MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-』2017年放送! 藤田玲クランクアップ!

『絶狼<ZERO>』シリーズ最新作『絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-』
主演・藤田玲クランクアップ!
雨宮総監督と熱き抱擁!

絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-

昨年11月23日に行われた「金狼感謝祭2015」内で制作が発表された、『牙狼<GARO>』の人気キャラクター『絶狼<ZERO>』シリーズ最新作『絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-』。その撮影が関東近郊のスタジオで行われ、主人公・涼邑零役の藤田玲が6月11日をもってオールアップを迎えました。

『絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-』は、魔戒騎士・涼邑零/銀牙騎士・絶狼(藤田玲)を主人公とした、『絶狼<ZERO>』シリーズ最新作。宿命を背負い、孤独に生きる零が新たな戦いに挑む姿を描き出します。

この日は、物語のクライマックス部分を撮影。エモーショナルな芝居をひとつひとつ丁寧に積み重ねていく藤田の姿に、スタジオ中もピーンと張り詰めた雰囲気に。やがて藤田の撮影部分がすべて終了すると、スタッフによる拍手がスタジオ中に鳴り響きました。そして藤田のもとに歩み寄った雨宮総監督が花束を渡すと、二人は熱き抱擁を交わしました。

絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-

その後、再びスタッフからの拍手が鳴り響く中、藤田は晴れやかな笑顔で「監督に抱きしめられた時にグッと来たんですけど、さっきのシーンで涙が枯れてしまって……。もう涙が出ません!」とコメントし、スタッフの笑いを誘いながらも、「『絶狼<ZERO> -BLACK BLOOD-』から始まって、今回が『絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-』へ。雨宮さん、そしてスタッフの皆さんとこの作品を作れたことで、またひとつ新たなステージに上れたんじゃないかなと。一生の宝物になると思います」とかみしめるように語ると、「でも……できればみんなでもう一度やりたいですね」と名残惜しそうな様子。

さらに「このみんなで作ったものだから、絶対にいいものになっていると確信しています。本日まで本当にお疲れさまでした」と頭を下げると、スタッフからは「お疲れさま!」というねぎらいの言葉と共に大きな拍手。最後まで涼邑零として駆け抜けた藤田の労をねぎらいました。

本作の撮影を終えた藤田は、「今回はとにかく『絶狼<ZERO>』らしい作品になっています。もちろん『牙狼<GARO>』シリーズの中の一本という位置づけは崩れてはいないんですが、そんな中でも涼邑零の成長なども垣間見えて、『絶狼<ZERO>』独自のものが生まれています。そういう意味では期待を裏切らない作品になっていると思います。もちろん僕たちが撮ったものだけで終わりではなく、これからはCGなどの仕上げの作業もあります。最終的にどうなるのか、僕も皆さんと一緒にオンエアを楽しみにしたいと思います」と笑顔で付け加えました。

絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-

『絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-』は2017年放送予定です。

主演:藤田玲
原作・総監督:雨宮慶太
特別協力:サンセイアールアンドディ
制作:東北新社/オムニバスジャパン
製作:東北新社

(C)2016「絶狼」雨宮慶太/東北新社

●次の記事もオススメ ——————
『牙狼<GARO>』冴島鋼牙の物語がHDリマスターでTV放送決定!

『牙狼<GARO>』10周年記念SP『阿修羅』は新日本プロレスとコラボ!

→『牙狼<GARO>』特設ページ