNAからも「皆さんの前に立つ機会が増えて、それをいつも楽しませてもらっています。明日から始まるツアーで気持ちを伝えられるよう、一つひとつを大切にがんばります」との意気込みで締めたところで、5人は一旦降壇。

ワルキューレ

その後、メンバーとファンとのワルキューレサインの交換&お見送り会がスタート。ファンとワルキューレとが、次々とサインの交換を通じて交流していきます。5人は各々の個性が光るサインをすべて受け止めてお返しし、一人ひとりと笑顔でコミュニケーションを取っていました。そこに男女問わず、はては小さなお子さんまで様々なファンが存在することを実感できたのは、翌日のライブへの何よりの励みになったに違いありません。

ワルキューレ

●ワルキューレ 1st LIVE in Zepp Walküre Attack! in 大阪
その翌日・8月14日には、いよいよZepp なんば大阪にて、こちらも5人勢揃いでは初となるライブ“SANKYO presents 『マクロスΔ』戦術音楽ユニット ワルキューレ 1st LIVE in Zepp Walküre Attack!”を開催。超満員・2,500人以上もの観客に埋め尽くされた会場は、酷暑の屋外を超えるアツさを誇っていました。

ライブは『マクロスΔ』のストーリーそのものをほうふつとさせるような流れでスタート。挨拶代わりに、“ワルキューレ”と言えばこの曲、「恋!ハレイション THE WAR」を披露。

ワルキューレ

それぞれの自己紹介が終わるやいなや、畳み掛けるように3曲を熱唱。パワフルさや巧みなコーラスワークと様々な歌声を響かせる彼女たちだが、いずれも踊りながらにもかかわらずハーモニーが崩れないというのは、生で体感して驚嘆したポイントでした。

こうして最初に5人の総合力を見せつけたあとは、メンバーの個性際立つ楽曲がしばらく続きます。このブロックで改めて強く再認識させられたのは、マキナとレイナのコンビネーションの良さ。レイナの見せ場のはっきりした締まったフリに対し、マキナの気持ちあふれるダイナミックなフリのコントラストも、非常にバランスがいい。そのほかにも各メンバーのキュートなソロダンスや連動した振付も、序盤の見どころのひとつでした。

ワルキューレ

そして中盤では本編中の映像も交えつつ、それぞれのエピソードを現実の空間でさらに深掘りするかのような演出がなされます。それをワルキューレの歌声が、本編を観たときに受けた感情を、何倍にも増幅させてくれました。

特にここでファンの気持ちを鷲掴みにしたのは、カナメでしょう。優しさの中にも芯を持つ歌声で、毅然と歌い上げる姿はあらゆる者の心を打ったはず。事実記者席においても、客席から鼻をすする音をたびたび耳にしました。

ワルキューレ

かなりの曲数を、ほぼMCなしで一気にこなしたワルキューレ。ここで衣装チェンジのため一旦全員が降壇します。するとその隙をついてか、ウィンダミア王国が大阪を強襲。観客のヴァール化を防ぐため、再び登場したワルキューレは、キラーチューンを立て続けに5曲も披露していきます。

このクライマックスゾーンはとりわけ美雲のアクセル全開さが際立っており、パワフルなナンバーでの絶唱ぶりは会場の度肝を抜いていました。

ワルキューレ

5人の歌声で無事ヴァール発生率は低下しましたが、さらにそれを下げるためにラストに1曲、「ルンがピカッと光ったら」をコール・アンド・レスポンスを交えて歌うことに。タイトル通りまさしくルンがピカッとしたのか、ステージ上のフレイアは曲前のコール練習から終始笑顔。ほか4人も歌唱中笑顔を振りまいていましたが、やはりこの曲における彼女の笑顔は別格です。曲の終盤には、彼女の口から思わず「大阪めっちゃ好きやねーん!」とのシャウトも飛び出していました。

歌唱後5人は降壇したが、ファンからのアンコールの声は止まりません。それに応えて、ワルキューレがステージに再降臨。キャラではない、自身の言葉で語るトークパートがスタートします。

ワルキューレ

実はこの日が人生初ライブだった西田の話に始まり、東山は物販から参加しているスタンディングのファンへ、感謝と気遣いをみせます。さらにJUNNAは自分が参加しなかった曲について「踊りたかった」とこぼしたところ、急遽アカペラをバックに踊ることに。

また鈴木は、前日同様「私たちだけのためにペンライトを振ってくれてありがとう」と感謝の想いを伝えました。そして安野はやはり中盤でのヤマ場を挙げ、「アニメのシーンを再現できてうれしい」と感慨深そうな様子でした。

ワルキューレ

そんなリーダーから、なんと9月28日にワルキューレの2ndアルバム「Walküre Trap!」の発売が発表! もちろんZeppなんば大阪は、歓喜の渦に巻き込まれました。アニメ本編で流れる挿入歌もたっぷり収録されるとのことで、早くも発売が待ち遠しい。

そして最後は、アンコールを受け1曲披露し、ライブを駆け抜けてきたことによる充足感が、5人の表情を明るくさせていました。歌い終わった5人は、会場の端から端まで感謝の気持ちを込めて手を振り、この日のワクチンライブは幕を下ろしました。

ワルキューレ

前述のとおり、『マクロスΔ』の物語を感じられる構成となっていた今回のライブ。それを現実のものとして衝撃すら感じさせてくれたのは、この5人のパフォーマンス力やチームワークあればこそのはず。誰もがメイン・ハモリどちらも張れ、それぞれ違った魅力を生み出せるというのも強みのひとつでしょう。

ですが、ツアーはまだ始まったばかり。さらに2ndアルバムの発売も発表され、『マクロスΔ』自体もクライマックスへと一直線。まだまだ止まらないワルキューレの活躍が、私たちのルンもピカッと光らせてくれることでしょう。(Text by 須永兼次)

ワルキューレ

マクロスポータルサイト:http://macross.jp/

(C)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
あのバースデイソング含む、ワルキューレ2ndアルバム「Walküre Trap!」

Δ小隊の紅一点ミラージュはマックスとミリアの血を引くパイロット

→『マクロス』の記事を探す

→2016年4月アニメ新番組特設ページ